のどかな田園風景の中に建つ快適な二世帯住宅

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、のどかな雰囲気の広がる田園の中に建っている二世帯住宅です。南側に開くように計画された住まいは、どこまでも広がって行く様な開放的な雰囲気が特徴的。また、お互いの家族が程よい距離間で生活を送れるように工夫されていることもポイントです。この住まいを手掛けたのは、長崎を拠点に活動する鶴巻デザイン室。一体どんな様子になっているのでしょうか? さっそく詳しく見て行きましょう!

撮影:contrast

田園の中に建つ見晴らしのいい二世帯住宅

住まいのロケーションは佐賀県。のどかな田園の広がる敷地に建つシンプルなこの住まいは、築30年だった元々の住宅を建て替えて二世帯住宅にしたもので、1階に親世帯、2階に子世帯の家族が住んでいます。この家のシンプルなデザインは、周辺が遮る物のない見晴らしのいい環境で、同時に風が強い場所でもあるため、軒がその風の影響を受けないように考慮したため。住まいの南側にはたくさんの開口を設け、美しい風景を生活の中で思い切り楽しめるようになっています。

景色が楽しめるダイニングキッチン

こちらは1階のダイニングキッチンの様子です。天井が高く開放感のあるナチュラルモダンな空間は、家族の毎日の生活にリラックスと安心感を与えてくれることでしょう。住まいの構成は、1階に共用でこのダイニングキッチンと浴室があり、各家族が生活の中で自然と顔を合わたりお互いの様子を確認出来る作りになっています。南側の開口からは、どこまでも広がって行くような見晴らしの良さと緑豊かな景色が楽しめ、家族との食事や会話も弾みそうですね。

いい距離間でお互いが快適な生活を

こちらは1階のダイニングキッチンの奥にある和室です。同じ家族とはいえ、生活の距離間が近すぎると、時々息が詰まってしまうこともあるでしょう。二世帯住宅では、各家族のお互いのプライバシーも大切にしなければなりません。この住まいでは、そういう時は戸を閉めて共用スペースとの空間を仕切ることで、十分対応が可能です。また、二階にも小さなキッチンを設置しているため、各家族の必要なプライバシーは守ることが出来ます。お互いが気持ち良く程よい距離間で生活を楽しめる住まいとなっているようです。

ミニキッチン付きの2階

こちらは子世帯の住む2階の様子です。収納スペースもありコンパクトにまとまった印象のシンプルナチュラルな空間です。壁側には小さなキッチンを設置。ちょっとした時や、1階の家族の生活を邪魔をしたくない時などに利用出来てとても便利ですね。勾配天井が、南側の開口に向かって上にゆるやかに傾斜し、外部への広がりを感じる明るく快適な作りとなっています。

広々としたデッキテラス

こちらは南側から住まいを見た様子です。開口部に面した1階のデッキテラスは、ダイニングから続く延長空間の様に感じられますが、ここでは室内以上に気持ちのいい開放感を味わえることでしょう。また、住まいは2階にもバルコニーを設けているので、2階でもプライベートな気分で屋外空間を楽しむことが可能となっています。

美しい夕暮れ時の住まい

夕暮れ時、田園風景に溶け込んでいる住まいの様子です。周辺に視界を遮る物がなく、開放感がある様子がよく分かりますね。夜は、家族の生活の明かりが優しく住まい周辺を照らし、美しくのどかな田園風景に柔らかな雰囲気を加えています。家族みんながこの二世帯住宅で美しい田園風景を楽しみながら、いつまでも快適に暮らす様子が目に浮かぶようですね。

のどかな田園の中に建つ二世帯住宅について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!