中庭からリビング: 窪江建築設計事務所が手掛けた庭です。

庭を思いっきり満喫できる5軒の家!

K.Matsunaga K.Matsunaga
Loading admin actions …

いつか自分の家を持つことができたなら、合わせて持ちたいのが庭ではないでしょうか。緑や自然と触れ合うことで、暮らしも心も豊かになることでしょう。庭の生かし方や作り方も家によって千差万別。そこで、思いっきり庭を楽しむことができる5つの家をご紹介します。

モダンなコンクリート建築と緑

広々した庭を一面芝生にする計画です。シンプルな庭ですが、青々と茂る頃にはモダンなコンクリートの家とのコラボレーションがとても美しく映えるでしょう。プラソ建築設計事務所が手がけたこの家は、台風の多い沖縄の気候にも耐えやすいコンクリート素材が採用されている家です。シンプルな形状と佇まいながら、ミニマルデザインがモダンで洗練された印象です。

プライベートな空間を存分に楽しむ庭

この家の道路面は、とても交通量が多く視線が気になる環境です。そのため、コンクリートの壁で目線をカットすることで、プライベートが確保された居心地の良い庭が生まれました。窪江建築設計事務所が手がけた、和モダンを感じるスタイリッシュなこの家のリビングは大開口のサッシによって外の空間とのつながりができ、ウッドデッキはリビングと延長して支えるためにぐんと伸びやかに使うことができます。青く茂る芝がとても爽やかで心地の良い空間は、家族が集う笑顔の絶えない空間となるでしょう。

屋上庭園の広がる家

とてもユニークな形状のこの家は、それぞれの部屋をつなぎながら、一部を屋上庭園として使っている例です。外部からこの家のプライバシーを確保するための角度や、開口の大きさは十分配慮され、その代わり内部はのびのびと開放的な空間を生み出しています。工藤宏仁建築設計事務所が「スパイラルルーフ」と名付けたこの家は、屋根から庭園、デッキとまるでスパイラルのような形状が特徴です。屋根の一部を庭園とするとてもユニークな発想により特別感が生まれています。未来的な感覚のこの庭園から中庭を見下ろすのも、ここで家族が成長していくことも思い切り楽しむことができるでしょう。

自分たちだけの「秘密の庭」がある家

Secret Garden: bandesignが手掛けた家です。
bandesign

Secret Garden

bandesign

とある夏にキャンプをしたときの、忘れられない心地よい感覚が叶えられた家。BANDESIGNが提案した、革新的なアイデアを持つ家です。一見ユニークで未来的な形状のこの家の屋上には、「Secret Garden(秘密の庭)」と呼ばれる空間があります。プライバシーを確保しながら、この庭を利用して地熱をエネルギーに使うなど、環境に対しても画期的な方法が取り入れられました。豊かな緑と自分たちだけの庭を思い思いに楽しめるこの庭は、平坦ではなく起伏を設けてより自然に近い感覚を楽しむことが可能です。

コミュニティとプライベートの両方が生み出せる庭

プライバシーを確保してのびのびと暮らしたい、けれど完全にシャットダウンするのはちょっと違う、という想いから生まれたこの庭。家の中から見た最低限プライベートを確保したい部分を除いては、気軽に友人や親戚を招きながら楽しい時間も過ごせるようにとの声からこの丘のような庭が誕生するきっかけになりました。WAA ARCHITECTS 一級建築士事務所は、住まい手の声を聞き日本の家に見られた縁側のような役割を持つ空間を提案。敷地の高低差を利用し、道路からの視線をカットしながらも庭と家がつながり、土手に囲まれた庭の中でコミュニティを育むこともできる理想的な空間が生まれました。

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!