家族同士の心地よい距離感を生む山の麓に建つ住まい

家族同士の心地よい距離感を生む山の麓に建つ住まい

家族同士の心地よい距離感を生む山の麓に建つ住まい

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

一つ屋根の下で暮らす家族。その家族間での距離感も家づくりの大事なポイントとなるでしょう。顔を一切合さないのも辛いですが、べったりの関係も息苦しい。一緒に暮らす家族だからこそ、心地よい関係を築いていく距離感が大切になってきます。今回ご紹介する優人舎一級建築士事務所によるこちらの住まいでは家族間での心地よい距離感やコミュニケーションに配慮した空間計画がなされています。では早速見て行くことにしましょう。

​豊かな環境に佇むモダンな住まい

敷地は市街地から程よく離れた緑豊かな環境にあります。住宅や小学校が下に広がり、庭の木々と遠くの山が重なる眺望の良いのどかな場所です。今回新築されたのは、ここに建つ母屋。向かって左には代々からの蔵が、右手には先代の建てた納屋が位置します。一部を瓦屋根にすることでかつての母屋の面影を継承しつつ、フラットルーフのモダンな佇まいが、風景に新風を吹き込みます。

​既存の建物との関係性も考慮

こちらは正面側からの夜景です。玄関から伸びるアプローチは蔵へ、手前リビングから抜けるアプローチは納屋にそれぞれ抜けるよう計画されています。ただ新しく建替えるだけでなく、既存の建物との関係性、つながりにも十分な配慮がなされました。

視線が通るエントランス

エントランスでは、左からの導線をL字に曲げて視線が通るよう計画されました。サイドに設けられた開口が光と人の気配を伝えます。

​「遠回り」と「視線の通り道」

こちらはダイニングの様子です。部屋間移動のための動線はあえて遠回りのルートを採用しつつ、壁にいくつもの視線の通り道が用意されており、お互いの気配を感じつつ適度な距離感を保つことができるよう計画されています。視線がとおることで空間にも広がりが生まれ開放感が演出できますね。内装は、白を基調としつつ、木製の造作家具がナチュラルで温かみのある雰囲気を生み出しています。

​キッチンのカウンターと窓

キッチン裏に配されたカウンター。これは花台にもなり買物したものを置く場所ともなります。また窓を通して、玄関を出入りしたり、階段を昇り降りする家族の気配を感じ、互いに視線を交わすことのできる場所でもあります。

​段差でつながるリビングダイニング

こちらは畳敷きのリビングの様子です。ダイニングとは数段の段差でつながっており、段差自体がベンチ代わりにもなります。ダイニングとリビングに居るそれぞれの家族のコミュニケーションを容易にし、つながりを生む仕掛けです。

​家族が立ち寄る場所

その段差の横には家族ひとりひとりのための収納が設けられています。段差照明を兼ねた5個のロッカーには市販の棚が入り、家族それぞれの収納として使用されます。また上部棚にはコンセント類が並ぶ家族のためのドッキングステーションのような場所もあり、携帯電話などの普段使い品が並ぶことで家族が必ず立ち寄る場所として計画されています。一人ひとりが自分の部屋にこもることなく、さりげない場面で家族が交流できるよう工夫されています。

​星空テラス

クライアントご主人の長年の趣味である星空観察のために設けられたテラス。南向きのテラスを北空に抜けさせ家族が座って満天の星空を楽しむことができるスペースが確保されています。

家族同士の心地よい距離感を生む山の麓に建つ住まいについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!