静岡の家 case0007: 岩川卓也アトリエが手掛けた家です。

山並みに溶け込む、ゆったり平屋の家

Kanako.K Kanako.K
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

余生を過ごすには平屋の住宅の方が身体への負担は少なく、住居内で起こりうるケガのリスクも低く快適に過ごせるかもしれません。家族構成によっては二階建にしないと部屋数の確保など様々な問題とぶつかるかもしれませんが、今回ご紹介するのは夫婦にお子様お一人の家族の住まい。自然豊かな環境に木のぬくもりが溢れるゆったりとした雰囲気の平屋住宅です。岩川卓也アトリエが手掛けたこちらの住まいは山並みに溶け込むような優しいファサードを持った気に包まれるような平屋の住宅。昼間には自然光の明るい住空間、夜には暖かな照明と木の素材感が雰囲気のいい空間を演出してくれます。

山並みを取り込む自然の中の外観

敷地があるのは、年間を通して比較的温暖で富士山を身近に感じることのできる静岡県。太平洋からの潮風と富士の裾野の緑豊かな山々に囲まれるゆったりとした場所です。最初に目に飛び込むのはトーンを抑えたナチュラルな木柵に包まれた外観。背景の山並みに溶け込むように平屋の外形と、風景とが違和感なく馴染む装いです。ちょっぴりモダンな雰囲気も感じる外観は外部からの視線を濁してくれるようなデザインに。

外部とゆったり繋がる住空間

室内に踏み込むと広がるのは今にも木の香りが漂ってきそうな程の木素材が使われたナチュラルな空間。白い壁に一層際立つ床や天井、建具などの木素材。L字型でつながるリビングとキッチンには縁側のような緩衝空間が設けられています。ガラスの建具で覆えば住空間と自然が緩やかにつながり豊かな住空間に。外部とダイレクトに繋がるようでコントロールのできる空間は風や光、温度を快適に保つことが可能に。

気配を感じる温かなリビング

リビング側から見通す室内。ハイサイドライトからの採光が空間に気持ちよく広がる明るい空間です。ホワイトベースのリビング天井は空間に一層広がりを感じることもできます。大きく確保された開口はローカウンターの高さに合わせたゆったりとした雰囲気を感じる仕様に。ソファに腰を下ろした目線高さでもキッチンまで見通すことのできる空間は家族の気配と暖かな雰囲気を感じることができます。

山並みを切取る眺め

シンプルな寝室からは山並みを望む眺めのいい空間。自然に馴染みやすい配色でまとまった室内インテリアから、山並みの緑を身近に愉しむ事ができます。平屋でありながらも、程よい高さの木柵と景色のバランスは開放感を感じることも。晴れた日の朝、起き抜けの視線に飛び込む景色がこんな景色だったら、一日のエネルギーを充電できそうな眺めですよね。

ホッコリする住空間に

夕暮れになると室内を灯すのは木目によく合う暖色の明かり。軒先まで暖かな光の零れる住まいは縁側に居てもなんだかホッコリとできる住空間です。冬場にはコンパクトながらも暖房能力に優れた薪ストーブがじっくりとキッチン・リビングを温めてくれることでしょう。大きな開口窓、寒暖の差でガラスが曇りだしたら一層冬場の雰囲気を愉しめる住空間に。四季を通して自然のエネルギーや変化を感じられる快適で豊かな住空間です。

【平屋については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 平屋の魅力まとめ6選   

※ 平屋と2階建て、どちらを選ぶ?   

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼   

募集ページはこちら

山並みの気持ちのいい眺めを愉しめる住まいでしたね!気が付いた事があればコメントを下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!