Yakisugi House: 長谷川拓也建築デザインが手掛けたテラス・ベランダです。

軒がある家のメリットとは?

林 直樹 林 直樹

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

軒(のき)と言う言葉を聞いたことがあるとは思いますが、家を建てる時に注目する方はほとんどいないのではないでしょうか。実際、現代の都市型住宅では、それはほぼないか、とても短く作られています。実は多くの人があまり気づいていないですが、実際軒はきちんと存在することで、より便利に住まうことができると言えます。もしくは新居を建てられた方が実は軒がないことで少し不便を感じているということもあるそうです。そこでこの記事では、それがあることのメリットをご紹介します。

軒とは

木製サッシ廻りファサード: HAN環境・建築設計事務所が手掛けた家です。
HAN環境・建築設計事務所

木製サッシ廻りファサード

HAN環境・建築設計事務所

軒とは、そもそもなんでしょうか。それは住宅の外壁面、窓の外構面から屋根が飛び出している部分の総称です。厳密に勾配屋根の下り側のことを指し、切妻側(山形部分の屋根)はケラバと呼びます。一般的にはここに雨樋をつけ、雨水を逃がすように作ります。その下側を軒下といい、この部分をどれぐらい外に出すかをデザインする必要があります。写真はHAN環境・建築設計事務所の森林公園の家。

外壁の保護

軒を長くすることによって得られるメリットは、外壁の保護です。それが長くなることで、雨が直接外壁面に当たらず、水によるダメージを減らします。現代の都市型住宅はほぼ軒がなく、雨水がほぼ外壁上端まで当たってしまいます。それが長いことによって建築の寿命が長くなると言えるでしょう。もちろん素材や長さ、降雨量によっても違いますが、一般的には軒の長さは90cmが目安と言われています。もちろん長ければ長い方がいいというわけではありません。

日差しの調整

落ち着きの時間は深い軒がつくる  Los aleros profundos crean tiempo tranquilo.: アグラ設計室一級建築士事務所 agra design roomが手掛けたバルコニー&ベランダ&テラスです。
アグラ設計室一級建築士事務所 agra design room

落ち着きの時間は深い軒がつくる  Los aleros profundos crean tiempo tranquilo.

アグラ設計室一級建築士事務所 agra design room

にはもうひとつ、日差しを調整するという効果があります。これは日本の近代住宅のサイズに基づきますが、日本の日照角度は夏至で約80度、約冬至で30度と言われています。このことからもわかるように、それを出すことによって、夏のきつい日差しを室内に入れず、冬場の寒い時期だけ日光を取り入れるためにも90cm程度が適切と言われている理由です。もちろん現代の住宅の場合は階高や窓の高さが異なりますので、一概に言えませんが、日照をコントロールするためにも軒は意外と重要な部分だと言われています。

縁側ができる

軒によって、縁側ができるケースもあります。これは日本の近代住宅のスタイルですが、軒先の部分を室内側にセットバックさせ、その部分を縁側にすることで、憩いの場にするという空間デザインの手法です。この方法は現代でもたくさん採用されていますし、何よりも軒による建物の保護と豊かな空間の提供のふたつを同時にかなえるので、良いデザインと言えるのではないでしょうか。縁側空間のメリットについてはこちらを参照してみてください。

雨よけ

軒はもちろんん雨よけの意味が強いと言えます。現代の住宅では外壁素材は様々な種類や防水加工がなされていますが、古来の住宅は木材がむき出しだったため腐食する恐れがありました。このことからも、それを出すことで少しでも外壁が濡れるのを避け、建築を長持ちさせる工夫だったのです。もちろんこれは建物の高さによりますし、台風や暴風雨の時はこの限りではありませんが、それでも軒があることで普通の雨天の場合は外壁を保護出来ました。

軒のまとめ

なぜ、現代の住宅が軒が短いかというと、建築面積をギリギリまで取るため、長い軒が設置しづらくなったこと、防水の技術が上がり、外壁保護も様々な手法ができたことも挙げられます。しかし説明した通り、それ自体未だに様々な機能があり、特に日光の調整や、軒下空間の活用によって、見直されてきていると言えるでしょう。まだまだデザインの可能性がある部分ですので、ぜひ新しく家を建てる際に検討してみてください。

【軒関連については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 軒天にもこだわって居心地のいい軒下空間に!軒裏について知っておきたい6つのこと

※ 軒と合わせて考えておきたい庇が持つメリットまとめ集

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀   

募集ページはこちら

いかがでしたでしょうか。皆さんの感想お聞かせください。コメントお待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!