土間ダイニング2: 一級建築士事務所co-designstudioが手掛けたダイニングです。

ひろびろ土間が気持ちいい!庭と繋がるナチュラルハウス

Kanako.K Kanako.K
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

家を新たに建てるなら、「通り土間」のある空間を計画してみるのもいいかもしれません。屋内と屋外を緩やかに繋いでくれる土間空間の機能は実に多彩ですよね。時代と共にインテリアにもよく馴染むオシャレな空間としても活躍することもしばしば。そこで今回ご紹介するのは、住空間と屋外を繋ぐひろびろ土間のある住まいです。一級建築士事務所CO-DESIGNSTUDIOが手掛けたこちらの住まいは、土間から2.5mの大きな開口で庭と繋がる開放的な住空間が広がります。半屋外のように過ごせる土間空間は気候や天気によって開閉をコントロールしながら自然を身近に感じることのできる気持ちのいい住まいです。

ゆったりとした敷地

敷地があるのは 千葉県野田市の住宅街。周辺は農家に囲われた見透しのいい環境です。ゆったりとした敷地に建つ本住宅は建物まで十分なゆとりを持った配置に。ホワイトの外壁に所々の木素材が映えるナチュラルな印象の外観です。大きな庇のかかった玄関前は小型車ならすっぽり収まってしまいそうなスペース。敷地内に数台は止められるほどの広がりを感じる外観です。

大きな開口で開いた住空間

庭と一体となった土間ダイニング: 一級建築士事務所co-designstudioが手掛けた庭です。
一級建築士事務所co-designstudio

庭と一体となった土間ダイニング

一級建築士事務所co-designstudio

エントランスから庭へ進むと大きな開口が印象的な土間のある空間へ。庭先からほぼ家の中心である土間へダイレクトにアクセスできるアプローチ、ご近所さんとも過ごしやすい社交的な雰囲気ある住空間。幅2.5mの木引き戸をフルオープンにすると室内土間空間が大きく広がったように、庭と繋がりを感じる気持ちのいい居場所です。光や風がたっぷりと室内に入り込む呼吸するような住空間に。

半屋外のような室内に

室内から土間を眺めると庭先の植栽を眺める自然を感じる空間に。バランスよく植えられた植栽を愉しみながら食事やお茶など味わうことが可能です。木フローリングのリビングと一体となったダイニングのような土間空間、どことなく床の高低差や靴の脱ぎ履きで空間の用途や境界を感じ取る事ができます。

薪ストーブの温かさとひろびろ土間

もちろん、ひろびろ土間空間には欠かせないのは暖房能力に優れた薪ストーブ。全体的に間仕切りの少ない住空間と吹抜けのある空間は薪ストーブの芯から温まるような暖かさは格別です。ホワイトベースに温もりを感じる木素材のインテリアで冬場も一層ホッコリとした開放的で土間のある暮らしを楽しむことができます。

土間と和室

家の中心のような空間、土間スペースは各室と連続する配置から和室にも庭先から、玄関からと靴のままアクセスできるような多様なアプローチに。靴を脱がなくとも和室でそっと寛ぐことが可能です。土間の大きな開口にはスリットのある風通しの良い引き戸で日差しをコントロールすることも。室内でも室外でも人の集まりやすい快適な住空間です。

【土間については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 知っておきたい!いま流行りの土間のメリット・デメリット  

※ 土間コンクリートでおしゃれな床に!そのメリット・デメリット  

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

募集ページはこちら

ひろびろ土間のある住まい、活用法を考えるだけでもワクワクするスペースですね!気が付いた事があればコメントを下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!