生成りのビルトインガレージ: H2O設計室 ( H2O Architectural design office )が手掛けたです。

車が好きで好きでたまらない!そんな車好きのための5軒の家

K.Matsunaga K.Matsunaga

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

現代の生活において車は必需品となりました。しかしそれ以上の、車の存在自体が生きがいという人の家はどんなワクワクする仕掛けがあるのでしょうか。車好きな人にはたまらない、車好きの住まい手のとっておきの家を見てみましょう。

9台の車好きなオーナーのための家

KRE: no.555が手掛けたリビングです。

NO.555が手がけた、東京の高級住宅街に建つ家です。東京という限られた土地では、いかに住まいの空間を工夫によって確保するかが試されるポイントになります。家を計画する際、住まい手が大切にした思いは「車が9台置けるガレージ」と「リビングに愛車を1台」という要望でした。リビングを中心に他の各部屋の配置に工夫を凝らし、地下のガレージと連動したリビングの愛車スペース。いつも愛車とともに暮らすことのできる、スペシャルな空間が実現しました。

和モダンと愛車が融合した家

全体は和の住まいをイメージし、古き良き日本の住まいを田中一郎建築事務所が現代風に再現した空間です。そんな空間と車との融合は、一見予想がつかないかもしれません。この家の玄関ホールは、広い土間が設けられたまるで通り庭のような佇まい。隣接してリビングスペースを設け、全体が広々とした開放感があふれます。愛車のためのガレージは通り庭の隣に設け、その壁面をガラスで間仕切りをしてしまう提案が採用されました。リビングからいつでも愛車を眺めることができるとともに、家のインテリアの主役になる演出のスパイスが効いている住まいとなりました。

男のロマンを叶えた家

車を愛している人にとって、車は乗る時間だけでなく、存在や姿自体が愛すべき対象です。触れ合う時間以外でも、家の中のどこからでも眺められたらどんなに充実した暮らしが実現できるでしょうか。株式会社リオタデザインが手がけたこの家においても、3台の個性的な車を持つオーナーが、そのうちの1台をビルドインにし、どこからも眺められるように… という思いから叶えられた空間です。自身の書斎コーナーから、作業をしながら窓越しに愛すべき車を眺めることができます。書斎と車、まさにロマンが実現した家です。

ワクワクする心を育てるガレージハウス

車やプラモデル、バイクなどメカニカルでクリエイティブなものは男性にとっていつまでも冒険心を掻き立てる夢のような存在だと思う方も多いでしょう。子供の頃に夢中になったものを、大人になっても触れることができる喜びは日々の暮らしにときめきを与えます。H2O設計室 ( H2O ARCHITECTURAL DESIGN OFFICE )が手がけたガレージハウスは、そんなワクワクする気持ちが詰まった夢のような場所。そんな宝箱のような家で日常を過ごすことができる喜びは何にも代えがたいものになるに違いありません。そんな生き生きした父親の姿を見ながら育つ子供もまた、夢を持ちすくすくと大きくなるでしょう。

美しい景色を眺められるポルシェオーナーの家

株式会社 森本建築事務所は初めにこの家が計画された敷地を見たときに、美しい夕日の落ちる景色に圧倒されたとのこと。高台にあるこの敷地はそんな恵まれた場所でもありました。住まい手が望んだのは、2台のポルシェを取り込み、日常に眺めながらともに暮らしたいという思い。温かみのあるナチュラルな木の風合いを感じながら、クールなポルシェの姿が映える夢のような空間が出来上がりました。自然の美しさと、自分の愛車とともに暮らす癒しの住まいは日々の暮らしを豊かにしてくれることでしょう。

愛車とともに過ごす日常に興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!