海との一体感が最高に心地いい「東シナ海を望む家」

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

皆さんは、海の近くに住むことになったらどんな住まいを持ちたいと思いますか?今回ご紹介するのは、毎日の生活の中で海を含めた広大な自然の景色を楽しめる贅沢な住まいです。海側が全面開口となっていることを中心に、住まい全体のデザインはモダンでスタイリッシュな仕上がりとなっています。海の見える住まいに憧れている人には、参考になりそうなアイデアが見つかるかもしれません。この住まいを手掛けたのは、鹿児島を拠点に活動するアトリエ環 建築設計事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか? さっそく詳しく見て行きましょう!

撮影:三好芳昭

空に浮かぶような住まい

住まいのロケーションは鹿児島県。敷地は砂丘となっており、そこに東シナ海を望むことができる鉄骨造地上2階建ての住まいが完成しました。細い柱によって一階にピロティ空間が生まれ、まるで軽やかに空に浮かんでいるかのようなシンプルでモダンなデザインが特徴的。クライアントさんご夫婦は、自然と供にする生活を望んでいたそうで、そんなご夫婦の願いをかなえた理想の住まいです。

スリット状のお洒落な開口

こちらは違う角度から眺めた住まいの外観です。住まいの海側が全面開口となっているのとは対照的に、こちらは横スリット状で控えめの開口が設けられているのがわかります。シンプルでモダンなデザインの住まいですが、外観にメリハリがあるのも大きなポイントです。こうして見る角度によって住まいのデザインや印象が変わっていくというのも面白いですね。

海と一体化したテラス

こちらは海側の大開口部分に面して設けられたテラスの様子です。水が張ってあるのは、プールとしての機能ではなくこのテラスの3m幅に水を張ることで、砂丘越しの海と住まいからの眺めが一体化するように考えられたため。これによって、室内にいてもより海を近く感じることができ、毎日自然とともに豊かな気持ちで生 活を送ることが可能になります。

海の眺めを楽しむLDK

こちらはLDKの様子です。海側は全面開口となっていることに加え、ガラスとコンクリートからなるモダンなデザインでスタイリッシュな印象の空間となっています。リビングの隣にはモダンなオープン型のキッチンと、それとつながるようにダイニングテーブルが配置され、料理中でも食事中でも海の眺めを楽しめるレイアウトとなっています。海沿いの レストランのような雰囲気で、毎日の食卓も贅沢な気分になれそうですね。

海を望むバスルーム

こちらは清潔感あふれるバスルームの様子です。白を基調とし、洗面スペースとはガラスで仕切られたモダンなデザインが特徴的で、さらにここでも海のある美しい景色が楽しめるようになっています。目の前にどこまでも広がっていく景色と開放感が気持ちよく、毎日のバスタイムも豊かな気持ちで過ごせるようになっているため、バスタブに浸かっている時も美しい眺めに見とれてしまい、ついつい長湯をしてしまいそうですね。

贅沢な環境であえて趣味に浸る

こちらは書斎の様子です。目の前に広がる景色が写真や映画のスクリーンのような美しさで、外を眺めているだけでも十分楽しめる家ですが、こんな贅沢な環境で、あえて読書や音楽鑑賞など趣味に浸るのもいいかもしれません。海を望む書斎は、リゾート地に建てられたヴィラのようなゆったりとした時間の流れで、趣味や自分の自由な時間を心置きなく楽しめそうですね。

美しい海を眺められるモダンな住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!