家族が集うためのダイニングスペースのアイデア! | homify | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3646:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

家族が集うためのダイニングスペースのアイデア!

K.Matsunaga K.Matsunaga
森林公園の家 モダンな キッチン の HAN環境・建築設計事務所 モダン
Loading admin actions …

家族や友人たちと集うダイニングスペースは、心地よく使いやすくありたい場所ですよね。でも大きな家具を探したり、限られた空間にそれだけを重視するのはなかなか難しい場合もあるでしょう。家づくりならではの、ハード面から考えられたらより空間を有効的に利用できます。今回ご紹介するのはダイニングスペースのアイデア。キッチンとの関連性やリビングとのつながり、フレキシブルに使えるレイアウトなど、ぜひ家づくりの参考にしてみてください。

広々としたカウンターのあるキッチン

キッチン(新築) オリジナルデザインの キッチン の エヌ スケッチ オリジナル
エヌ スケッチ

キッチン(新築)

エヌ スケッチ

エヌ スケッチの手がけたこちらの家は、離れのある住まい。新築と、もともと受け継がれている家の座敷を離れとして残し、伝統と新しいライフスタイルを両立させた住宅です。新築側では、昔ながらの日本家屋の間取りとはまた違い、リビング、ダイニングキッチンがつながりのある広々とした空間を実現しました。キッチンとダイニングテーブルのある部屋とリビングは引き戸で締めても解放させても使うことができるフレキシブルなレイアウト。壁付キッチンとつながるカウンターを設け、たっぷりの収納と広々とした使いやすいスペースがポイントのキッチン空間に仕上がっています。

大きな無垢材の板を使ったキッチン&ダイニング

藤原・室 建築設計事務所の手がけたこちらの家は、「玄関のない家」。引き違いのサッシからキッチンの土間に入るという珍しいスタイルを採用。キッチンは全体に土間となっており、吹き抜けの開放感を活かした空間にはどっしりとした無垢材のカウンターをあしらったキッチンがシンボル的な存在。この「島」を囲んで子供達との交流が生まれたり、軽い食事やバータイムを楽しめる楽しい空間です。一段上がったリビングのスペースも様子を見ながら調理ができたりと、つながりを持ちながら家族が思い思いに過ごすことができるプランとなっています。

キッチンを家具のように作る

石井秀樹建築設計事務所の手がけたこちらの家は、グラフィックデザイナーご夫婦とご両親の二世帯住宅です。一階を親世帯住居、二階を子世帯住居としたレイアウト。こちらは親世帯住居のキッチンです。広々とした吹き抜けは一階と二階をつなぎ、ときには一緒に会食を楽しむこともできるでしょう。一段下がったキッチンとダイニングテーブルがひとつながりになるようにデザインがなされたオリジナルキッチンは、すっきりとまるで家具のようにインテリアに調和します。背面のスペースに家電や火元をすっきりとおさめ、まるでカフェやダイニングのような空間が実現しています。

明るく広々とした開放的な空間

株式会社建楽設計の手がけたこちらの家は、隣接して建物がある敷地に建つ住まいです。南側に大きな二階建てがあることから、採光の確保をすること、西日の対策をどうするかが課題となりました。西側には庇を設け、二階にLDKを配置することでこの問題を軽減。主要なLDKを二階に配置することで、天井を高く開放的な空間に仕上げることができました。L字の対面キッチンに大きなダイニングテーブルを配置し、ぐんと広々とした雰囲気が魅力的なインテリアに。高い位置に窓があるため、周囲からの視線の心配をすることもありません。一見マイナス要素が強い敷地環境でも、光と木がたっぷりの心地よい空間が生まれました。

木に包まれたような住まい

HAN環境・建築設計事務所の手がけたこちらの家は、日射遮蔽や採光、通風、排熱など自然の恵みを生かしたパッシブデザインを取り入れた住まいです。一階の半分以上を土間とし、冬の日差しを蓄える工夫や温水床暖房を配置した土間で快適な住環境を実現。インテリアにも無垢の木材がたっぷりとあしらわれました。土間と一段上がったリビングの間に、キッチンとテーブル用のカウンターが設けられました。片側は小上がりから座って使うことができ、もう片側は椅子を配置して床座と椅子座がそれぞれ使えるように工夫されたレイアウトが魅力です。大きなスペースが必要なレイアウトも、段差を活用することで家の中にすっきりと調和するようデザインされました。


の FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!