Glas Marteが手掛けた庭

周囲に溶け込む自然の家

Aya F. Aya F.

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

周りの環境にしっくりとなじむ自然の家は、そこで過ごす人に、人間も自然の一部であるということを感じさせてくれます。森の中の風の音、海のそばで聞く波の音は、慌ただしく暮らしている人間にとって、魂のおくすりのような役割を果たしてくれます。自然の中にしっくりと溶け込むことのできる家とはどんな家でしょうか。今回は、周囲に溶け込む自然の家と題して、自然の中に暮らしていることを感じさせてくれる住宅を集めてみました。

森に溶け込む自然の家

ALEXANDER ZHIDKOV ARCHITECTが手掛けた家
ALEXANDER ZHIDKOV ARCHITECT

ДОМ В ЛЕНИНГРАДСКОЙ ОБЛАСТИ

ALEXANDER ZHIDKOV ARCHITECT

あたたかな木材でできた自然の家は、その香りや肌触りを感じるだけでもほっとするもの。こちらのお宅は、ふんだんに木材が使われているだけでなく、気持ちがよいほどに木々に囲まれています。広々としたテラスにはファイアーピットがあって、どんな気温の日でも、森林浴をしながら、家族や友とゆったりと語らう時間が楽しめる贅沢な空間に。夜には、木々の隙間をぬって満天の星が広がる様子が楽しめそうですね。自ら自然の一部となることを実感できる家です。

竹林になじむ木の平屋

森の舟屋  自然に逆らわない「素」の住まい: 株式会社 けやき建築設計が手掛けた家です。
株式会社 けやき建築設計

森の舟屋  自然に逆らわない「素」の住まい

株式会社 けやき建築設計

こちらも竹や木々に囲まれた空間に建つ自然の家。建物の外周四面をぐるりと回廊が取り囲む木造の平屋は、ともすれば平安時代の寝殿造を思わせるよう。この回廊にぺたりと座って竹林を眺めていると、ますます平安貴族のようなゆったりとした気持ちになれそうです。湿気の多い土地柄を考慮してできるだけ地面との接点を減らすように、回廊は宙に浮いているかのような構造になっており、こちらのお宅を手掛けた株式会社けやき建築設計は、その様子を舟に例え「森の舟屋」と名付けています。

photo: KAWABE Akinobu

岩の家

Bureau Aが手掛けた家
Bureau A

ANTOINE

Bureau A

周囲の環境になじんだ自然の家、ということでは、少し変わり種なのがこちら。一見、岩のごろごろとした山の雪景色、としか見えないのですが、この中央に位置する岩、小さな家なんです。岩の右に黒いスリットが見えますが、こちらが入り口。岩をくりぬいて家を作ったかのように思えますが、実は人工物。小屋の内装は木でできていて、折り畳み式の机や椅子、横になれるスペースやストーブまで備え付けられています。入り口の反対側には、小窓まで設置されているこだわりよう。屋内は岩の中っぽくないのですが、なんとなく忍者のような気分になれるかも… … ?!

周囲の環境と境目のない家

周りの環境としっくりなじむ、という意味ではこちらのお宅は文字通り外との境目が曖昧に感じられる空間です。ダイニングスペースの木製の建具をすべて開け放つと部屋の二面が見事なまでに外の空間と融合します。濡れ縁のようなテラスは、ほとんど隣接する遊歩道と接しているため、圧倒的な開放感が。遊歩道の向こう側には畑が広がっているため、特に視界が広がっていて、季節感をすぐに肌で感じられるような住宅になっています。

水に溶け込む自然の家

Glas Marteが手掛けた庭
Glas Marte

Glas Pavillon360

Glas Marte

水は生き物が生きていく中でも書くことのできない大切なエレメント。水辺にいるとほっとするのは、ひょっとしたら野生の本能なのかもしれません。昔から水の傍に人々は居を構えてきましたし、休暇などで水辺へと向かう人も多いのでは?こちらは、そんな水辺にすっかりと溶け込むガラスのパヴィリオンです。暖炉と一人掛けのソファーがあるだけですが、季節に左右されることなく、自然の中にいることを実感できそうな空間ですね。

自宅にも海を取り入れる

Aquarium Architectureが手掛けたダイニング
Aquarium Architecture

Luxury Townhouse Aquarium

Aquarium Architecture

自然の中にどっぷり浸りたい!と思う人でも、都会に仕事があるとなかなかそれも叶わないもの。ならば、自宅にも自然を感じるオアシスを作ってみてはいかがでしょうか。

一つ目のアイデアとしては、水の要素を取り入れること。こちらのように熱帯魚を飼育してみるのはいかがでしょう?ライティングのせいもありますが、なんとなく水の中にいるかのような感覚になりませんか?こんな水槽が一つあるだけで、自然を感じるオリジナルなリビングが完成です。

都会でも自作のジャングルを

二つ目のアイデアとしては、植物をふんだんに取り入れること。ガーデニングが得意な方にはもってこいのアイデアです。こちらのように、家の一角をたくさんの植物で取り囲むと、まるでジャングルの中にいるかのような気分に!すのこ状の天井からあたたかな陽が降り注いできて、こんな寝椅子に横たわっていたら、ちょっとしたバカンス気分が味わえそうです。

自然を感じる家のアイデア、取り入れたいですね。ご感想お待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!