Big Small: 株式会社プロトハウス事務局が手掛けた家です。

環境に優しい未来型建築のスモールハウス

A.Imamura A.Imamura

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

今話題のスモールハウスとは?オシャレでミニマル、生活に最低限の機能、環境に優しく、シンプルで無駄のない暮らし。値段も通常の家よりは低コストでローンに縛られない新しい住まいの在り方を提案するスモールハウスが今注目を集めています。別荘のような森の中の家として、または新しいライフスタイルとして、スモールハウスの魅力は尽きません。今回は、そんな未来型住居スモールハウスをご紹介します。

スモールハウスとは?

今、300万円前後で建築できる「スモールハウス」が注目を集めています。この森の中に建つスモールハウスは、バルセロナを拠点に活躍するAlventosa MorellArquitectesがデザインを手がけるモジュール型住宅のスモールハウスです。モジュール型住宅とは、工場で既に完成されたパーツを現場で組み立て構築される建物を指します。住宅は大きな金銭的負荷が掛かりますが、このようなモジュールハウス型のスモールハウスは、その工程と納期の速さから驚きの低コストを実現します。Alventosa MorellArquitectesは環境面にも配慮し、スモールハウスの外壁に使用されている木材は管理された森から供給され、表面の保護には天然オイルを使用し環境にも優しい仕上がりです。コスト面だけでなく、最新技術の恩恵を受けながら、また自然に優しい持続可能な暮らしを提案するのが新しい森の中の家のスモールハウスの魅力と言えます。

ミニマルライフ

スモールハウスは、その圧倒的な短工期と低コストによる生産性から、さらにミニマルでスタイリッシュなデザインや開放的な大空間など、アイデアを自由自在に表現できる点が魅力です。建築事務所Colectivo Creativoが手がけるスモールハウスは、主にワンルームサイズで、生活に必要なシャワー、トイレ、キッチン、簡易収納を兼ね備えています。ウッドデッキなどの開口部を広く設けることで、森の中と室内を繋げる開放感のある居住空間を実現できます。スモールハウスなら、たくさんの物を持たずに、生活に必要最低限のコンパクトな暮らしを実現させることができそうですね。

多拠点居住

ÁBATON Arquitecturaが手掛けたプレハブ住宅
ÁBATON Arquitectura

CASA TRANSPORTABLE ÁPH80

ÁBATON Arquitectura

こちらスペイン生まれの床面積27m2のモバイルスモールハウス「ÁPH80」は、トレーラーに積んで移動させることも可能です。スモールハウスの多くは、工場生産によりほぼ完成品としてトレーラーで現地まで移動、設置を行うこともできます。現場での施工や作業を減らし人工代を抑えることが可能となります。住居としての必要最低限の機能を維持しつつ、一般住宅に比べコストを抑え、未来の可能性に向けた移動性(モビリティ)を確保しています。防火・準防火地域、市街化区域内などを除いて、住宅が建てられる所であれば設置は可能です。好きな場所へいつでも家ごと移動できるようなスタイルはすてきではないでしょうか?またこの移動性(モビリティ)をメリットに、30代や40代のファミリー世代は、森の中の家を週末の別荘として活用したりしています。

日本で可能な設置環境は?

コテージの夏景色、森の緑と赤い建物をコーディネート: Cottage Style / コテージスタイルが手掛けた家です。
Cottage Style / コテージスタイル

コテージの夏景色、森の緑と赤い建物をコーディネート

Cottage Style / コテージスタイル

スモールハウスならではの「移動が出来る」という部分を取り入れたかたちであれば、住宅ではなく自動車の一部としてトレーラーハウスやキャンピングカーなどをカスタマイズして住んでいる人もいます。基本的に都市近郊では、中古のコンテナを使ったスモールハウスの建築は、耐震の問題などもあって建築確認申請に準拠したコンテナ風の鉄骨建築などで対応しているケースもあるようです。しかし、中古コンテナを使ったスモールハウスやショップなどは地方にはみられるので、森の中の家としてスモールハウスを考えている人は各地方自治体に問い合わせてみましょう。

住宅ローンに縛られない人生

日本では、設置場所と許可、エネルギーや水道などの問題がありますが、それらがある程度独立した状態で整えば、スモールハウスの可能性はぐんと広がり、住宅ローンに縛られない人生という選択が可能になります。30平米前後のスモールハウスであれば300から400万円前後で家が建てられる、というのが欧米でも主流になってきています。普通の家を買うよりもずっと安い価格で、2人もしくは3人でも暮らすことができます。これまでのように数十年にわたる住宅ローンに縛られない人生が送れるので、その分のお金や時間を勉強や趣味に費やすことができるのではないでしょうか。スモールハウスは、新しい住まいの形としてこれから大きな可能性があります。

クレジット:Big Small

スモールハウスと税金は?

Casas inHAUSが手掛けた家
Casas inHAUS

Fachada con iluminación nocturna modelo Chipiona Casas inHaus

Casas inHAUS

土地への課税額は路線価によって決まります。路線価とは土地が面している道路によって定められた評価額のことで、国税庁によって毎年設定されており、インターネットで確認することができます。そして、各市町村の税務課担当職員による実地調査があり、評価の基準ははっきりとは決まっていません。高級な素材を多用した豪華な建物でなければ、建築に掛かった実費の50%程度の評価額になるといわれています。 固定資産税の標準的な算出方法は 固定資産税評価額(課税標準額)×1.4%(標準税率)です。 また、「小規模宅地」の特例として住宅用地の200平米までは標準税率の6分の1に軽減されます。都市計画や税金の算出法は市町村によって異なるので、不明な点は役所の窓口に相談してみましょう。

新しい住まいの在り方を提案するスモールハウスの魅力。是非、コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!