鳳の家 House in Otori: arbolが手掛けた庭です。

憧れの中庭のある家、コートハウスでの暮らし

A.Imamura A.Imamura

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

コートハウスとは、敷地全体を壁で囲んで、建物の内側に中庭のある家を指します。都市部で非常に人気のある住宅デザインで、外観の窓はあまり大きくせずに、中庭に面した窓を大きく取るのが特徴です。京都のウナギの寝床と呼ばれる縦長で中庭を持つ長屋もコートハウスのひとつです。間口の少ない土地で、どれだけ明るく快適な空間がつくれるかというのは、昔からのテーマでもあります。今回は、そんな中庭のある家をご紹介します。

中庭のある家は、近隣からプライベートを保つ

こちらは株式会社細川建築デザインが手がける道後のコートハウスの家。施主の「プライバシーが保たれた中庭を取りたい」という要望に応え、中庭を中心に空間構成が考えられています。リビング、階段、吹抜け、ダイニングキッチン、ワークスペースは、独立性を保ちつつ中庭を取り囲むように緩やかに連続し、中庭から光が各空間へ拡散され居心地のいい空気を作り出しています。家族がそれぞれの場所で過ごしながらも中庭を通してお互いに気配を感じる事ができる繋がりのある中庭のある家が完成しました。中庭のある家は、家族の距離感もつかず離れず心地よい距離感を保ちます。

自然光と風の通るコートハウス

鳳の家 House in Otori: arbolが手掛けた庭です。
arbol

鳳の家 House in Otori

arbol

こちらは大阪の建築家ARBOLが手がける大阪府堺市の住宅密集地に建つ木造2階建ての住宅。都会のような住宅密集地では、プライバシーを確保しながら風と光を住まいに取り込む際、コートハウスがおススメです。こちらの住まいは、この要望に応えて、外側からは開口も駐車スペースの存在感もなくしシルバーのガルバリウム板で全体を囲うデザインにしプライバシーの確保を、風と光の取り込み方については、外観の道路側と中庭側の2カ所にスリットを設けることにより視線を遮りながら風と光が中庭を通り抜け室内に入るようになっています。中庭のある家のメリットは、やはり外部からの視線を遮ることでセキュリティが高く、プライバシーを確保してプライベートな半屋外の空間として楽しむことができる点です。

外と内空間の一体化する中庭のある家

親棟2F、サンルーム: 株式会社nSTUDIOが手掛けたです。
株式会社nSTUDIO

親棟2F、サンルーム

株式会社nSTUDIO

コートハウスは壁に囲まれているため、周囲の環境を気にせずに中庭が使えます。中庭のある家は、庭というよりも、一種の部屋のような使い方ができます。 例えば、こちらの建築家NSTUDIOが手がける「CASA SO」のように、部屋の床と同じ高さになるように中庭に面してウッドデッキを敷いてあげれば、窓を開放すれば部屋と一体にスペースを使うことができるようになります。

写真 : 新 良太

周りの環境に左右されにくい

KaleidoscopeⅢ: 澤村昌彦建築設計事務所が手掛けた家です。
澤村昌彦建築設計事務所

KaleidoscopeⅢ

澤村昌彦建築設計事務所

メリットとして、周りの環境に左右されにくいという特徴があります。新興住宅地や変化の激しい都市部の住宅密集地などでは、住まいの近隣環境が変わることもしばしば。コートハウスは周りの家が建替えたとしても、その影響をあまり受けないという強みがあります。 都市部というのはお隣の家も近いですし、土地としての需要があるため周りの環境というのは常に変化していく可能性があります。 お隣の土地が今後どうなるか予想がつきにくい場合、外部の影響を極力受けず設計することができるので、近隣に左右されない点は大きな魅力と言えます。

コートハウスのデメリットは?

デメリットを挙げると、通常の住宅よりも費用がかかることがデメリットと言えます。家全体を壁で囲うことになるので、その分予算も多く必要になってしまいます。 同じようにメンテナンスのコストも高くなる傾向があります。 外壁面も多くなるので、経年による外壁のメンテナンスや性能が気になる方は、はじめに工務店や建築家と相談しておくと良いでしょう。

少人数の家族向け

Facit Homesが手掛けたテラス・ベランダ
Facit Homes

External Courtyard

Facit Homes

どちらかというと大人数の家族の家というよりも、少人数の家庭の方が向いていると言えるでしょう。その理由は、「面積」の問題です。 都市部の住宅事情の場合、あまり大きくない土地に家を建てるケースが多くなります。その限られた面積の一部を使って中庭をつくる際、家族が多い家庭では、どうしても生活に必要なスペースを確保することがまず最優先となり、中庭のスペースを確保しづらくなります。 あまりに中庭のスペースが小さいと実は採光などの効果がほとんど出ないケースもありえるので注意が必要です。

【中庭やコートハウスについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ コートハウスで都会の暮らしも快適に!その特徴とメリット

 知っておきたい中庭の6つのポイント!  

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀   

募集ページはこちら

中庭のあるコートハウスの暮らし、素敵ですね。是非、コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!