素敵な7豪邸を拝見!ラグジュアリー住宅の魅力

A.Imamura A.Imamura
南城市の家 STUDIO COCHI ARCHITECTS 一戸建て住宅 無垢材 白色
Loading admin actions …

誰だって一度は憧れる豪邸。ため息の出るようなラグジュアリー住宅やスタイリッシュなデザイン住宅など、一度見たら忘れられない素敵な住宅を覗いてみましょう。昔とは異なり、現在の豪邸にはわかり易い物質的な贅沢さではない「目に見えない豊かな価値」が求められています。人生をより楽しく豊かにする目に見えない価値とは何か?そんなコンセプトから生まれたラグジュアリー住宅の魅力を紹介していきます。

1:ゆったりとした時間と絶景を楽しめる和モダンの豪邸

雷山の別荘 エントランスホール TAPO 富岡建築計画事務所 モダンスタイルの 玄関&廊下&階段 石 黒色
TAPO 富岡建築計画事務所

雷山の別荘 エントランスホール

TAPO 富岡建築計画事務所

ゆったりとした時間の流れを感じさせるような大らかな和モダンの間取りデザインが魅力のこちらの豪邸。この

豪邸のエントランスは、玄関から寒緋桜の植わった中庭を回り込むように導く階段が優雅な印象を演出しています。佐賀県との県境に近い雷山の中腹、遠く玄界灘を望む美しい別荘地に建つこちらのラグジュアリー住宅は、美しい景観を暮らしに取り入れる工夫が多く施されています。

クレジット: TAPO富岡建築計画事務所


「住まいの写真」ページでは様々な種類の家を紹介しています。◀

※ ビーチハウスの写真ページ

絶景とバスルーム

和モダンの別荘らしく、まるで温泉に来たかのような贅沢さを味わえる上品の和のデザインです。二方向に設けられたパノラマ窓を開け放つと露天風呂のような雰囲気を味わうことのできます。浴室の高い天井高と目の前に広がる壮大な景色は抜群の開放感を演出します。


◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

※ 

homifyに登録しているインテリアデザイナー ※

2:内と外が一体になる『海の家』

こちらは『海の家』と名付けられた豪邸。緑豊かな環境の

緑が出来るだけ連続するように、ゆるくカーブした 前面道路にあわせた緩やかなスロープがエントランスへと続きます。スロープを登ると水面が現れ、まるで非日常の世界のような光景が広がります。


【住まいについては、こちらの記事でも紹介しています】

 ゆったり贅沢に。和モダン平屋住宅の魅力

『海の家の』の浴室

ラグジュアリー住宅と言えば、やはり浴室のデザインが気になりますよね。この『海の家』の浴室は、水景が楽しめる寝室からすぐに浴室にアプローチできる間取りです。浴室のデザインは、羽目板天井の温かみとモダンですっきりとしたインテリア。大開口部を全開にすると露天風呂の雰囲気でゆったりと入ることが出来ます。

3:美しい車寄せが迎えるデザイン住宅

こちらのデザイン住宅は、扇形状の車寄せが印象的です。杉板型枠のコンクリート打放しの曲面の壁に厚さ20㎜の強化ガラスの屋根で形成されており明るいアプローチとなっています。4台分のスペースがあり、愛車がまるでデザイン住宅のインテリアの一部となるような佇まいです。

クレジット: 撮影:小松敬典

開放的なウッドデッキと屋外プールでつくる非日常感

美しい車寄せを抜けて、住宅空間に広がるのは開放的なウッドデッキと屋外プールです。南側に設けられた屋外プールはベンチ、パラソルがありまるでリゾートのような雰囲気で日常を過ごせます。大人数のパーティーもここで出来るほどのゆったりとしたスペース。幅20mの電動テントを設けてあるので、天候に左右されずリラックスして過ごすことができます。

4:モダンデザイン住宅の二世帯住宅

スッキリとしたモダンな外観佇まいが印象的なこちらのデザイン住宅は、二世帯住宅として設計されています。モノトーンでシックにまとめられた外観とゆとりある駐車スペースに広がる大きな屋根が上品な印象を演出しています。床モザイクや外壁タイル、すっきりとしたダウンライトなど、細部にもこだわりが見られます。

しっとりとした深みのある空間

このデザイン住宅は、中庭に面した幅約5m×高さ約6mの大開口によって、外部空間を室内に引き込みます。 リビングからは、シアタールーム、和室、ダイニングキッチンへと、ひとつながりに空間が連続していきます。 室内の壁はグレーの珪藻土で仕上げられ、しっとりとした深みのある空間を作りだしています。親世代、子世帯の両方に好まれる落ち着いた空間が考慮されています。

5:沖縄の海を一望する高台に建つデザイン住宅

こちらは沖縄県南城市、海を一望する高台に建つデザイン住宅。沖縄県南城市内の海を一望できる高台というロケーションに立地するこの住まいの外観は、コンクリートの屋根と周囲の風景を取り込むガラスの開口が印象的なコントラストをつくります。

クレジット: ©︎Jingu Ooki

美しい景色が暮らしを彩る

豪邸とは、何も大きくて贅沢というだけではありません。このデザイン住宅の様に、周辺環境の美しさを暮らしの一部に取り込むような開放的なデザインは、目に見えない暮らしの質の高さを生み出します。コンクリート打ち放しのシンプルな室内は、視線の抜けるような大開口部によって美しいパノラマビューをより印象的に映し出します。

6:江の島の夜景と大人の空間

こちらも海を一望する高台に立地するラグジュアリー住宅。海側の一切の柱や構造壁を取り払う事により、室内にいながらパノラマ景色を堪能出来る非日常空間のある別荘建築です。なんとガラスも美術館の展示用ガラスにつかう、より透明度の高いガラスが使用されています。

クレジット: www.m-architects.me / PHOTO:YOSHINORI KOMATSU

本当に必要な美しいものだけを置く

室内の床は、オークのフローリングで仕上げ、屋外テラスも同色の木目のタイルを使用し、内外空間の連続性と広がりを持たせています。ガラステーブルはアルフレックスが扱うモルティニ/イタリアの『ARK』です。デザインは著名建築家フォスター&パートナーです。必要最低限のインテリア家具だけをより厳選して選び抜き、上質なインテリアを演出しています。

7:シンプルさと贅沢な美しさ

Case Study House #66 NASU CLUB リゾートハウス 無垢材 黒色
NASU CLUB

Case Study House #66

NASU CLUB

こちらは里山に溶け込む和モダンのシックな外観が印象的な住まい。簡素な佇まいの中にも、グレーがかった焼杉の美しいファサードや銀黒の大きな屋根が上品な佇まいです。グレートーンの色合いで揃えられることで、シンプルさと贅沢な美しさが両立しています。


静かに流れる時間の贅沢さ

Case Study House #66 NASU CLUB モダンスタイルの 玄関&廊下&階段
NASU CLUB

Case Study House #66

NASU CLUB

枝垂桜で四季を感じる、まるで絵画の様な景色。水庭は静かに時間の流れを反射し、豊かな自然が織りなす風景の中で静かに流れる時間に漂うような静寂さを与えてくれます。

記憶と河の流れを連想させる庭の玄昌石

Case Study House #66 NASU CLUB 枯山水 石
NASU CLUB

Case Study House #66

NASU CLUB

広々とした庭に配置された玄昌石は、土地の記憶と河の流れを連想させる力強さを加えています。年月の力強さを感じさせる玄昌石の色や形が織りなす風景は、私達に日常の喧騒を忘れさせてくれるような雄大さを与えてくれます。

素敵なインスピレーションは得られましたか?是非、コメントを書いて下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!