ぬくもりと光あふれる木の住まい

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは外観から内装まで木に囲まれたぬくもり溢れる住まい。安達文宏建築設計事務所によって手掛けられました。室内には日当たり、風通しの良い開放的な空間が広がります。また、ソーラーパネルを設置したオール電化住宅で、冬でも快適に過ごすことができるのも魅力です。では早速見て行くことにしましょう。

​ダークカラーの杉板外壁がシックな佇まい

杉下見板張に植物性由来の安心安全な塗料、オスモカラーで塗装した木の風合いが美しい外壁が目を引く外観です。北側ファサードには玄関と小さな開口がリズムよく並べられシンプルにまとめられています。南側の屋根の上にはソーラーパネルが搭載されており、エコキュート、IHクッキングヒーター、エアコン、電気床暖房を使用したオール電化住宅への電力供給が可能となっています。

​シンメトリが美しい外観

正方形の平面に2段に葺かれた三角形の屋根が特徴的です。1階には食堂および居間に隣接するウッドデッキ、2階には寝室に隣接するベランダがあり、屋外空間も充実しています。2階のベランダには合わせガラスの庇が架かっており、雨風を避けつつも陽光の射し込む気持ちの良い空間となっています。また雨水は樋を通してタンクに蓄えられ、庭で行われる予定の家庭菜園に利用されます。

​ウッディな内装

外観同様木に囲まれたぬくもり溢れる内部空間です。こちら玄関には郵便受けや傘立を納めた戸棚が造り付けられ、物をすっきり収納することができます。

デザインと安全を両立させた階段

段板、手摺おもにベイマツの集成材を使用した階段。1歳の子供がいる家庭のため、安全面を考慮して手摺の柱間は幅が狭く設計されています。

​田の字型プラン

食堂から居間および階段室を望んだ様子です。杉丸太の大黒柱を中心に田の字型プランとし、建具を開ければ1階が広々としたワンルームとなります。今は畳敷きの和室ですが、シンプルモダンにまとめられていることで他のスペースと違和感なく調和しています。小上がりになっているので段差に腰かけることも可能ですね。

​ぬくもり溢れる団らん空間

台所および食品庫の様子です。キッチンカウンターのダイニング側には造作の収納が設けられているので、スペースを有効活用することができます。床にはナラ無垢材、壁・天井にはベイマツ無垢材が採用されおり、様々な素材の表情が楽しめます。ぬくもり溢れるウッディなインテリアに囲まれ、暖かな家族の時間を過ごすことができる憩いの場です。

​畳スペースにも床下暖房

居間との段差は引出収納、居間の床下は階段下から出入りする床下収納庫となっており、たっぷりものを収めることが可能です。また食堂同様畳の下にも電気床暖房が配され、足元が冷えることもありません。食堂とデッキテラスとの一体感も魅力的ですね。

​開放的な子供部屋

こちらは子供部屋の様子です。二つの屋根の段差部分に設けられた高窓から陽光が降り注ぎ、気持ちの良い風が吹き抜けます。高い天井に丸太の梁が印象的な明るく開放的な空間です。

畳のある寝室

2階のベランダに隣接した寝室にも小上がりの畳スペースがあり和モダンの雰囲気。こちらも小上がりの下は収納となっています。造り付けのベットのような感覚でこのような畳スペースを設けるのも良いアイディアですね。壁一面に設けられた大きなクローゼットも嬉しい配慮です。

ぬくもりと光あふれる木の住まいについて何か感じることはありますか?是非コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!