ナチュラルスタイルでゆったり暮らす: アトリエグローカル一級建築士事務所が手掛けたダイニングです。

家族がゆったりと過ごせるナチュラルスタイルの住まい

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、風致地区に指定されている自然豊かな街並みに建つアトリエグローカル一級建築士事務所によるこちらの住まい。木やレンガ、珪藻土など自然素材をふんだんに使い、外観もナチュラルな雰囲気でまとめられています。薪ストーブのあるリビングを中心に家族がリラックスしてゆったりと過ごせる空間が広がっています。では詳しく見て行くことにしましょう。

​周辺環境と調和するナチュラルな外観

敷地は周辺に緑が残る閑静な住宅街の一角にあります。もともと200坪を超える広い敷地にクライアント自宅とメゾネット型賃貸住宅が一体となった既存建物があり、その建物の自宅部分を切断、解体して別棟の専用住宅が建替えられました。風致地区に指定されている美しい街並み景観を維持するため、道路沿いにある大きな松の木はそのまま残され、外構の一部としてその存在感を示しています。ウェスタンレッドシダーの木サイディングが採用された外壁が周囲の緑ともよくマッチしており、美しい景観の一部を成しています。

​台形平面でプライバシー、採光、眺望を確保

敷地の分割、別棟での建替えというプロセスから、南側の隣地に以前よりも住宅が近づくことになってしまいました。そこで隣家からのプライバシーを保ちつつも、十分な採光および公園の広がる南東方向への眺望を確保する方策として、建物の南東の角を斜めにカットした台形平面とする計画がなされました。南東面に大きな開口を設け、更に上部を吹き抜けとすることで、外部からの視線をかわしつつもたっぷりと光を取り入れた明るい内部空間が実現しています。またその外部にはアプローチと連続したタイル張りの広いテラスがあり、近所の人との交流や、屋外でのアクティビティに最適な場所となっています。

和モダンの玄関

室内にはサンドイエローの珪藻土壁に囲まれたぬくもり溢れる落ち着いた空間が広がっています。シンプルながら異なる素材や色の組み合わせが楽しい玄関は、和モダンともいえる雰囲気です。

​薪ストーブのあるリビング

こちらがクライアントのこだわりであった大きな吹き抜けと薪ストーブのあるリビング。薪ストーブの背後にはレンガの壁もあしらわれ、本格的な雰囲気です。珪藻土壁、オークのフローリング、ウォルナット調の柱梁と自然素材を用いたナチュラルでほっとする家族の団らん空間が広がります。

カフェのような雰囲気のダイニング

クライアントのもう一つのこだわりであったのが、こちらの長さ3mにもおよぶ大テーブル。オシャレなカフェのようなゆったりとした雰囲気で、ゲストを招待するのも楽しみなるようなダイニング空間です。大きな造作収納に物をすっきり納めることができるのも嬉しいですね。

​シンプルモダンな和室

リビング横には和室が用意されています。引戸の開閉具合によって空間を仕切ることも、一体的に使用することもできます。縁無し畳を採用したシンプルモダンな和室なので他の空間との相性もとても良いですね。

吹き抜け上部にはキャットウォーク

吹き抜け上部にはキャットウォークが設けられています。窓掃除などメンテナンスの面で有利なのはもちろん、画像のようにちょっとした観葉植物を飾るのも素敵です。

家族がゆったりと過ごせるナチュラルスタイルの住まいについて何か感じることはありますか?是非コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!