Baltic Design Shopが手掛けた

効率的で完璧な勉強部屋を作るには

Aya F. Aya F.

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

小さい子供から大学生まで、効率的に勉強するための空間づくりはいつの時代も大きな課題です。専門家によると、家具の選び方からレイアウトの仕方によって、集中力の度合いも変わってくるといいます。ひょっとすると、あなたの部屋も、あなたのお子さんの部屋も改善の余地ありかも?!今回は、効率的で完璧な勉強部屋を作るためには、と題して、パーフェクトな勉強部屋を作るために気を付けたいポイントをまとめてみました。

効率的な勉強のための家具のレイアウト

効率的に勉強するためには、家具の配置はとても大切。机の配置は、右利きの人にとっては窓を左側に来るようにすると、自然光が左から入ってきて手元が明るくなります。左利きさんはその逆にしてみましょう。また、机の前にスペースを作ると、圧迫感がないため勉強が捗るのだとか。また、ドアに背を向ける形での机の配置や窓の正面に机を置く場合は、背後が気になったり、外の様子がきになったりと、無意識ながら集中力をそいでしまうので気を付けたいですね。

勉強がはかどる椅子の選び方

勉強を捗らせるためには、座り心地のよい椅子、椅子と体に合ったデスクを選ぶことは肝要ですが、勉強部屋の椅子を選ぶにあたり、まず気を付けたいことは、勉強するときのスタイル。パソコンを使っての勉強なのか、本やノートと向き合っての勉強なのかによって、選ぶべき椅子が変わってきます。座ったときの姿勢で、体のどこかを圧迫することがないか、足はきちんと床に無理なく届くのかなどは購入時にきちんと座ってみて選びたいところです。最近では人間工学に基づいた、高さや座面の傾きなども自在に調節できるような椅子が出ていますので、チェックしてみるといいかもしれませんね。

高機能なデスク

Baltic Design Shopが手掛けた勉強部屋/オフィス
Baltic Design Shop

Design-Schreibtisch my writing desk groß weiß mit Schubladen

Baltic Design Shop

椅子と体との相性を考えたうえでのデスク選びはとても大切ですが、勉強するときに必要なスペースがいかにして確保できるかも大切なポイントです。論文などを書くとき、考えるテーマの大きさによって勉強机の使用スペースが変わってくる、という人もいますが、いろいろな本やノート、パソコンなどを同時にデスクに広げることもあるのでは?そんなときにはこんなデスクはいかがでしょうか。通常の天板のほかに、机の三面に本や手帳などを立てて置けるスペースがついています。複数の本を常に開きながら勉強するときにはとても便利ですね!

使い勝手のよい本棚

足利のリノベーション 書斎: 鈴木隆之建築設計事務所が手掛けた書斎です。
鈴木隆之建築設計事務所

足利のリノベーション 書斎

鈴木隆之建築設計事務所

自宅で勉強するときに、何かと使うのが本棚です。勉強のための本は、今すぐ必要でなくても、また必要になるかも、と、なかなか減らせないものですよね。趣味の本も含めるとかなりの蔵書量になり、使い勝手のいい本棚は学生ならずとも憧れるもの。こちらはそんな希望を叶えてくれるような素敵な本棚のある書斎です。部屋の天井までびっしりと本棚になっています。奥行きのある棚は、地震の時もちょっとの揺れでは本が落ちにくく、ちょっとしたインテリア小物なども置けそうですよね。必要なものが簡単に手に取れる、こんなシンプルなつくりの勉強部屋にいたら、勉強も特にはかどりそうです。

集中力を高める色

BoConcept Germany GmbHが手掛けた書斎
BoConcept Germany GmbH

Cupertino Schreibtisch

BoConcept Germany GmbH

インテリアコーディネートの世界では、色彩のもたらす心理的効果は無視できない存在となっています。では、勉強部屋の色は何色にするのがよいのでしょうか?勉強を中心として過ごす空間であれば、一般的に青や緑といった、気持ちを落ち着かせ、集中を促す作用のある色がおすすめだそうです。また、ベージュやグレイといった落ち着いた色合いも、体の筋肉を緊張させないので、勉強部屋に取り入れるのもよさそうです。部屋全体を寒色系にしてしまうと、寒々しく感じることも。ポイント使いがいいかもしれませんね。

BGMについて

音楽を聴きながら勉強される方も多いかもしれませんが、専門家によると、あまりお勧めできないのだとか。勉強中に音楽を聴くことになれてしまうと、試験の時に本来の実力が発揮できないこともあるそうです。ただ、歌詞がない波の音や鳥の声などが入ったヒーリング音楽のような、同じ音の反復で構成されているものであれば集中力を妨げることはなさそうです。自宅で静まり返ったところで勉強しようとすると、どうしても音楽に手が伸びてしまいがちですが、気を付けたいですね。

正しいライティング

TOKYO STANDARD HOUSE case2: HOUSETRAD CO.,LTDが手掛けた書斎です。
HOUSETRAD CO.,LTD

TOKYO STANDARD HOUSE case2

HOUSETRAD CO.,LTD

勉強するときに気になるのがデスク周りの明るさ。明るいことはもちろんいいことですが、明るすぎると目の瞳孔が開いたり閉じたりして、目の負担が大きくなってしまうのだとか。なので、照明は明るすぎない照明を使うこと、そして昼白色や昼光色を選ぶことがいいそうです。集中力を高めるためには、光にムラがないことも大切なポイントなのだとか。人によって明るさの感じ方が違うため、複数の照明で明るさの調節をするといいかもしれません。

こちらは東京のリノベーション会社・Housetrad co.,Ltdによるお宅です。二方向から光が入ってきて日中も明るく、足りない明かりはデスクライトでサポートされて、とても明るい書斎になっていますね。

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼
募集ページはこちら

効率のいい勉強、サポートしたいですね。ご感想お待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!