湖風の家 書斎テラス: アーキシップス古前建築設計事務所が手掛けたベランダです。

自然を感じながら過ごす毎日を!ナチュラルで優しい家族の家

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、自然素材の気持ちのいい室内空間と、光と風を感じる屋外空間が緩やかにつながった家族の家です。書斎やキッチンなど随所にこだわりが感じられつつも、一体感のあるナチュラルな雰囲気の住まいは、家族にいつも健やかで快適な生活を導いてくれます。この住宅を手掛けたのは、京都を拠点に活動するアーキシップス古前建築設計事務所です。一体どんな住まいになっているのでしょうか? さっそく詳しく見て行きましょう!

夕暮れに美しく佇む住まい

街中に近いにもかかわらず、自然の気持ち良さも感じられるという恵まれた地域にあるこの住まい。しかし、周囲には他の住宅が立ち並び、住まいの敷地は、奥行きに段差があり、間口は高低差があるという状況でした。そしてこちらが夕暮れ時の住まいの外観。南に面した大きな開口から優しい生活の明かりがこぼれ、敷地の条件の難しさを全く感じさせない、美しく上品な佇まいをしています。屋根には太陽光発電パネルを設置し、環境や省エネにも配慮した住宅となっているのもポイントです。

大きな本棚が特徴的な書斎

こちらは1階にある書斎の様子です。玄関から入って、廊下を通りこの部屋へとたどり着きます。目を引くのは、何と言っても天井の高さまで届く大きな本棚。高さは2.4m、幅は2.7mあります。さらに、階段の背後にも棚が設置されているので、どんなに物持ちの方でも安心の収納力ですね。床、本棚、階段に木材が使われ、その素材感が優しい室内空間の雰囲気を作り上げています。

光と風が気持ちいいテラス

こちらは書斎からテラスまでを見た様子です。書斎には大きなカウンターデスクを設置し、ゆったりとパソコンなどで作業が出来ます。上部には便利な棚も造り付けられています。また、書斎の大きな窓を開け放つと、このようにテラスと一続きの空間に。天気のいい日は、このテラスで光と風を感じながら、屋外リビングの様にくつろいだり読書に没頭したり出来る、気持ちのいいスペースとなっています。

2階は家族の空間に

こちらは2階にあるLDKの様子です。その他2階にはバスルームがあり、主に家族のための空間として作られています。仕切りのない広々としたこの2階空間は、1階と同じくナチュラルモダンの優しく柔らかな雰囲気のインテリアで統一され、自然と家族に笑顔と安らぎの毎日を与えてくれていることでしょう。

自然を感じるリビング

こちらはリビングスペースの様子です。大きな開口の向こうには豊かな緑がのぞめ、木の香りが漂うようなナチュラルなインテリアに更なる彩りを添えています。また窓枠部分は太めに作られており、ちょっとしたときに窓辺に腰掛けることも可能です。シンプルで使いやすそうなテレビ台は、大工さんによる手作りのもの。幅が広く余裕がある作りで、置く家電のサイズに悩む必要はなさそうです。

こだわって作られたオーダーキッチン

こちらはキッチンの様子です。L字型のオープンキッチンはオーダーメイドで作られました。側面には、床材と合うような明るい木の色味を、上部には人工大理石が使われています。シンク部分が黄色になっているのもユニークですね。また、キッチンは調理機器や食器類、カトラリー等を細かく区切って収納できる引き出しを設け、使いやすく効率のいい作りです。この自分好みのキッチンで毎日料理をするのが楽しみで仕方がない、そんな気にさせてくれる便利でお洒落なこだわりのオーダーキッチンです。

自然を感じる優しい家族の家について、いかがでしたか? コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!