未来を感じさせる個性的な家5軒!

K.Matsunaga K.Matsunaga
Loading admin actions …

住宅の外観は住まい手の個性をつくり、街の個性をつくります。アイデアによって出来上がる個性は無限大。思わず「こんな家に住んでみたい!」と思ってしまう、個性的な家を5軒ご紹介します。素材や魅せ方によって住宅の可能性はどんどん広がります。

二世帯住宅が作る小さな都市

まちかどのある家: SPEACが手掛けた家です。
SPEAC

まちかどのある家

SPEAC

中庭のデッキが印象的なこの家は、SPEACが手がけた二世帯住宅です。隣り合っているようで適度な距離感は、この路地のような中庭が生み出しています。二世帯住宅では、お互いの年代の違うことでライフスタイルも違うため、何かと気を遣うこともあるでしょう。お互いの共通のリビングにもなるこの中庭は、適度な距離感と居心地の良さを生み出し、まるで小さな都市のように家族同士の繋がりを作ります。ゲストを招きやすい動線や、豊かな緑を育む植栽スペースがこの家の可能性を無限に引き出しています。

神秘的なヴェールに包まれた家

まるで水の膜に包まれたような不思議な姿は一目見ると忘れられません。STUDIO PHENOMENONが手がけたこの家は、イギリス人大学教授の研究のためのスタジオや交流ができる場としても兼用できる住宅です。外観のヴェールはステンレスメッシュという素材が採用され、外部と内部の境界を曖昧にしながら防犯性も高める効果があります。風によって決まった形を持たず、日中や夕陽の光、夜のライトアップと見るたびに神秘的で豊かな表情を見せるまるでアート作品とも言えるプロジェクトです。

天体観測を楽しむための家

天体望遠鏡のある家: tai_tai STUDIOが手掛けた家です。
tai_tai STUDIO

天体望遠鏡のある家

tai_tai STUDIO

夜空の星を眺めながら、遥か宇宙の神秘に想いを馳せる夜、それが自宅でできたならどんなに素敵でしょうか。TAI_TAI STUDIOが手がけたこの家は、天体観測用のドームを備えています。住まい手の想いは、ワインや食事を楽しみ、そして本格的な天体観測ができるような家でした。右手に見えるドームの場所に本格的な大口径のレンズを持つ天体望遠鏡が設置され、まるで科学館を思わせる外観となっています。デリケートな天体望遠鏡を支えるための構造にも配慮されました。別室には断熱や調湿も可能なワインセラーも完備され、ロマンチックな夜を過ごすことができます。

未来を感じる宇宙船のような家

ボートハウスの外観2: 土居建築工房が手掛けた家です。
土居建築工房

ボートハウスの外観2

土居建築工房

一見宙に浮いたような姿がインパクトのある住宅です。この家が建つ場所は、過去に浸水の災害があったことから、その心配を軽減できるようにと宙に浮かせる計画がなされました。土居建築工房はこの家をボートハウスと名付け、浮遊するエコな平屋住宅と定義しています。オープンで開放的な住まいを望んでいた住まい手の想いにより、全面ガラスの外観が実現。Vの字のポールで支えられる未来的なシルバーカラーの佇まいは、まるで宇宙船の出航を思わせます。

エコロジーな素材でできた洞窟のような家

まるで遊牧民の家のような佇まいのこの家は、高温多湿な南九州に建築されました。住まい手は、この環境と繋がりを持ちながらエネルギーに頼らずに暮らすことのできるエコロジーな暮らしを望んでいたとのこと。ARAY ARCHITECTUREが提案したこの家の主たる素材は、シラス台地のシラスが元になった人造ブロックです。軽量で多孔質の特徴があるこの素材は、十分な強度を持ちながら断熱性や調湿効果、蓄熱性など優れた環境をもたらします。自然素材の温かみのある風合が、この家の素朴で優しい表情を引き出しました。夏は涼しく冬は暖かく人工的なエネルギーになるべく頼らず、体と環境に優しい住まいが出来上がりました。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!