箱のズレによって生まれた素敵な空間!お洒落で個性的な家「BOXBOX」

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、変形敷地を上手に生かして建てられた家族の住まいです。2つのボックスをずらして配置することで、個性的な外観のデザインだけでなく、住まいにたくさん快適なスペースを作ることに成功しています。「BOXBOX」と名付けられたこのモダンな住まいを手掛けたのは、愛知県を拠点に活動するH建築スタジオです。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

2つのボックスがずれて生まれた個性

外観(北面): H建築スタジオが手掛けた家です。
H建築スタジオ

外観(北面)

H建築スタジオ

クライアントさんの家族は、ご夫婦と2人の小さいお子さんがいる4人家族。住まいは、2つの道路に挟まれた変形敷地に、その形状に合わせて2つのボックスをずらすように建てられた木造2階建ての家となっています。白を基調とした外壁の建物と、ゆったりとした駐車スペースが2つのボックスにうまくはまる様に設けられ、敷地の難しい条件を全く感じさせない個性的でモダンな印象の住まいです。

ズレもお洒落なデザインに

アプローチ: H建築スタジオが手掛けた家です。
H建築スタジオ

アプローチ

H建築スタジオ

こちらはアプローチ部分の様子です。玄関までの階段部分の重なりが、変形敷地によって出来たズレを上手く調整するかように存在し、かつデザインの一つとしても成立していて、違和感なく玄関へと人を導いてくれます。2つのボックス型のズレがポジティヴに作用して、変形敷地に建つこの住まいの玄関をさらにお洒落で個性的なものとして見せることに成功しています。

開放感のあるリビング

こちらは1階リビングの様子。天井は吹き抜けとなっており、開放感がありゆったりとリラックスできる空間となっています。また、この吹き抜けは1階と2階空間をつなぎ光や空気の流れを住まいに作る他、各階にいる家族のお互いの気配を感じやすくしてくれます。誰かがリビング横の階段を上っていく時に、リビングから声をかけやすい雰囲気があるのもいいですね。たくさんのグリーンが置かれているインテリアが、殺風景になりがちな白い室内空間に彩りを加えているのも印象的です。

1階を見渡せるキッチン

キッチン・ダイニング: H建築スタジオが手掛けたキッチンです。
H建築スタジオ

キッチン・ダイニング

H建築スタジオ

こちらはキッチンから見た1階部分の様子。こうしてみると、1階全体が白を基調としたさわやかで明るい空間となっているのが分かります。また、白をベースに作られたキッチンもとてもモダンでかつ清潔感があり、作業スペースも広々として使いやすそうですね。ダイニングとの距離も近く、料理の作業中もダイニングやリビングにいる家族と気軽に会話が楽しめそうです。また奥様が長時間キッチンに立っていても、ダイニングやリビングだけでなく、階段、そして窓の向こうに広がるテラスまで見渡すことが可能なので、家族の様子を常に確認することが出来て安心です。

光と風を感じるモダンなテラス

1階のテラスを中心とした住まいの様子です。タイルが敷かれモダンな雰囲気のこのテラスは、真南に位置したLDKの開口部に面しているため日当たりが抜群。光と風を感じながら、ここで食事を楽しんでも気持ちが良さそうですね。キッチンからもすぐに目が届く距離なので、奥様がキッチンで料理中の時も、ここで過ごす家族も様子がうかがえるので安心です。

子供たちも大好きなルーフテラス

ルーフテラス(デッキテラス): H建築スタジオが手掛けたベランダです。
H建築スタジオ

ルーフテラス(デッキテラス)

H建築スタジオ

こちらは開放感にあふれたルーフテラスの様子です。ウッドデッキとなっており、木の質感が素朴で優しい雰囲気です。この屋上バルコニーは塀で囲まれているため、他人の目を気にせずに家族は青空の下でのびのびと過ごすことが出来ます。たまに家族で一緒に食事をしたり、友達とお茶をしながらおしゃべりをしたり、また子供たちはここを遊び場として利用するのもいいかもしれません。彼らにとっても、このルーフテラスは住まいの中できっとお気に入りの場所となっているのではないでしょうか。

2つのボックスがずれて生まれた個性的な住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!