和室モダンインテリアに!現代的な畳とフローリングの関係

A.Imamura A.Imamura
富の原の家 川添純一郎建築設計事務所 モダンデザインの 多目的室
Loading admin actions …

現代的な日本住宅に馴染む和室モダンのインテリアに変えてみませんか?畳かフローリングかで家の床材を迷われる方は多いと思います。どちらにもそれぞれ長所短所があり、最終的にはライフスタイルに合わせて選んでいくことになります。でも、なかなかどちらが良いか決められない。畳もフローリングも両方欲しい ー そんな人におススメ、畳を新調したいと考えている人、またフローリングに馴染む和室モダンな空間を造作したい人にピッタリの現代的な畳空間のアイデアをご紹介していきます。

畳とフローリングを段差なくフラットに仕上げる

現代的な日本住宅に配置されるソファ。実は「家にソファはあってもほとんど使わない。床に座るのことが多くソファは背もたれになっている」という家庭は結構多いのが現状です。やっぱり食後は居間で寝転んでごろごろできたらいいなぁ、と思っている人には和室がピッタリです。なにも独立した和室をつくらなくても大丈夫。こちらのようにフローリング床の一部に畳を敷いて段差なくフラットに仕上げることで、フローリング空間にもピッタリな和室モダン空間が出来上がります。


「住まいの写真」ページでは様々な種類の家を紹介しています。◀

※ の写真ページ

小上がり和室でフローリングの生活目線にあわせる

ダイニング 枚方の家2 おかやま設計室 北欧デザインの リビング 木 白色
 おかやま設計室

ダイニング 枚方の家2

 おかやま設計室

小上がり和室とは、床面に高さを設けて小上がりになった和室を指します。一般的にリビングに取り入れられるのが主流で、空間の中に高低差が出るため奥行き感を演出できます。また椅子やテーブルでの生活目線と高さが揃うので、和室に寝転んだ時に低い目線の感覚になりリラックスできないという方には最適な和室モダンのデザインです。


◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

 homifyに登録している工務店・建設会社

畳を新調する

今までの畳を新調するだけでもスッキリとした和モダンな空間に作り替えることが可能です。畳には大きく分けて、縁付き畳と縁無し畳があります。縁付き畳とは、一般的な縁のある畳です。畳縁は素材だけでなく色や柄も様々にあり好みやインテリアに合うものを選ぶことが出来ます。一方、縁無し畳とは琉球畳や琉球風畳などの縁がない畳を指します。畳の新調の際に、すっきりとおしゃれな和室仕上げを望んでいる人には最適なデザインです。


【住まいについては、こちらの記事でも紹介しています】

 木造建築の温もりと癒し

ベースカラーの統一で、垢抜けた和モダンに

こちらの和室は小さな升目の木目調コンクリートの壁に縁なしの畳とダウンライトの照明を併せすっきりとまとめられています。雪見障子から見える庭園が和室のアクセントとして美しく際立ちます。特に畳と壁などのベースカラーを統一することで、空間全体がより上品に仕上がります。実は畳の色には様々なバリエーションがあり、天然い草を黄金色に変色させて織る黄金表や天然い草を色染めして織り上げるカラー畳など空間のベースカラーに合わせて色を選ぶことが可能です。畳の新調の際には、壁と畳のカラー統一も考慮してみましょう。

写真撮影:大木宏之(oki hiroyuki)

リビングと和室を繋げるモダンな照明

フローリング床のリビング空間と和室空間を繋げるには、従来のような純和風の吊り下げ照明よりはダウンライトが採用しましょう。ゆったりと過ごす時間が主な和室のダウンライトは、居心地の良さを考慮しまぶしさを抑えたグレアレスダウンライトなどが最適です。和室の畳や障子といった直線的な建具に馴染むようライン配灯すると美しくまとまります。

クレジット: 宮本卓也

リビング床、土間、薪ストーブを繋ぐ畳スペースの温もり

こちらの住まいは、木のぬくもりを感じるフローリング床のリビングダイニングスペースと薪ストーブが設置された土間スペースがある家。薪ストーブ前の床はフローリング床と一体になる畳スペースがつくられており、土間とフローリング床を緩やかに繋げます。薪ストーブの炎の前で、畳の上でのんびりと横になりながら過ごす家族の団欒の時間。冬の時間をより暖かくリラックスしたものにしてくれそうですね。

ダイニングと団欒を一つに繋げる畳スペース

frio-「宴会ベルトコンベア」で家呑み仕様に 株式会社ブルースタジオ モダンデザインの ダイニング
株式会社ブルースタジオ

frio-「宴会ベルトコンベア」で家呑み仕様に

株式会社ブルースタジオ

こちらの住まいは、キッチン、テーブル、畳を一直線にし、調理・食べる・団欒という行動を畳スペースで繋げた間取りです。ダイニングテーブルが続く小上がり和室は、畳に座っても椅子と同じテーブルにつくことができる高さにデザインされています。畳スペースでゴロゴロ寝転がったり、酔っぱらってそのまま寝たりすることもできるリッラクスした空間に仕上げられています。ダークカラーの畳を選ぶことで現代的な室内インテリアに自然に馴染んでいます。

夏は涼しく、冬は暖かい。堀炬燵式の畳スペース

こちらは堀炬燵式の畳スペース。北欧風のオシャレな照明とテーブルが堀炬燵式の畳スペースをよりモダンインテリアに仕上げています。な住宅のためのオリジナル。夏は畳の涼しさを感じ、冬は掘炬燵で暖かく過ごす。オシャレな掘炬燵はフローリング床と生活に自然に溶け込むインテリアが可能です。

素敵なインスピレーションは得られましたか?是非、コメントを書いて下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!