コンクリートの圧迫感を抑える控えめな外観: TNdesign一級建築士事務所が手掛けた家です。

コンクリートの美しい外観5軒!

K.Matsunaga K.Matsunaga
Loading admin actions …

コンクリートは冷たさと温かさの両方の面を持つ不思議な素材です。仕上げ方によって異なる表情を見せるインダストリアルな姿に引き込まれる方も多いでしょう。建築材料として登場した時代から、今コンクリートやモルタルの無骨で表情豊かな存在感は、外装、内装問わず仕上げ材料としても人気のある素材となりました。コンクリートを使った美しいファサードの家5軒をご紹介します。

南アルプスの家

コンクリートの圧迫感を抑える控えめな外観: TNdesign一級建築士事務所が手掛けた家です。
TNdesign一級建築士事務所

コンクリートの圧迫感を抑える控えめな外観

TNdesign一級建築士事務所

コンクリートが持つ存在感を出しすぎないよう、控えめで適度なボリュームで計画されたこの家は、南アルプスの美しい景色を近くに望むことができます。TNDESIGN一級建築士事務所は美しく広がる山稜と、コンクリートの持つ表情を調和させるよう丁寧にこの家のデザインを手がけました。シンボル的な正面のドアはサビの表情が生き、絶妙な角度でこの家にスパイスを加えています。人工的なコンクリートや金属と、全面に敷かれた緑との対比が美しく、色が持つアシンメトリーなバランスも魅力の一つとなっています。

快適な暮らしができる外断熱の家

コンクリートの住宅、というとその見た目のクールさから冷たくひんやりとするイメージがあるかもしれません。ATELIER HARETOKE CO., LTD.が手がけたこの家は、鉄筋コンクリート造の外断熱工法が採用され、夏に涼しく冬は暖かな温熱環境が実現されています。コンクリート独自の質感や造形性で見た目はモダンでスタイリッシュ、室内においてもどっしりとした存在感を生かした高級感のあるインテリアで仕上げられています。外観を印象付ける2mの出がある軒は外観に水平ラインの繊細さを加え、バルコニーや室内への日射を和らげより快適な生活環境をもたらします。コンクリートだから実現できる、省エネルギー性や頑丈さを持ちながら居住性の高い家です。

パズルのような家

外観 夕景: atelier mが手掛けた家です。
atelier m

外観 夕景

atelier m

住まい手は頑丈で地震に強い家を望んでいたことからコンクリートに注目しました。ATELIER Mは鉄筋コンクリートの壁式構造を、ただの強い家ではなく美しい造形としての家を提案。目に見える頑丈さを感じる建物の安心感と、暮らしていく上での居心地の良い空間が同梱する家です。コンクリートならではの整った造形性が実現させた、大小のボックスが織りなすユニークで特徴的な建物が生まれました。迫力のあるモダンな姿は夜も目を引く美しさがあります。

ギャラリーとカフェのある家

住宅件、アトリエ、パン工房のギャラリー、カフェと複数の機能を持つ空間が兼用された住宅です。東京の住宅街にあり、道路面から見える高さのあるコンクリートのオブジェのような佇まいが印象的です。株式会社 大藪元宏建築研究所のアトリエとしても機能するこの家は、開口を持たないコンクリートの存在感がありながら、反対側はガラス張りの開放感が溢れるモダンな建物です。道路面からはプライバシーがしっかりと確保されながら、内部は多層階を吹き抜けでつなぎダイナミックな空間を楽しめます。

プライベートコートを持つ家

KaleidoscopeⅢ: 澤村昌彦建築設計事務所が手掛けた家です。
澤村昌彦建築設計事務所

KaleidoscopeⅢ

澤村昌彦建築設計事務所

周囲を住宅と道路に囲まれ、プライバシーの確保が課題になる敷地に建つ家。道路に面するからこそ存在感が引き立つこの家は、全面がコンクリートの壁面に囲まれています。ぐるりと囲まれた壁面の内側には周囲の視線を気にせずのびのびと過ごせるプライベートコートを持ち、ストレスを感じることなく豊かな居住性が確保されました。コンクリートは存在感のある素材ですが、澤村昌彦建築設計事務所は壁面にブルーグリーンのガラスが埋めこむ提案をし、夜は灯りが漏れて美しい光がこの家を演出します。深く出た軒や下部のスリットなど、適度な明かりの抜けが家全体のバランスを上手に確保し、昼も夜も美しいファサードに仕上がっています。

コンクリートのファサードに興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!