シンプルだけど個性がある。オリジナリティのあるシンプルハウス5軒!

Y. Y. Y. Y.
Loading admin actions …

今一番気になる、シンプルでエレガントな家。今回の記事では、その中でも特にオリジナリティ溢れる家を5軒ご紹介したいと思います。敷地環境に合わせて建てられた家たちは、シンプルながらも様々な工夫が凝らされ、個性的な仕上がりに。プライバシーの保護や、採光、災害対策など、気になるポイントも見ていきましょう。

木の表情

神戸須磨を拠点に活動する一級建築士事務所hausが設計を手掛けたこちらのお住まいは、外との仕切りとして設けた白い囲い壁と表情豊かな木材の外壁が印象的な外観です。よく見ると、奥には2回の屋根が見えますが、淡いトーンの素材で造られており、圧迫感がありません。建物の正面部分だけを見ると、閉ざされた印象ですが、一歩足を踏み入れてみると、広々と明るい室内が優しく迎え入れてくれます。くつろぎの空間を楽しむために中庭が設けられており、室内は開放的なイメージに。シンプルな外観に包まれた、快適な空間です。

エレガントな出窓

岐阜県の住宅地に建てられたこちらのお住まいは、淡いグレーでシンプルに仕上げられた外観とが、落ち着いた印象を与えます。出窓も同じグレーで型どられていますが、そこにはめ込まれた木材のために、全体が無機質にならず、ナチュラルな雰囲気も併せ持っています。外観はシンプルながらも、生活を快適にするための色々な工夫がこの家にはあります。例えばプライバシーの保護や採光や風通しを良くするために、道路側の床は半階高く設計されています。各部屋の床や天井の高さも変化させ、隣接型によって構成することで、部屋に異なる個性が与えられました。白を基調にした内装には、木材もふんだんに使われ、ナチュラルでエレガントな空間が楽しめます。

柔らかなコンクリート

まるで織り込まれたような外観の上部。それを支える白い外壁。個性的なファサードが異色を放つこちらの建物は、名古屋都心の、閑静な住宅地にあります。コンクリートが織り込まれたような見た目は、木目を転写したことによって生み出されました。そのためコンクリート素材でありながら、ランダムな色や模様を演出し、柔らかみを演出することに成功しています。コンクリートと柔らかさという、相反する二つの要素が、見事に調和することにより、コンクリート住宅の力強さと、住まいとしての柔らかさが織り込まれました。

写真:杉野圭建築写真事務所

安心の家

広島県の福山市に建てられたこちらの家は、濱田昌範建築設計事務所によって設計を手掛けられました。浮遊するような2階は、なんとそれを支える部分の4倍とのこと。河口付近にある敷地では、河川氾濫のおそれがあり、浸水しても被害を最小限に抑えるために、一階部分を小さく頑丈な造りに設計されました。環境に適した設計が、このような特徴的な個性を生み出したのですね。

シンプルな形に幾何学模様の表面

屋根も外壁も同じ色で仕上げられたこちらの住宅は、60代のご夫婦のために建てられたもの。家そのもの形や切妻状の屋根はごくシンプルであるものの、ゴム製の表面のために、インパクトのある外観となっています。ミニマルなスタイルの家でありながら、近くで見てみると、表面の凸凹が織りなす表情や、幾何学模様の影がファサードに表情を与えています。シンプルな外観とは反対に、内部には多様な工夫が凝らされており、例えば室内は、東側のテラスから朝日が、昼から午後にかけては中央のテラスから光が差し込む設計になっています。

写真:yohji kogure

この記事について何か感じることはありますか?コメントをお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!