コンクリート数寄屋: 有限会社 宮本建築アトリエが手掛けた家です。

自然とゆるやかにつながるモダンな平屋「コンクリート数寄屋」

K.Yokoyama K.Yokoyama

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

皆さんは「数寄屋造り」と聞いてどんな住まいを思い浮かべますか? 伝統的な和風建築でしょうか? 今回ご紹介するのは、コンクリートという現代的な素材を使いながらも、軽やかで快適な空間を実現した数寄屋風のモダンな平屋です。複数の庭が住まいと一体化するように広がり、生活の中で光と風を常に感じられる作りが特徴となっています。「コンクリート数寄屋」と名付けられたこの住まい、手掛けたのは茨城を拠点として活動する宮本建築アトリエです。一体どんな様子になっているのでしょうか? さっそく詳しく見て行きましょう!

コンクリートのモダンな外観

ロケーションは茨城県日立市で、北側には起伏のある街並みと山並みの景色があるという敷地に建っている住宅です。そしてこちらが住まいの外観ですが、直線的なフォルムとコンクリート打ちっぱなしの外壁が、クールでモダンな雰囲気となっています。建物は、南北に延びた敷地を生かした平屋建てで、住まいには5つの大きさや種類の異なる庭が設けられており、室内と外部空間がゆるやかにつながる数寄屋風の住宅となっています。

住宅のイメージは数寄屋

住まいの門を通り抜けると、そこに広がるのはコンクリートの塀に囲まれた外観からは想像できないくらい、開放感のある住まいの内部空間です。中庭とその奥にはガラス開口を通して広々とした室内の様子を見ることが出来ます。住まいは塀に守られているため、外部の視線を気にする必要は無く、完全に家族のプライベート空間となるのが嬉しいですね。そして、コンクリートという重厚な素材を使いながらも、住まいは軽やかな印象を受けます。家を訪ねてきたゲストも、庭を見ながら室内へと通されるので、和風住宅の様に住まいと自然とのつながりを十分に感じられることでしょう。

明るさが気持ちいいダイニング

こちらはリビング側から見たダイニングの様子です。高窓と中庭に面する大開口からの明るさが気持ちいい空間となっています。視覚的にも抜け感があって、外部への広がりを感じる作りとなっています。室内からいつも空の様子をうかがえることも、時間の流れや季節をダイレクトに感じられて、毎日を快適に過ごせるポイントですね。

光と風の通り抜けるリビング

こちらはダイニングと並んでいるリビングスペースの様子です。造り付けの壁収納はテレビ台と一体化して、空間をスッキリとまとまりのあるものにしています。部屋全体がナチュラルで落ち着いた雰囲気に統一されて、とてもリラックスできそうですね。また、ダイニング側の大開口とこのリビング側の大開口によって、室内を通り抜ける光と風を感じながら、自然と一体になったかのように毎日快適に過ごすことが出来ることでしょう。光と風を感じる作りは、まさに数寄屋のイメージを受け継いだ象徴。奥には和室も設けられています。

どこまでも広がって行きそうな芝生の庭

こちらはリビングに面する開口部の外側に広がる庭です。先ほどのダイニング側に広がる中庭とは違い、シンプルに芝生が敷かれ広々としたこの庭は、空を身近に感じられるような開放感があり、とても気持ちが良さそうです。また、芝生のグリーンの色と質感は、建物のコンクリートのクールな雰囲気に柔らかく優しい雰囲気を与えています。

美しい静けさを感じる夜の庭

こちらは夜の中庭の様子です。LDKに面する大きな開口を通して生活の明かりがこぼれ、中庭に美しい静けさをもたらしています。室内と庭が自然につながった快適なこの住まいは、夜は昼間とはまた一味違った美しさがあり、伝統的な和とモダンの良さを合わせ持つ、たくさんの魅力にあふれた数寄屋風住まいということがよく分かりますね。

【平屋については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 平屋の魅力まとめ6選  

※ 平屋と2階建て、どちらを選ぶ?  

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼  

募集ページはこちら

数寄屋をイメージしたコンクリートのお洒落な平屋について、いかがでしたか? コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!