バルセロナのリノベーション住宅

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

スペイン・バルセロナに建つこの住宅が建てられたのは1920年、約100年前のこと。一階がガレージや工芸ワークショップのためのスペース、二階が居住スペースであったのを今回GPA architectureによって大きくリノベーションされました。オープンプランの一階にはキッチンとリビングルームを、二階にはベッドルームを配置。そしてモダンで調和の取れた美しいインテリアとなった内部は必見です。さっそく見ていきましょう!

​外観

外観は一見すると、カタルーニャ地方の一般的なデザインである近隣家屋とあまり変わらない印象ですが、よく見るとモダンで洗練されたものに生まれ変わっています。外壁は石灰岩でコーティングされ風格とエレガントを感じさせ、二階の木製ファサードは温かみと地中海地方の明るく陽気な雰囲気をプラスしています。周囲との調和を壊すこと無く、モダンに美しく生まれ変わりました。

​住宅裏手

住宅裏手には小さな中庭があります。 建物に囲まれており少し閉鎖的であるかもしれませんが、大都市バルセロナにおいて自前の庭があるということは、特別で貴重な時間を住み手に提供してくれることでしょう。そして明るい自然光と新鮮な空気を室内へ届けてくれます。

中庭

こちらがダイニングルームに面したこぢんまりした中庭。狭さを感じさせない工夫は壁やドアなどを明るい色で統一すること。ウッドデッキは暖かく家庭的な雰囲気を演出します。 植物を置けばさらに快適で居心地の良いスペースに。このように植木鉢でカラフルな差し色をプラスするのも楽しいアイデアですね。窓やドアを開け放って、室内の延長として使いたい可愛らしい中庭です。

オープンプランの一階

元々ワークショップスペースとして使用されていた部屋は現在、キッチン、ダイニング、リビング、ラウンジが配された大きなオープンプランのスペースとなっています。 写真は明るくモダンなキッチン。レンガの壁でインダストリアル風味に味付けしつつ、家具や装飾はミニマルにまとめられたハイセンスなミックススタイルです。キッチンにはツヤのあるステンレスを使用してスタイリッシュな大人の空間に。

階段

レンガの壁の裏側にあるのが二階への階段です。二つの白い壁に挟まれたシンプルなデザインの階段ですが、木材の豊かな質感と表情が存在感を放っています。

ベッドルーム

こちらは二階に配されたベッドルームです。外観写真で見た木製ファサードに面しています。スライディングドアを通ってバスルームとドレッシングルームへとアクセスが可能。明るいベッドルームは装飾のないミニマルスタイルで、ベッドカバーの深いボルドーを効かせた空間です。

モダンに生まれ変わったバルセロナの住宅、いかがでしたか?ぜひコメントを書いて下さいね。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!