テキスタイルで簡単おしゃれなアレンジ方法10選

A.Imamura A.Imamura
MSBT 幔室布緹 北欧デザインの 子供部屋 MDF 緑
Loading admin actions …

テキスタイルは、気軽に模様替えや季節感を変えられるアイテムです。季節ごとに、クッションやファブリックパネルを変えて日々の暮らしを楽しんだり、余った布で家のデコレーションを手作りしても素敵ですね。今回は、そんな気軽にアレンジできるテキスタイルを使ったインテリアアレンジの方法をご紹介していきます。

テキスタイルでインテリアのアクセントを

テキスタイルは、壁紙やポスターよりも気軽にインテリアの雰囲気を変えられるアイテムです。ファブリックパネルを利用したり、収納隠しとしてお気に入りのテキスタイル柄を加えたり、何気なく飾るだけでも室内に色どりを加えることができます。例えば、こちらの様に白で統一されたキッチンにはファブリックの鮮やかなカラーを加えるだけでアクセントとしてグッと空間が明るくなります。


「住まいの写真」ページでは様々な種類のキッチンを紹介しています。◀

※ キッチンの写真ページ

テキスタイルで彩る食卓

テキスタイルをテーブルクロスとして食卓に加えてみましょう。食卓は皆が集まる大切な場所。その日のテーマを決めてファブリックと食器をセレクトすれば、統一感あるおしゃれな仕上がりになります。布の色や柄だけでなく、テーブルクロスのアレンジ方法も様々です。こちらのように細長いクロスを並べるも良し、大きなファブリックでテーブルを覆ったり、アイデア次第で毎日の食卓の色どりが楽しく変わります。


◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

 homifyに登録しているインテリアコーディネーター ※

ファブリックで変わる部屋の印象

カーテンは柄や色は部屋の印象を大きく左右するアイテムの一つです。家具やレイアウトを変化させなくてもテキスタイルアイテムを変えるだけで、季節感や印象を簡単に変えることができます。例えば、春はスケ感のある軽やかな素材に、夏は白や青がベースの爽やかに、秋や冬は落ち着いた暖かいファブリックに変えると季節感が加わり部屋の雰囲気が変わります。


【模様替えについては、こちらの記事でも紹介しています】

 風水で始めるインテリアの簡単な模様替えアイデアは?

テキスタイルの間仕切りで

カーテンによる緩やかな仕切り HAMADA DESIGN ミニマルスタイルな 壁&床
HAMADA DESIGN

カーテンによる緩やかな仕切り

HAMADA DESIGN

テキスタイルを利用した間仕切りも人気のアイデアの一つです。こちらは、ワンルームのフレキシブルな大空間が開放的な住まい。もともとあった4LDKの間取から、間仕切り壁を取り払いワンルームの開放的な空間を創りました。圧迫感のない軽やかなカーテン布で緩やかに仕切ることで、空間の自由な使い方や繋がりを演出できます。

重ね使いで遊び心をプラス

こちらはソファとクッションのファブリックでアレンジされたリビング。特にクッションは、空間にリズム感を生むアイテムです。形やサイズ感が近いので、色や柄、素材が異なっていてもそんなに違和感は出ないもので違う色や柄を揃えて遊び心を加えましょう。選び方のコツは、キーカラーに合いそうな色みを揃えること。するとバラバラな柄でもまとまりが生まれます。

インパクトのある柄を部分使い

玄関とLDKをふんわり間仕切るファブリック タイコーアーキテクト 北欧スタイルの 玄関&廊下&階段
タイコーアーキテクト

玄関とLDKをふんわり間仕切るファブリック

タイコーアーキテクト

こちらの住まいは、玄関とLDKの仕切りにカーテンを用いてふんわり間仕切ります。ファブリックを変更するだけでお家の雰囲気も変わり、インテリアのアレンジも簡単に。鮮やかな色や柄はテキスタイルの部分使いならしっくりとインテリアに馴染みます。

いろんな素材のアイテムを加えてムードを変える

こちらは、キリムなどのテキスタイルで色付けした華やかな印象のリビングルーム。木目調の温かみある空間にファブリックの素材感が彩を加えます。ついついテキスタイルの素材を揃えがちですが、おしゃれな部屋を目指すなら、異素材合わせに挑戦してみましょう。こちらのように異なる素材が集まると、手触りや見た目などに変化が出て楽しい雰囲気に仕上がります。面積の大きいラグの色にあわせれば、素材が異なってもそれぞれのアイテムに統一感が生まれます。

余り布で作れるさんかくガーランド

Y邸-写真現像用の暗室と広めの玄関を 株式会社ブルースタジオ 小さな寝室
株式会社ブルースタジオ

Y邸-写真現像用の暗室と広めの玄関を

株式会社ブルースタジオ

ガーランドとは、「花輪」という意味があります。新しい布を購入しなくても家にある余った布などを使って可愛いガーランドを作る事が出来ます。好みのサイズで手作りできるので、お部屋の広さなどに合わせて工夫してみましょう。子供部屋の飾りとしても、またこちらの様に空間を上手く仕切るアイテムとしても活躍してくれます。

和柄手ぬぐいでアレンジも

"WA" MODERN STYLE- こげ茶に合う「和モダン」インテリアへお部屋の大改造 株式会社アートアーク一級建築士事務所 オリジナルデザインの リビング 木 黄色
株式会社アートアーク一級建築士事務所

WA MODERN STYLE- こげ茶に合う「和モダン」インテリアへお部屋の大改造

株式会社アートアーク一級建築士事務所

こちらは、モダンな和柄の手ぬぐいをカフェカーテンのようにかけてアクセントにした和室。手ぬぐいにあわせてクッションや小物を飾り、アクセントにすると同時に「和」になりすぎないよう明るいリズム感のある柄を選び楽しい雰囲気が演出されています。家の引き出しに眠っている和柄手ぬぐいもインテリアのアレンジアイテムとして活用してみましょう。

クレジット: art arc architects

お気に入りの布でロールカーテンを手作り

Prestigious Textiles - Diva Fabric Collection Curtains Made Simple モダンデザインの リビング
Curtains Made Simple

Prestigious Textiles – Diva Fabric Collection

Curtains Made Simple

お気に入りの布と突っ張り棒があれば、簡単に誰でもロールカーテンが作れます。まずは始めやすい小窓のロールカーテンから手作りしてみましょう。こちらのように、お気に入りのカーテン布とお揃いでクッションカバーをつくっても素敵ですね!


◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

※ homifyに登録している建築家のリスト 

素敵なインスピレーションは得られましたか?是非、コメントを書いて下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!