中庭: バウムスタイルアーキテクト一級建築士事務所が手掛けた庭です。

日々の雑踏を感じさせないくつろげる住空間とは?

JUTO JUTO

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

日々多忙なクライアントが希望した家は雑踏を感じることのないくつろげる住空間でした。近隣は新規に分譲された住宅地で比較的余裕のある当敷地にバウムスタイルアーキテクト一級建築士事務所が手がけたのは建物のボリュームや構成、周囲環境との交流を念頭においたくつろぎ感を十分に演出した住宅です。ではさっそく見てみましょう。

前面道路側には駐車スペースを含む玄関アプローチが設けられています。写真には映っていませんが、ビルトインガレージも配置され住宅自体のボリュームとのバランスを考慮した計画です。植栽計画にもこだわり周辺環境とのつながりや親しみやすい街路への表情をつくっています。 近隣とのコミュニティを形成する装置として 玄関アプローチの脇にはちょこんとベンチが置かれています。清々しい緑の植栽が優しく迎えてくれる気持ちの良い空間ですね。

玄関を見てみましょう。客人と家族の入り口を分けた余裕の計画です。家族4人の靴等がすっきりと片付く造り付けの収納スペースを設けています。全体に様々な木の素材を採用し、さらにゆったりとした寸法の廊下と相まって落ち着いた空間を演出しています。

玄関ホールを進むとLDKへと続きます。外壁素材を内部にまで延長することで内外の連続性を生み出したデザインです。木を貼ったキッチン背後の壁面にはニッチを設け、すっきりとしたデザインの中にも機能性を加えた空間に仕上がっています。背面の上部には高窓を設け採光も配慮しています。ミニマルなキッチンや家具が生活感を極力削ぎ落としてくれます。

室内の壁や天井は漆喰塗りにしてあります。ペンキとは異なる落ち着いた暖かみのある色調がさらにリラックスさせてくれそうです。この住宅の特徴は天井や壁に照明を設けておらず、間接照明を設えることで気持ちの落ち着くような照明効果をもたらしています。日々忙しいクライアント夫婦には嬉しいアイデアですね。

リビングはダイニングキッチンエリアより床面を下げています。こうすることで柔らかな仕切りを空間にもたらすと同時により地面(庭)に近い位置でくつろげるのです。段差のある部分や開口部の下部に照明を埋め込んでまるでホテルのロビーのようにラグジュアスな雰囲気さえ醸し出しています。外壁が延長した仕切り壁をくり抜いているのでリビングとダイニングの間のコミュニケーションが可能なんです。また腰掛けるにもちょうど良い高さに設定された工夫がいっぱいの住宅です。

リビングから壁一面の開口で繋がる中庭です。たっぷりと張り出した庇とテラスには木を使い、モダンかつナチュラルな雰囲気の外空間を作っています。玄関ホールとの間もガラス仕切っているため玄関先からも外が眺められ様々な内部空間が中庭を共有しています。お天気の良い日にはテラスで食事というのも忙しい家族にとってはきっと安らぎのひと時となるのでしょう。壁に囲まれた外空間なので子どもたちも安心して遊べますね。

水廻り空間を見てみます。余裕のある面積を確保しさらに洗面室と浴室をガラス板で仕切っているため広がりのある空間になりました。浴室の高窓や洗面カウンター上部に設置した開口によってプライバシーに配慮しつつ採光と換気をきちんと確保しています。長く伸びた洗面カウンターや木素材の収納棚が機能性を兼ね備えた広々とした水廻り空間です。そしてトップライトからの柔らかな自然光がやすらぎさえもたらしてくれるのです。

最後に和室を紹介します。プロポーションや直線美を意識したこの住宅には和モダンの雰囲気があります。そしてこちらの和室はこじんまりとしたサイズに加えてあえて明るすぎない照明と採光計画を取り入れた侘び寂びを感じさせる高尚な空間に仕上がっていると言っても過言ではないでしょう。しっとりとした塗り壁がが客人を丁寧に迎えてくれるような和室です。

バウムスタイルアーキテクト一級建築士事務所が手がけた家は、こちらの記事でも紹介しています。

木が香る、緑豊かな庭を持つ和風モダンの家

外構から拘った若い夫婦のためのオリジナル住宅

どの空間もくつろげ自然の移ろいを感じさせる住宅、いかがでしたか?是非感想を聞かせてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!