見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

風景の中の住まい

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

家は生活の中心となる場所。そんな場所が狭く圧迫感を感じてしまうのであれば、気持ちの良い生活を送るのは難しいでしょう。そのため開放感を感じられる家はとても重要です。普通であれば開放感というと吹き抜け庭などの住まいの空間が必要となります。ですが、今回はそれらを作ることなく広がりを感じさせることに成功した家を紹介したいと思います。

自然豊かな環境に建つ家

今回紹介したいのはキリコ設計事務所が手がけた家。それは高知県の自然豊かな環境に建てられました。近くには川が流れ、家のすぐ近くまで山が迫ってきています。周りを見渡せば、見えるのはのどかな里山の風景。このような場所に家を建てるのなら、周りの美しい自然環境を取り込まない手はありません。そこで本住宅は外との繋がりを感じられるように建てられたのでした。

個性を感じさせる外観

建てられたのは木造2階建ての家。遠くから印象的なのは片側が高くなった片流れ屋根。それはシンプルなフォルムの建物に個性を与えています。また家の外壁はワインレッドにまとめられており、とても鮮やかな印象を与えます。玄関は木の扉となっており、鮮やかな色の中に明るい茶色のアクセントが生まれています。そのため、本住宅からは、他の家にないような個性を感じることができるでしょう。

木の素材を生かした空間

家のなかには広がるのは木材の雰囲気を活かした空間。特に2階では床のフローリングだけでなく、天井に使われている木材も目に飛び込んできます。壁は白色にまとめられているため、床や天井の茶色と美しいコントラストととなり、印象的な空間を作りだします。白色は清潔感やモダンさを、そして木の茶色は暖かさを感じさせ、心地良さを演出してくれます。

個性を生み出すスキップフロア

このような本住宅の中で特に印象的なのは2階にあるリビングルーム、ダイニングルーム、キッチンのLDKの空間。多くのLDKでは壁が3つの空間が繋がっているものですが、ここでは少し異なる空間が生み出されています。それはLDKの中にあるスキップフロアで、部屋の中に短い階段が作られており、部屋の中に高低差が生まれています。それは部屋を繋げただけの単調な空間になることを防ぎ、住まいの空間に個性を生み出しているのです。

多く取り付けられた窓

また大きな窓から外に広がる風景を見ることができます。外には美しい里山の風景が広がっていますが、大きな窓はそれを切り取り、家の中に取り込んでいます。そして家の中にいても、まるで風景の中に佇んでいるような印象を生み出すのです。このような家であれば、美しい外の風景を取り込み、家の中にいるように感じさせないでしょう。そして心地良く生活を送ることができるに違いありません。

風景を取り込む窓

何より本住宅で忘れていけないのはLDKに設けられた幾つかの窓。部屋の端にはダイニングルームがありますが、そこには大きな窓が二つ取り付けられています。1つの窓の前に広がるのは大きなテラス。そのためダイニングルームから気軽にテラスに出ることができます。そこでは風や暖かな陽の光を感じることができます。そのため開放感を感じることができるでしょう。

このアイデアブックについて感じることはありまか。ぜひコメントを掻いて悔いてください。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!