ココロもオナカも温めてくれる北欧ダイニング

Mi Seiler Mi Seiler
Loading admin actions …

北欧のような北に位置する土地は“寒い”イメージとともに森や動物といった大自然のイメージがあります。夏の乾いた空気と青い空、そして冬の厳しさ、その土地だからこそ生み出されたデザインは、ココロに優しく響きます。今回は、そのような北欧のデザインでコーディネートされた、ココロもオナカも温めてくれそうなダイニングをアイデアも交えてご紹介しましょう。

北欧デザインでまとめられたダイニング

pur naturが手掛けたダイニング
pur natur

Möbel, Boden und Beleuchtung bilden eine perfekte Symbiose

pur natur

こちらのダイニング、家具も照明器具も北欧デザインでコーディネートされています。部屋全体をあくまでもシンプルにしたことで、これらのデザインがより際立っています。ダイニングの床も無垢材のフローリングにして、色合いも家具に合わせました。白っぽい色で全体をまとめると、寒々とした印象を受けることがありますが自然の木の持つ淡い色が逆に温かさを感じさせるのが不思議です。

クッションのコーディネート

akin & suriが手掛けた家庭用品
akin & suri

​Cotton and linen hand screen printed cushions

akin & suri

こちらのクッションはロンドンのテキスタイルデザイナー AKIN&SURIによるものです。スカンジナビア風の幾何学模様を取り入れたパターンが部屋の雰囲気を明るくしてくれそうです。ダイニングチェアにもこのようなクッションをコーディネートして、ココロが温かくなる座り心地のいい場所を作ってみませんか?

風景に溶け込むダイニング

大きな窓からパノラマの風景を楽しむことのできるるこちらのダイニングルーム、ドイツのBOHN ARCHITEKTENが設計を手掛けました。外の風景と北欧デザインのダイニングがぴったりと合っています。ヨーロッパ、特に北の方に住む人たちは部屋全体を明るくするのを嫌います。写真のダイニングルームではテーブルの上のペンダントライトがこの部屋の明るさを担っています。明るすぎない照明の演出が、北欧デザインのダイニングをより美しく見せてくれます。

ナチュラルな家具

白木のゆるいカーブが美しい、こちらのダイニングチェアは北海道にある(株)大雪木工の商品です。ナチュラルな家具はどこか北欧のデザインと共通点がありますね。厳しい自然の中で育った木に手を掛け、ていねいに加工されてできた家具には、そこにあるだけで明るい光を感じさせる力があります。食器棚の上部は乳白色のがラスが扉がついていて、使い勝手がいいだけでなく、家具全体のバランスもよく美しいデザインです。

北欧の海と土の色

Series     Ståmp スタンプ: POTPURRIが手掛けたキッチンです。
POTPURRI

Series     Ståmp スタンプ

POTPURRI

和の技術と洋のテイストがうまく融合したこちらの食器は東京を中心に活動しているPOTPURRIが提供しています。POTPURRI とはスウェーデン語で「混ぜ合わせ」を意味するそうです。写真でもわかるように食器の形はシンプルですが色がとても個性的です。ヒビの入る釉薬を施した独特なテクスチャーが使うほどに温かみを与えてくれます。北の海と土の色のような素敵な食器で北欧ダイニングを飾ってみてはいかがでしょうか?

落ち着いた空間

2世帯住宅のリノベーションで作られたダイニングキッチンがこちらです。キッチンの天板と一体になったダイニングテーブルは4メートル以上あります。大きなテーブルは4人がゆったりと座れて、そのうえキッチンで料理をする人との会話が途切れることはありません。北欧デザインは白木を使ったイメージがありますが、写真のように床と天井を濃い色にすることでこんなに落ち着いた空間が作れます。こちらのリノベーションを手掛けたのは一級建築士事務所シンクスタジオ。住まう人の心地よさを満たすだけではなく街並みまで豊かに楽しいものにしたいというポリシーのもと関西を中心に活動しています。

かわいらしいキッチンクロス

Helen Gordonが手掛けた家庭用品
Helen Gordon

Decorative Animal Teatowels

Helen Gordon

大自然に生きる動物たちのモチーフがかわいらしいキッチンクロスを北欧ダイニングにコーディネートしてみてはいかがでしょうか?見ているだけで気持ちが明るくなりそうなクロスがあれば食事の後片付けも、そしてティータオルとしてお茶の時間もきっと楽しくなるに違いありません。

違うデザインが生むリズム

家族が楽しく過ごせそうなダイニングがこちら。関西を中心に活動しているリノベーション会社GRID DESIGN株式会社が手掛けました。棚をオープンにして厳選した食器やキッチンツールをならべ、デザインのバラバラな椅子をレイアウトしていますが不思議なリズムが生まれています。この無造作の様で計算された空間を見ていると、にぎやかで温かい食卓の風景を想像することできますね。

壁紙のパターン

北欧のデザインが好きで、好きでたまらない方にはやはりこれ!一目で北欧デザインを感じることができますね。このパターンは有名すぎていろいろなところに出回っていますが、いつ見てもドキッとしませんか?こんな壁紙をダイニングのほんの少しの壁に使ったら空間が別世界になりそうなぐらい華やぎます。

木のぬくもり

クレバスハウスのキッチン: 株式会社seki.designが手掛けたキッチンです。
株式会社seki.design

クレバスハウスのキッチン

株式会社seki.design

こちらのキッチンには秋田産のなら材が使われています。引き出しがたくさんついていて使い勝手がよさそうですね。この木の風合いが白い壁とタイルにとても調和しています。その横には素材を合わせたダイニング家具がコーディネートされていますが、木のぬくもりが優しいデザインです。そして、手元を照らすペンダントライトが食卓をより温かく演出してくれることでしょう。

写真: YOKO INOUE

ココロもオナカも温めてくれる北欧ダイニング、楽しく読んでいただけましたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!