見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

ソーラーパネルで環境にも配慮!暮らしを楽しむシンプルで優しい住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、屋根にソーラーパネルを設置しその傾きをベースにして建物のデザインが考えられていったという住まいです。室内は、優しい雰囲気のナチュラルなインテリアやご夫婦の趣味の部屋など、暮らしを楽しめる要素もたくさん見られ、お洒落で快適な住宅となっています。これから再生エネルギーや環境に配慮した家を考えている方にとって、何かヒントが見つかるかもしれません。この住まいを手掛けたのは東京を拠点に活動する久保田章敬建築研究所です。一体どんな様子になっているのでしょうか? さっそく詳しく見て行きましょう!

屋根の傾きが個性的な外観

住まいのロケーションは千葉の郊外。半地下と地上1階で構成された住宅となっています。敷地の周りには2階建ての住宅が建ち並んでいるため、この住まいの建物の高さもあまり高くならないように考慮されています。青空によく映える白い外壁とコンクリートからなるシンプルモダンな住まいですが、屋根の傾きに特徴がありお洒落で個性的な雰囲気です。住まいの敷地は道路より高くなっており、その高低差を利用したアプローチから玄関へと進んで行きます。

ソーラーパネル設置から考えた住まいの形

こちらは屋根を中心に見た外観です。屋根の傾きは真南に向かっており、そこには太陽電池と集熱器を併用したソーラーパネルが設置されています。実は住まいのデザインやフォルムは、ソーラーパネルの効率を考えたこの傾斜をベースとして考えられていきました。ソーラーパネルなど、省エネや環境を考えた住まい作りを取り入れる傾向は今後ますます強くなっていくのではないのでしょうか。

引き戸によって生まれる一体感

こちらは玄関を入り、吹抜けの階段部分の様子です。この吹き抜け階段により、スキップフロアとなっている地下階と1階は空間がつながります。さらに注目すべきは、この住まいには多くの引き戸が使われていること。それによって住まい全体にワンルームのような一体感も生まれています。各部屋が仕切られているようで仕切られていない、お互いが離れていても気配を感じることができる、という感じにいつも安心感を持って暮らすことができます。

和とシンプルナチュラルの調和

こちらは、玄関から階段を上がり、地上階の廊下からダイニング部分を見た様子です。広い開口に面して大きな障子戸が設けられ、日差しが強すぎるときはこのように戸を引くことで、採光を柔らかい光に変え室内に届けます。デザイン的に見ても、住まいに和の要素が加わることで、空間に落ち着きと親しみやすさが生まれています。さらに、木の家具やシンプルナチュラルな空間に和の要素はとてもなじむ、ということもよく分かりますね。

自由度の高い畳コーナー

開放感のある高い勾配天井と光を取り込む高窓が設けられた地上階にある、明るく快適な畳スペースの様子です。白を基調とした空間の一角に設けられたモダンな和室コーナーは、居間として、時には水彩画がご趣味というクライアントさんのアトリエとして活躍しています。収納部分や壁の一部にポイントカラーとしてイエローが使われ、シンプルモダンなインテリアにお洒落なアクセントを加えています。

プライベート図書館さながらの趣味室

こちらは地下階にある趣味室の様子です。一万冊の書物を所有しているというクライアントさんの大切な蔵書が、部屋の壁いっぱいに造り付けられた本棚にきちんと整理されて収められています。地下とはいえ、室内にはきちんと窓を設け採光や通風を確保。さらに断熱防水も考えられた快適な環境に整えられているので安心です。このおかげで時間を忘れて思う存分趣味の世界に浸ることができます。わざわざ図書館に行かなくても、ここがまさにプライベートの図書館となっているので、本好きの人にとってはとてもうらやましい環境ですね。

環境に配慮したシンプルで優しい住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!