ダイニングから階段/和室をみる。: 6th studio / 一級建築士事務所 スタジオロクが手掛けたダイニングです。

和室インテリア作り方まとめ

Aya F. Aya F.
Loading admin actions …

一口に和室インテリアというと、伝統的な日本家屋を思い浮かべるでしょうか?昔ながらの和室にいると、いぐさの優しくも懐かしい香りに体の力が抜けてほっとしますよね。近年の新築住宅では、フローリングが主流になっていることが多いようですが、それでも畳を一室は取り入れていたりするのだとか。そんな中モダンなデザインの新築住宅では、やはり和モダン風な和室インテリアが好まれるようです。今回は、伝統的な純和風・和モダンの和室インテリアを取り上げます。

和モダン風和室インテリア

和室インテリアを考えるとき、まず念頭に置きたいのが、和室空間の独立性とデザイン。新しく建てられる住宅ではモダンな空間の一角を切り取るような形で和空間が作られますが、障子や段差などで区切られる場合と、フローリングとフラットにつながる、畳が敷かれているところが和空間、という大きな空間でのあいまいな区切り方があります。こちらの6th Studioによる大東町のイエの部屋は後者のタイプ。ダイニングと畳の間が仕切られることなくフラットかつ開放感あふれる空間に。畳は縁なしで市松模様風に敷き詰められています。小窓的につけられた障子も壁のアクセントになっていますね。

写真:平井美行

純和室空間と洋間の同居

築39年の我が家に後30年快適に住まう!(リフォーム): (株)ハウスインフォが手掛けたリビングです。
(株)ハウスインフォ

築39年の我が家に後30年快適に住まう!(リフォーム)

(株)ハウスインフォ

欄間や障子といった純和風の和室インテリアは、モダンなデザインのインテリアとマッチしない、と思われている方もいらっしゃるのでは?そんな意外性を見事に取り入れているのがこちらの二世帯住宅です。リフォームにあたり、元々あった欄間などの建具を新しいデザインの中に組み込むことによって形は違えども慣れ親しんだ空間を感じることができます。純和空間の隣には、フローリングのモダンな対面式キッチンとダイニング。不思議に違和感がないのは和室の上がモダンな吹き抜け構造になっているからでしょうか?

写真:中村写真工房

和風モダン空間

モダンな住宅でのこちらの部屋は時として「和室」と呼んでよいものかためらうことも。こちらの軽井沢の別荘地に建つ家にあるこの部屋は、スキップフロアで壁の一面が吹き抜けで他の住空間とつながっていて、もう一面は窓という開放感にあふれています。和的要素としては、縁なしの畳が敷き詰められていること、珪藻土が壁土として使われていることが挙げられますが、全体的には和室と名乗るよりも和風モダン空間、といったイメージです。来客時の寝室として使われるスペースということで、宿泊人数にも柔軟に対応できるのが何よりの和室らしさ、かもしれませんね。

タタミスペース的茶室

近年、伝統文化に親しむ若い人が増えているとはいいますが、それでも最近ではお茶室を自宅に持つ方は少なくなりつつあるのではないでしょうか。お茶室、というと伝統的な建て方をイメージしますが、こちらのお宅のお茶室はそういった固定概念を見事に壊してくれるモダンなデザインです。床の間の壁紙は濃紺で紋様が入っており、壁面の大部分が濃い色の木材で囲まれています。中柱はメタリックな素材で不思議な存在感を醸し出しています。和の空間でありながら、個々のデザインが独特なため、なんとなくカタカナでタタミと書きたくなるようなモダンな和室インテリアですね。

大容量収納付き和室インテリア

新築住宅によく見られる畳面をフローリング面よりも少し高くして作られる和室。こちらのお宅でも、リビングダイニングスペースの隣に和室スペースが。床面を底上げすることで、家具なしに複数の人が腰かけられるのが何よりの利点ですが、こちらはさらに一工夫が施されています。このスペースの畳下は収納スペースとして引き出しが備え付けられており、コンパクトなお宅ながらもしっかりと物が仕舞い込める仕組みに!物置部屋を確保するために地下を掘ったり小屋裏スペースを作ったりするのはコストパフォーマンスが悪いですが、こんなお手軽でシンプルな物置ならば気軽に取り入れられそうですね。

和テイストのモダンスペース

住宅をモダンにすればするほど、和のテイストを取り入れるときにデザインの工夫が必要になってきます。こちらのお宅はそのとてもいい例でしょうか。建物の隅々までがトップシックでラグジュアリーなモダンハウスなのですが、その一角が和の空間に。もはや「和室」というよりも和テイストのモダンスペースと呼ぶのがしっくりくるようなアレンジ。超モダンスペースに、囲炉裏を作り付け、人が座りやすいように底上げした座椅子が設置されています。他の空間とやんわり区切られるように隣接する畳のスペースを障子が囲んでいます。洋風の応接セットの後ろに、囲炉裏と畳スペースといった和のテイストが不思議にマッチするのは色合いがモノトーンのおかげなのでしょうか。

写真:NACASA & PARTNERS

和の空間については、こちらの記事でも紹介しています。

縁側まとめ

土間コンクリートでおしゃれな床に!そのメリット・デメリット

和の伝統を受け継ぐ地窓。住まいにもたらす6つの大きな効果

いろいろなアイデア、取り入れてみたいですね。ご感想お待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!