見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

厳しい条件を活かした変形敷地に建つ住まい

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

家を建てるのに最適とは言えない土地であっても、建築家の創意工夫次第では魅力的な住まいは実現可能です。今回ご紹介する田原泰浩建築設計事務所によるこちらの住宅は、三角形の変形敷地に計画されました。この難しい条件の土地において快適な住環境、さらには2台分の駐車スペースまで確保されています。いったいどんな工夫がなされているのか、詳しく見て行くことにしましょう。

良好な周辺環境と厳しい敷地条件

敷地が位置するのは広島市内から5kmほど離れ、川からの心地よい風を感じられる場所です。川の向こう岸には高速鉄道アストラムラインを望むこともできます。良好な周辺環境ではありますが、敷地は三角形の変形敷地。住宅建設には厳しい条件でした。そこで建築家は居住空間を2階に配し、1階を必要最低限のヴォリュームに抑えることで、クライアントの要望であった2台分の駐車スペースを確保した居心地の良い住まいを実現しました。

シンプルモダンな佇まい

建物は変形敷地であることを感じさせないようシンプルな形状とし、また軒の高さを抑えて道路側へ圧迫感を与えないよう配慮がなされています。更に敷地の中で一番奥行きを確保できる部分を利用して駐車スペースが設けられています。

​たっぷり収納のある玄関スペース

玄関はシンプルでモダンなデザインでまとめられています。たっぷりと収納が確保されているので、物が散らかって空間に圧迫感を与えることもありません。また廊下との位置関係は、玄関からプライベートな領域を見通せないよう配慮して計画されています。

高い天井で広がりのある空間

こちらは2階にあるLDKの様子です。片流れ屋根の形状を活かした天井により、広がりのある空間となっています。欄間部分はアクリル板で仕切ることで空調負荷を抑えつつ空間に抜けをもたらしています。左手のキッチン上部もロフトとなっており、こちらでも抜けのある開放的な空間が意識されています。

窓の高さと形状工夫でプライバシー確保

リビングからの見る横連続窓: 田原泰浩建築設計事務所が手掛けたリビングです。
田原泰浩建築設計事務所

リビングからの見る横連続窓

田原泰浩建築設計事務所

横長の連続窓は椅子に座った際、外部からの視線をかわしつつ、外の景色を楽しむことができる高さに設定されています。窓の高さが抑えられているのもプライバシー確保のため。小さい窓でも連続させることで空間に広がりが生まれますね。またカーテン等で目隠しせずとも視線を気にせず快適に生活することができるのも嬉しいですね。更に右手には東南東に向けて大きな縦長の窓が配され、朝日が差し込む気持ちの良い朝を迎えることができると同時に、ここから広島を代表する一級河川およびアストラムラインを臨むことができます。

広々とした使いやすいキッチン

リビング横に配されたキッチンは、白、グレーと木製の造作家具でまとめらたシンプルで清潔感ある空間となっています。収納も多く確保され、広々としているので使い勝手も抜群です。リビングダイニングとひと続きの空間のため、冷蔵庫や収納物などが極力見えることの無いよう配慮され計画されています。

​屋根形状を活かした個室

こちらは個室の様子です。こちらも屋根形状を活かした高さのある空間で、面積以上の広がりを感じることができます。白でまとめることで明るく、開放的な印象となると同時に、明かりを灯した際に光が柔らかに拡散して心地よい空間を生み出します。

厳しい条件を活かした変形敷地に建つ住まいについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!