大黒柱と梁材は、中古材: (株)独楽蔵 KOMAGURAが手掛けたリビングです。

アンティーク部材や建具を取り入れたオリジナルな家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

是非参考にしたいアイデアがいっぱいの住宅を紹介します。リノベーションでは既存の部材をそのまま残して味のある空間を作りやすいのですが、新築でもそれが可能なんです。今回はクラアント自ら調達した古材、アンティークの建具や照明を現場でうまく調整しながら新築建物に融合させたどこか懐かしい雰囲気の漂う住宅。さっそく見てみましょう。

三角屋根が里山風景とぴったり

東京郊外の自然豊かでのどかな場所に建つこの家は、住宅を中心とする建築とその周辺の環境をデザインしている設計事務所・独楽蔵によるものです。ライトグレーを基調とした外観と三角屋根が重なり合うその可愛らしい形態が山に囲まれた環境によく馴染んでいますね。周囲は開けており、太陽の光が十分注ぎ込み、また風の抜ける恵まれた立地です。

素朴さを引き立てるラフな仕上げ

アンティーク部材と塗装仕上げの家: (株)独楽蔵 KOMAGURAが手掛けた家です。
(株)独楽蔵 KOMAGURA

アンティーク部材と塗装仕上げの家

(株)独楽蔵 KOMAGURA

ラフなモルタル仕上げの外壁と新規に製作した白木の窓枠や建具が暖かみのある雰囲気を出しています。上階部分は杉板の南京下見張りとし、そのテクスチャーによって外観にまた違った表情を与えています。暖かい雰囲気の家庭を想像させるような屋根から飛び出した煙突がアクセントとなっています。

アンティークの木製玄関ドア

アンティーク部材と塗装仕上げの家: (株)独楽蔵 KOMAGURAが手掛けた廊下 & 玄関です。
(株)独楽蔵 KOMAGURA

アンティーク部材と塗装仕上げの家

(株)独楽蔵 KOMAGURA

こちらは玄関ドアです。クライアントが調達した大変趣きのあるアンティークの建具でべビーブルーがグレーの外壁や白い窓枠にぴったりですね。新築だけれども竣工した瞬間からすでに長い間そこに存在していたかのような佇まいを見せてくれ、家族の生活にしっくりと馴染んでいるのが古材を利用する醍醐味と言えるでしょう。

古材と新材が融合した空間

大黒柱と梁材は、中古材: (株)独楽蔵 KOMAGURAが手掛けたリビングです。
(株)独楽蔵 KOMAGURA

大黒柱と梁材は、中古材

(株)独楽蔵 KOMAGURA

中を見てみましょう。天井を始め、内部は基本的に塗装のみで仕上げています。そのラフさが自然で飾り気のない空間を作り上げ、随所に取り入れた古材や古建具を引き立ててくれます。古材の柱を中心に梁には古材と新材を組み合わせ、真っ白にペイントした高さを出した居室が出来上がりました。シーリングファンが懐かしい雰囲気を醸し出しています。

是非取り入れたいアイテム- 薪ストーブ

リビングの隅に設置された薪ストーブです。ストーブの周りは鉄板とコンクリートでシンプルに仕上げています。新規の建具とアンティークのドアに囲まれた落ち着いた家族の団らんの場が出来上がりました。色目が大胆に異なる床材が空間にメリハリを持たせています。どんな家具が設えられるのか楽しみですね。

いろいろな窓

アンティーク建具と新しい建具: (株)独楽蔵 KOMAGURAが手掛けた窓です。
(株)独楽蔵 KOMAGURA

アンティーク建具と新しい建具

(株)独楽蔵 KOMAGURA

窓を様々な位置に設定することで、外部との対話に多様性が生まれます。周囲の風景を取り入れながら、空間全体に光が行き渡るよう、居室間にも開口を設けるといった工夫がされています。アンティークの建具や窓を採用するだけで、空間がぐんと親しみのある優しい雰囲気に演出されるので是非参考にしたいですね。

キッチンとリビングダイニングをつなぐ工夫

開放的なリビングダイニングと隔ててキッチンスペースを配置しています。両方の空間を隔てる壁に黒枠のお洒落なアンティークの窓を設けることで、お互いの気配を感じたり、採光を確保する工夫がされています。モザイクタイルで仕上げたワークトップ周囲の壁面がレトロな雰囲気をいっそう出しています。ステンレスの機能的かつシンプルなキッチンはモダンでありながらどこか懐かしい印象をも与えてくれます。

レトロなエレメントが作り出すお洒落な空間

アンティーク部材と塗装仕上げの家: (株)独楽蔵 KOMAGURAが手掛けた浴室です。
(株)独楽蔵 KOMAGURA

アンティーク部材と塗装仕上げの家

(株)独楽蔵 KOMAGURA

もう一つ水廻り空間を見てみましょう。直接壁付けのレバーハンドル式の蛇口や飾り気のないシンプルなシンクがレトロな雰囲気を醸し出していますね。天井の造りがリノベーションのような印象を与えますが、新築でもこういった空間づくりが可能なんです。

暖かみのある家づくりはこうして実現させる!

アンティーク部材と塗装仕上げの家: (株)独楽蔵 KOMAGURAが手掛けたガレージです。
(株)独楽蔵 KOMAGURA

アンティーク部材と塗装仕上げの家

(株)独楽蔵 KOMAGURA

古い建具や部材を随所に使い、新しいエレメントとうまく融合させた懐かしい雰囲気のある住宅です。天井懐をオープンにして空間に奥行きを持たせたり、部材を生かした棚の造作など生活を豊かにしてくれる要素がちょっとした工夫でプラスされた空間づくり、是非取り入れたいアイデアがいっぱいですね。

古いものと新しいものを素敵に組み合わせた懐かしい雰囲気の家、皆さんどう思いましたか?
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!