少しだけ和風な家

Mi Seiler Mi Seiler
Loading admin actions …

私達のライフスタイルが欧米風に変わってきた今、暮らしの中に“和”を見つけることの方が難しくなっています。インテリアをヨーロッパテイストの家具でまとめることはとても簡単になりました。その反対に和のテイストをインテリアに取り入れようとすると、予算が合わなくなったり、他の物と合わせづらくなってしまうという問題が出てきます。でも私たちのルーツである“和”の趣の心地よさを家の一部に作ってみてはどうでしょうか?もしかしたらそこは家の中で一番居心地のいい場所になるかもしれません。今回は一部に日本の良さを取り入れた“少しだけ和風な家”をご紹介します。

コンクリートの中にある和

都市のツリーハウス: m-SITE-rが手掛けた寝室です。
m-SITE-r

都市のツリーハウス

m-SITE-r

こちらの住宅、外観からは内部に写真のような畳の部屋があるとは想像できないほど個性的です。主構造を木が生えているように鉄筋コンクリートで造り、そこに木造で作ったスキップフロアの住空間がつながっていくという建物です。その住空間の一部に設けられたこの部屋、この部屋があるため「少しだけ和風な家」と呼べるのではないでしょうか?こちらを手掛けたのはm-SITE-r、建築を領域としたさまざまなジャンルのデザインを行っている一級建築士事務所です。

照明の光加減

こちらはコンクリートの打ち放しに木の柱や梁を意図的に見せるモダンなデザインの住宅です。玄関先の空間には写真のような小さな庭を設けました。アッパーライトでぼんやり浮かび上がらせるとそれだけで和風になるのが不思議ですね。このように、和のテイストを入れるには照明の力がとても重要です。決して明るくなく、それでいて暖かさを感じる光の加減が私たちの心を和ませてくれます。

撮影:松岡 宏和

魅せる演出

部屋のつくりに何も和風なものを使っていなくても、“和”を感じさせることができるのではないでしょうか?例えばこちらのトイレ。トイレからこのような中庭を眺めることができるだけでも素敵ですが、そこにプラスして魅せる演出をしています。植物の持つしなやかさ、慎ましく伸びる姿に少しだけ和風を感じませんか?ライトアップの用意もありますので夜間はまた違った趣を見せてくれるに違いありません。

空気感を感じる

三重県・伊賀 「和紙に包まれる家」 Bedroom: CN-JAPAN/藤村正継が手掛けた寝室です。
CN-JAPAN/藤村正継

三重県・伊賀 「和紙に包まれる家」 Bedroom

CN-JAPAN/藤村正継

日本では“何もない空間”というのを大事にします。ものをたくさん並べる装飾より、何か一つ置くことでその周りの空気感をより感じることができるというものです。写真の壁を貫いて作られた飾り棚は石張りの素材から見ると決して和風ではありません。でもここに形の美しいものを一つだけ置くことで和の趣が感じられるようになります。もちろん照明の効果も忘れてはいけません。

海外での“和風”

Ulrich holz -Baddesignが手掛けた浴室
Ulrich holz -Baddesign

Baddisigne, Asiatiasch Touch

Ulrich holz -Baddesign

この写真、どことなく和風な感じがしませんか?実はこちらのバスルームはドイツの住宅に作られたものです。海外でも日本デザインの人気は高く、ここ何年かでインテリアにも和風を取り入れることが多くなりました。ただ、アジア風とひとくくりにされたちょっと疑問なものもありますが、こちらのバスルームは全体を落ち着いた色でまとめて静かな空気感が漂います。扉だけに具体的な和風のエレメントを使い、“上手に和”を演出しています。

障子の説得力

一番“和”を感じるエレメントと言ったら障子でしょう。これがあるだけで、海外の人にも“Japan”と言わせる説得力があります。こちらの写真ですが、もし障子がなかったらどうでしょう?薪ストーブにソファー、それに木の造作だけを見ればヨーロッパスタイルにも感じられます。そして、部屋の高さの上半分だけを障子窓にしたことで“和”が主張しすぎず、それでも日本的なよさを感じ取れる快適な空間になっています。

畳のある部屋

和室の形も最近ではずいぶん変わってきました。伝統的な和室に抵抗感を持つ人でも写真の様な和室であれば好感が持てるのではないでしょうか?家の中に小さくても和風な場所があるだけで暮らし方に変化をもたらします。畳の匂いと踏み心地、そして、障子窓から入る柔らかな光、暮らしに安らぐ時間を与えてくれますね。

土間と木目

土間に木目の美しい無垢材、これだけで“和”を感じることができるのは私達日本人だけでしょうか?この感覚はきっと頭のどこかに残っている記憶のせいかもしれません。窓枠の黒の色も和風を感じさせる要素になっています。

石から和風を感じる

 K seminar house: suz-sasが手掛けた廊下 & 玄関です。
suz-sas

K seminar house

suz-sas

家へ入るアプローチ部分でも、もちろん和風を演出することができます。それもさりげなく、この写真のようなデザインはいかがでしょうか?石を整然と並べる中にもリズムを作り、小石と組み合わせることで和風のテイストを入れました。下に置いた照明器具の効果もあり先にあるものを期待させるような空間になっています。

和のテイストが生きる

「余白とか控えめさとか日本的な感覚は好き。だけど、和風が好きなわけじゃない。」というクライアントの思いに応えて作られたこちらの住宅。設計を手掛けたのはHAWS建築設計事務所です。家全体を和風デザインにしなくても少しだけ和風な家にできることが写真からわかります。和風な空間で椅子の生活、“モダン”と一言で片づけられないほど
和のテイストが生きている空間です。

少しだけ和風な家、楽しく読んでいただけましたか?コメントをお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!