愛知の友紀建築工房が手がける「Two of Us」ー お互いの体温を感じながら暮らす家 | homify | homify
Error: Cannot find module './CookieBanner' at eval (webpack:///./app/assets/javascripts/webpack/react-components_lazy_^\.\/.*$_namespace_object?:3566:12) at at process._tickCallback (internal/process/next_tick.js:189:7) at Function.Module.runMain (module.js:696:11) at startup (bootstrap_node.js:204:16) at bootstrap_node.js:625:3

愛知の友紀建築工房が手がける「Two of Us」ー お互いの体温を感じながら暮らす家

A.Imamura A.Imamura
TWO OF US モダンデザインの リビング の yuukistyle 友紀建築工房 モダン
Loading admin actions …

愛知の友紀建築工房が手がける片流れ屋根のモダンな家は、LDKを中心とした非常にシンプルな間取りで構成されています。壁や廊下のない「Two of Us」と名付けられたこの家は、自然なコミュニケーションを家族間で育めるシンプルな動線とお互いの体温を感じながら暮らせる距離感が魅力です。

リズミカルでモダンな片流れ屋根の外観

愛知の友紀建築工房が手がけるこちらのモダンな住まいは、黒い窓枠と片流れ屋根の組み合わせがシャープな印象の外観デザインです。通常、片流れ屋根は間口が広い場合に外観のバランスが崩れやすい特徴がありますが、こちらは大きな開口部のある一階を広く、二階を小さくするなど家の重心が低くとることで全体のバランスが綺麗に整うようにデザインされています。

吹き抜けと大きな窓で外との繋がりをつくる

一階のLDKは、大きな吹き抜けとする事で明るく開放的な印象です。上部にも窓を設けることによって室内に太陽の光が差し込みあたたかな空間になります。庭を第二のリビングとして、外との繋がりを感じられる家に住みたいという人から特に人気の高いデザインです。

モノトーンと木目調天井でつくる個性

室内はブラックウォルナットの床材と白の壁紙で外観同様にスッキリとしたモダンな印象に仕上げています。天井もブラックウォルナットの床材の同系色で仕上げらてシックな印象に。木目調の天井は視線を奥へと誘い空間の奥行をさらに広げてくれます。また陰影ができることでよりドラマティックな空間になり個性的なインテリアをつくり易くなります。

ミニマル階段のスタイリッシュな魅力

こちらの階段は、片持ち階段とシンプルモダンな黒い手摺で意匠を凝らしたデザインがLDKにスタイリッシュな印象を加えています。非常にシンプルで、横から見るとまるで宙に浮いているような印象に仕上がっています。このようなデザインは「直階段」と呼ばれ、小さなスペースに収まり易くミニマルな階段デザインの中でも人気デザインの一つです。

いつでも家族の気配を感じられるロフト

高い天井を活かしてロフトをレイアウトできるのが片流れ屋根家の魅力です。二階からの眺めも良く開放感があるので、毎日快適に過ごせそうです。また上部とLDKとの一体感があるので、お子さんの遊び場としても活躍しそうですね。

吹き抜け天井にシーリングファンの魅力

シーリングファンは吹き抜け天井と相性の良い素敵なインテリアです。またシーリングファンをつけることで室内空気の循環ができ室温調整にも役立ちます。吹き抜けの家は、天井が高い分暖気は上に、寒気は下に溜まりやすくなっています。シーリングファンは部屋の空気を攪拌して部屋全体の気温を均一にしてくれるので、同時に省エネ効果も期待できます。

家族の気配を感じながら暮らせる住まいの魅力は如何でしたか?是非、コメントを書いて下さい!
の FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!