小さいリビングルームの快適レイアウト方法

A.Imamura A.Imamura
バスキッチンの家 Takeshi Shikauchi Architect Office/鹿内健建築事務所 オリジナルな 家
Loading admin actions …

小さいリビングルームでは、配置したい家具の大きさが制限される、収納に頭を悩ます、おしゃれなイメージに仕上がらない、などといった悩みが多くあります。そんな悩みを上手に解決している住まいを見てみましょう。ゾーニングのアイデアからレイアウトのポイントまで、今回は小さいりリビングルームを快適にするアイデアやレイアウト方法をご紹介していきます。

小さいリビングルームの住まいの工夫は?

クレバスハウス ダイニングルームから書斎+リビングルーム 株式会社seki.design モダンデザインの リビング
株式会社seki.design

クレバスハウス ダイニングルームから書斎+リビングルーム

株式会社seki.design

小さなリビングルームでも開放的な空間とゾーニングの両方を上手くデザインしている住まいを見てみましょう。こちらは小さくコンパクトなリビングルームをスキップフロアの緩やかなゾーニングによって開放的な印象をつくる住まい。ガラスで包まれた階段ホールを中心に書斎とリビングの一体化した空間が配置されます。視線を遮るものはないので空間としては広々。将来的にリフォームしてもう一部屋確保するという可能性も残しています。

クレジット: A.FUKUZAWA


「住まいの写真」ページでは様々な種類のキッチンを紹介しています。◀

※ キッチンの写真ページ


小さいリビングルームでフレキシブルに暮らす

小さいリビングルームをフレキシブルに活用しているユニークな住まいを見てみましょう。こちらはバスルームが居住エリアとが一体化する面白い住まい。40平米の面積を有効に活用する為、普段は引戸を開け放ちリビングの延長として遊び場としてバスルームを利用しています。特に目の離せない小さな子供がいる家庭では、こうしたオープンな空間のデザインが人気です。また子供の成長過程のある一時期をこのような住まいで過ごすというメリットも大いにあります。

クレジット: 鳥村鋼一写真事務所


【住まいづくりについては、こちらの記事でも紹介しています】

 低予算&お洒落なコンテナハウス6選

リビングダイニングのレイアウトは?

小さいリビングルームのデザインでは、家具のレイアウトが重要になります。例えば、こちらのLDKを見てみましょう。スッキリとシンプルな佇まいで、多くのモノを置かずに厳選された家具を配置して部屋を広く見せているコーディネート。部屋の中央に設置しているソファは、シンプルですっきりとしたデザインを選び、圧迫感を与えずにダイニングエリアを上手に分ける役目を担っています。またダイニングテーブルの高さにあわせたソファの背もたれの高さもポイントです。


◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

 homifyに登録している大工 ※

家具の高さを揃えてスッキリと

小さいリビングルームをすっきりとした印象に演出するには、配置する家具の高さや奥行きを出来るだけ揃えるのがポイントです。こちらは小上がり座敷の床面高さにあわせて、ソファの座面、テーブルの天板、テレビ台の高さが統一されています。部屋の広さに対して理想の家具の占有率は3分の1と言われています。その配置する家具の高さや奥行をこのように揃えることで統一感のあるインテリアを演出でき圧迫感のない部屋に仕上がります。

テレビ配置の工夫

札幌の街が一望できる特等席のようなリビングルーム 株式会社スター・ウェッジ モダンデザインの リビング
株式会社スター・ウェッジ

札幌の街が一望できる特等席のようなリビングルーム

株式会社スター・ウェッジ

リビングルームのテレビは、視覚のフォーカルポイントになる場所です。テレビ周りのAV機器はテレビボードを有効活用してすっきりとした空間に仕上げましょう。もし配置したいテレビサイズが大きく、それに合わせて必要以上に大きいテレビボードサイズが必要になる場合は、テレビ自体を壁掛けにすることで解決できます。壁掛けテレビにできれば部屋はすっきりし使えるスペースも広がります。

色の統一で空間に一体感を

With fireplace and kotatsu - 暖炉とコタツのあるリビングルーム 株式会社アートアーク一級建築士事務所 オリジナルデザインの リビング 木 木目調
株式会社アートアーク一級建築士事務所

With fireplace and kotatsu – 暖炉とコタツのあるリビングルーム

株式会社アートアーク一級建築士事務所

部屋の広さに対して理想の家具の占有率は3分の1と言われていますが、小さいリビングルームにこたつを配置すると、こたつ布団やラグのせいで急に部屋に圧迫感が出てしまうこともあります。その場合は、こちらのようにこたつ布団やラグの色とデザインをインテリアのベースカラーに合わせて選ぶことで統一感のあるこたつ空間が簡単に出来上がります。木製家具の色合いに合わせた大きすぎないパターン模様のベージュこたつ布団はすっきりとフローリングに馴染んでいますね。


造作家具収納でしっかり収める

リビングルーム QUALIA モダンデザインの リビング
QUALIA

リビングルーム

QUALIA

住まいに合わせた収納家具を見つけるのはなかなか難しいことです。例えば、大工工事でつくる造作家具や棚であらかじめ収納スペースをデザインして置けば、散らかりがちなLDKエリアをすっきりとレイアウトすることができます。造作家具は、現場で加工と取付するため、使う用途や収納するアイテムの サイズに合わせて作ることができます。配置したい場所に合わせて加工できるので、スペースにも無駄がなく、しっかりと壁や天井に固定されているため地震などで転倒する危険も低いことがメリットです。


◆homifyには多くの建築家や住まいの専門家が登録しています。専門家のリストから希望の専門家を見つけましょう!◆

※ homifyに登録している建築家のリスト 

素敵なインスピレーションは得られましたか?是非、コメントを書いて下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!