​簡素居       ~つくばみらい市~: 環境創作室杉が手掛けた家です。

1500万円でも家は建てられる!ローコストの家5軒!

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

1500万円で家を建てることができるでしょうか。土地購入費用を除いたとしても、家の建設費用には平均的に2000万円以上がかかるそうです。そのため1500万円で家を建てるのは簡単ではありません。ですが建築家が手がける家であっても、それ以下で建てられたものもあります。そこで今回はそんなローコストの家5軒を紹介したいと思います。

1500万円

早田雄次郎建築設計事務所が手がけたのは1500万円の住まい。木造2階建ての本住宅は不必要なものを切り捨てたモダンな外観となっています。家の中に広がるのは和を感じさせるシンプルな空間。1階には寝室となる和室が設けられています。2階にあるのは小上がりの畳スペース。それはキッチンとリビングルームに隣り合う形となっているため、気軽に腰を下ろせるカジュアルな和の空間になります。モダンな住まいとなると、落ち着けないこともあるでしょう。ですが、本住宅ならローコスト住宅であるにも関わらず、落ち着いた暮らしを送ることができるに違いありません。

紹介した住宅の詳細については「風景を継承し、風景に馴染む、総工費約1500万円のローコスト住宅」からどうぞ。

1400万円

​簡素居       ~つくばみらい市~: 環境創作室杉が手掛けた家です。
環境創作室杉

​簡素居       ~つくばみらい市~

環境創作室杉

1500万円を切る1400万円の家を手掛けたのは環境創作室杉。こちらの家は木造2階建てとなっており、広がりを感じられるナチュラルな住まいを実現させています。家の大きな特徴となるのは天井の高い吹き抜け。そこには木の床、木の天井、太い木の梁などが使われており、木の存在感を楽しめる空間が生み出されています。吹き抜けがあると、空調による温度調整が心配ですが、本住宅には循環式床下暖房が取り付けられています。そのため冬の寒さを心配する必要はありません。とても1400万円とは思えない充実度の高い家となっています。

紹介した住宅の詳細については「総工費1400万円!床下暖房もあるスーパーローコスト住宅」からどうぞ。

1400万円

氏原求建築設計工房が手掛けたのは1400万円の家。木造2階建てのこちらの家も木材をふんだんに使用したナチュラルなものとなっています。本住宅では予算を基礎や躯体にかけており、仕上げや装飾については抑えています。そのため圧倒的なローコストの住まいを実現できたのです。仕上げ費用を抑えているとはいえ、自然素材を使用しているため、家の中では常に木材が感じさせるナチュラルな雰囲気を感じることができるでしょう。このように本住宅では予算の配分を工夫することで、素敵な住まいを低価格で実現させているのです。

紹介した住宅の詳細については「建築費1400万円で叶える!自然素材を使ったモダンなローコスト住宅」からどうぞ。

1240万円

氏原求建築設計工房はなんと1240万円という圧倒的な価格の家を実現させています。建てられたのは木造平屋建てのシンプルな家。コンパクトな平屋となっていますが、天井の一部は高くなっており、広がりを感じさせます。また屋根部分にはトップサイドライトを取り付けて、家の中に明かりを多く取り込めるようになっています。そればかりでなく窓が出窓風になっており、窓が張り出した部分はベンチのように座ることができます。そのため暖かな太陽の光を感じながら、のんびりとくつろぐことができるでしょう。老後の住まいとして建てられた家である通り、ここでは穏やかな暮らしが送れるに違いありません。

紹介した住宅の詳細については「1000万円台で実現!老後を楽しむ平屋のローコスト住宅」からどうぞ。

1000万円

◆ファサード◆: スタジオ4設計が手掛けた家です。
スタジオ4設計

◆ファサード◆

スタジオ4設計

最後に紹介したいのは、なんと1000万円の建築予算で建てられた家。スタジオ4設計は、建築面積僅か8坪の土地に、その狭さを感じさせないローコスト住宅を実現させています。木造2階建ての本住宅はコンパクトなものですが、狭さを感じさせない工夫が考えられています。2階部分天井が無いため、高さのある空間となっています。また外から見られることのない大きなバルコニーが設けられているため、そこは屋根の無い部屋のように使うこともできるでしょう。もちろん、そのため広がりを住まいの空間に加えることにもなります。こんな家なら、圧迫感を感じることなく心地よい暮らしが送ることができるでしょう。

紹介した住宅の詳細については「敷地面積も予算も無く建てられた快適な住宅とは?「狭小ローコスト住宅」」からどうぞ。

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼
募集ページはこちら

ローコスト住宅について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!