Hudson Architectsが手掛けた家

こんな家に住んでみたい!モダンな海外の家5軒!

Y. Y. Y. Y.

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

海外の家には、日本とは少し違った美的センスがあります。今回の記事では、実際に住んでみたくなるような、海外の素敵な邸宅5軒を取り上げ、ご紹介したいと思います。どれもこれもユニークなものばかりなので、外観だけでなく、ぜひ内装もご覧くださいね。

田園風景に溶け込む

まず最初にご紹介するのはこちら、スペインはバルセロナの建築スタジオEcospace Españaが設計を手掛けた住宅です。木材や引き戸、縦格子といったデザインは、どこか日本の伝統家屋を思わせます。雄大な土地に建てられた住まいは、開口部も広く、自然とのつながりを感じさせる開放的な雰囲気に。室内から眺める田園風景も、きっと素晴らしいことでしょう。インテリアはごくシンプルに抑えられており、それがさらに外の風景と馴染みます。

大きな森の大きな家

Smerin Architectsが手掛けた
Smerin Architects

Red Bridge House

Smerin Architects

どの角度から見ても、実にエレガントでスタイリッシュなこちらの建物は、ロンドンの建築家、Smerin Architectsによって設計が手掛けられました。四角い箱のような、シンプルでモダンなフォルムですが、外壁に用いられた木材のために、違和感なく周りの景色に溶け込んでいます。大きな開口部から差し込む自然光は、室内を明るく照らし出します。三階建のこの住宅には、屋内プールも設けられており、ガラス張りの窓からは、森の美しい緑が眺められます。深い森の中のプライベートな空間は、しっとりとした癒しの時間を約束してくれることでしょう。

巨大な納屋のリノベーション

Hudson Architectsが手掛けた家
Hudson Architects

Feering Bury Farm Barn

Hudson Architects

Hudson Architectsが手掛けたこちらのプロジェクトは、築約500年の納屋をリノベーションした住まい。外観のイメージは個性的なインダストリアルなスタイルですが、内装には元々あった梁などの木材が豊富に使われており、どこかラスティックでナチュラルな印象を与えます。元々は収穫した作物を置いておくための納屋だったこの建物は、525平米という巨大な空間。しかし隅々まで光が届く設計になっており、明るく開放的な室内がそこにいる者を和ませます。

アクアリウムハウス

大きな箱がいくつも積み重なり、外壁にはガラスがはめ込まれた、まるでアクアリウムのような、圧倒的なインパクトを持ったこちらの邸宅。よく見てみると、右下のガラスケースは、本当にアクアリウムになっており、錦鯉たちの泳ぐ姿が見られます。L字型のアクアリウムが屋内にも続いている様子は、江戸時代の豪商が天井一面をガラス製の水槽にし、金魚を泳がせて涼をとったという逸話を彷彿とさせますね。ここに住む人たちも、ガラスの向こう側で、金魚のように優雅に行き来していることでしょう。

クラシカルモダンな邸宅

白い石造りの、シメトリーなファサードが上品なこちらの邸宅。一見、門に馬車でも止まらせていそうな風情ですが、よく見てみると、夕日の映る天窓や屋根がモダンな要素を取り入れていることを暗示しています。まず屋内に入って見ると、モノトーンでまとめられたシックなエントランスホールに、シャンデリアがキラキラと光を撒き散らしています。ダイニングには、物語に出てくるような、長い食卓やシャンデリアが設置されているのですが、ミニマルなスタイルでまとめられているので、クラシカルでありながらも、モダンな雰囲気に。モノトーンでコーディネートされたキッチンに至ると、スペーシックで近未来的なイメージさえ与えます。クラシックとモダンなスタイルを融合させた、ユニークな邸宅、一度実際に見てみたいものですね。

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!