毎日が楽しくなる家5軒!

Y. Y. Y. Y.
Loading admin actions …

皆さんは、自分の家にどういったものを求められますか?ホッとする家、家族の気配が感じられる家、開放感の溢れる住まいなど、家に求められる機能はまさに十人十色ですね。今回の記事では、特に毎日が楽しくなる家5軒を取り上げ、ご紹介したいと思います。

中庭

「毎日が楽しくなる家」のための要素はいくつかありますが、その一つが庭ではないでしょうか。特に中庭は、家の中心部にありながら、外であるという不思議な空間です。中庭を設けることのメリットは、採光、通気性等様々ですが、それ以上に中庭は何といっても楽しい空間でしょう。
空間建築-傳 一級建築士事務所が設計を手掛けたこちらのお住まいは、広々とした中庭に太陽が燦々と降り注いでいます。中庭には木々が植えられており、アイボリーの外壁と、緑のコントラストも綺麗ですね。外からの視線を気にすることなく、家族でゆっくりくつろげること、また小さな子供でも心配することなく、外で遊ばせておけること。プライバシーが守られている環境だからこそ、素敵な時間を満喫できるスペースですね。

ルーフテラス


家の中の外といえば、思いつくのがベランダや屋上。ベランダは第二のリビングとも言われる、ゆったりとした時間を楽しむ場所ですし、屋上は、屋根の上に登るというワクワク感が、大人でも味わえる特別な場所。 東京の建築家、イノウエセッケイジムショが設計を手掛けた「大分の家」は、ベランダと屋上の融合を実現させた、こちらのルーフテラスが何とも印象的です。一般のバルコニーに比べると、とても広々としていますね。テラスには、裸足で歩きたくなるような、木材のフローリングが張り巡らされています。日当たりも良く、開放感も抜群、見晴らしも良いというこの空間で過ごす時間は、特別なものになりそうです。

インナーテラス

4階住居/プライベートリビング インナーテラス: UZUが手掛けたサンルームです。
UZU

4階住居/プライベートリビング インナーテラス

UZU
UZU
UZU

大阪府を拠点に活動する建築家、UZUが設計を手掛けたリノベーションは、店舗付きの住宅。プライベートスペースである4階には、リビングの隣にインナーテラスが設け、ショーウィンドー的な緩衝空間を配しました。もともとは窓から差し込む西日対策だったのですが、インナーバルコニーができたことにより、リビングがさらにお洒落な印象に。半屋外空間であるインナーテラスは、メリットも多く、これから住まいに取り入れる方も増えるのではないでしょうか。外と内を繋ぐ空間は、生活をさらに豊かにしてくれることでしょう。

写真: a.fukuzawa

ボルダリング

ボルダリングを施した壁面:リビングダイニング: atelier mが手掛けたリビングです。
atelier m

ボルダリングを施した壁面:リビングダイニング

atelier m


お子様の居る家庭にオススメなのがこちら。なんとお家の中で、ボルダリングが楽しめます。ボルダリングを施した壁面は、もともと界壁だった壁にも開口をあけ、ロフト部にある子供部屋とLDKが繋げられました。家の中でボルダリングとは驚きですが、壁も石もグレーのため、室内の雰囲気に馴染んでいます。こんな壁があったら、子供はもちろん、大人でも登ってみたくなりますね。

半露天風呂


目の前に広がる水平線、それを眺めながら楽しむ入浴。立地を生かした眺望が魅力的なこの空間は、井上洋介建築研究所によって設計が手掛けられた熱海の別荘のバスルームです。浴室の向こう側はテラスになっており、窓を開け放つとさらに開放感が増しますね。入浴後テラスに出て、潮風を楽しむの良し、星空の下お風呂に浸かるのも良しと、色々な楽しみ方が味わえる贅沢な空間です。

お好きなアイディアは見つかりましたか?コメントをお待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!