ガラス建築: 近藤博史建築設計事務所が手掛けたリビングです。

知っておきたい!ガラスファサードのメリット

林 直樹 林 直樹

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

ガラスファサードとは、建物の外観(ファサード)がガラスでできている建物のこと。一般的によく使用されるのは高層オフィスビルなどでカーテンウォール(建物の荷重を支えない壁)として使われますが、もちろん住宅でも取り入れられるデザイン手法です。この記事ではガラスファサードがもつメリットについて、各項目ごとにご紹介します。日々の暮らしをちょっと豊かにしてくれる住宅のアイディアですので、ぜひ参考にしてみてください。

ガラスファサードによって開口面積が広くできる

西岡本のコートハウス: 田中一郎建築事務所が手掛けた家です。
田中一郎建築事務所

西岡本のコートハウス

田中一郎建築事務所

ガラスファサードの最大の特徴は、住宅の開口面積が広がることです。開口面積が広がるということは、家の中にたくさんの光を取り込むことができ、室内空間を明るくする効果があります。少し専門的なことになりますが、ガラスには建物の荷重を支えることはできません。つまりそれ自体は構造体と別に考えることができますので、一般的にこのタイプの住宅では大きな構造を支える柱を室内側に寄せ、ガラス自体を別のフレームで支えることになります。これによりサッシ部分が細くなりますので、開口面積を広くとることができるのです。写真の建築は、田中一郎建築事務所の西岡本のコートハウス。

開放感を感じるデザインとなる

もちろんガラスファサードは開口部画大きいことによる採光だけではなく、そのデザインも開放感を感じることができます。先ほど説明した通り、サッシやガラスの継ぎ目が大きくありませんので、外から見るとまるで浮いてるかのような軽やかな印象がある開放感を感じるデザインになります。開口部が大きい分、光と同時に熱も取り込むことになりますが、最近では熱線吸収ガラスなどもありますし、また二重窓のようにすることで光を取り込みながら熱効率を良くする手法もあります。窓のデザインに関してはこちらを参考にしてみてはいかがでしょうか。

ガラスファサードが室内から眺望を効果的にする

外観からの特徴はインテリアにも反映されます。ガラスを多く使用しているということは、インテリア側からすれば外の風景を一望できるということです。構造体が眺めを邪魔することなくパノラマが広がるインテリアとなります。もちろん外を見ることができるということは、外から中が見えるということですが、そこはルーバーなどを使用して、コントロールしましょう。二重ガラスの場合、ガラスの間にルーバを入れて角度だけコントロールする方法もありますが、折角のパノラマですので、ぜひ上に引き上げるようなルーバーで良い景色を取り込むことをお勧めします。

シンプルモダンなインテリア

他にもガラスファサードの建物の場合、基本的にはインテリアがシンプルでモダンな印象になります。ガラスは表面が平滑でツルッとしており、シンプルな印象を感じやすいのでインテリアの方向性としてはあまり豪華な印象よりもシンプルでスマートな印象がマッチするでしょう。たとえば階段部分などもすこし浮遊感を感じるような印象になりますので、手すりやその他のアイテムも白や単色を基調としたシンプルなアイテム選びをお勧めします。

撮影:加藤嘉六

シックな印象にもマッチする

西岡本のコートハウス: 田中一郎建築事務所が手掛けたリビングです。
田中一郎建築事務所

西岡本のコートハウス

田中一郎建築事務所

確かにシンプルモダンな印象になりやすいですが、シンプルながら少しシックな印象にもマッチします。ガラス面はシンプルながら、インテリアとして、ダークトーンのウッドやシックなインテリア(写真の場合はキッチン)も相性が良いでしょう。相性が良いインテリアを実現させるのは少し難しいかもしれませんが、都会のスマートな住宅な印象を演出することも可能になります。ぜひ色々と検討してみてください。

ナチュラル素材との相性も良い

ガラス自体はとてもシンプルな印象ですので、シンプルなインテリアの演出としてはナチュラルな素材との組み合わせも悪くありません。ただガラスのフレームを金属にするとすこし印象が違って見えてしまいますので、フレームの色味や素材選びには慎重にしましょう。フレームが細い場合は、すこし濃い色でもあまり目立つことはないとは思いますが、おなじ色相で選ぶ方が全体に統一感が出ると思います。フレームが太めの場合は、素材感はインテリアと合わせた方がいいでしょう。またカーテンやルーバーとの色味の相性も検討してみてください。サッシの選び方はこちらを参考にしてみてください。

写真 石橋敏弘

【ファサードについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ ファサードについてもっと知りたい!

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀   

募集ページはこちら

いかがでしたでしょうか。皆さんの感想お聞かせください。コメントお待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!