風景に馴染むモダンなミニマルハウス

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

ポルトはポルトガルの首都リスボンに次ぐ第二の都市。最近は成長しつつあるアートや音楽シーンにおいて注目されている勢いのある街です。そんなポルトにOlgafeio Arquitecturaによって建てられたのがこちらの住宅。ミニマルかつ自然に馴染むデザイン、静けさを感じさせる室内は独特の魅力を放っています。詳しく見ていきましょう!

外観

こちらが外観全体像。構成はとてもシンプルな直線で、部分的に大きな開口部が取られています。傾斜地に建てられているため一部が浮いているように見えるユニークなポイントも。外観同様シンプルでフラットな舗装で室内の延長としても機能するテラスは、テーブルセットを置けば屋外ダイニングとしても利用できます。

直線的でフラットなデザインが一般的なミニマルデザインは自然から浮いてしまうのでは?という概念を覆し、周囲の風景に統合されたどこか幻想的な雰囲気を纏っている住宅です。

​裏手外観

反対側から見た外観です。先ほどの写真とは異なり、大きな石材を積んだ壁がとてもワイルドかつラスティックな印象。青青とした芝生が敷き詰められた庭も石壁と相まって、自然を感じさせる外部エリアとなっています

ガレージ

こちらはガレージ。正方形にカットした花崗岩を敷き詰めた床は、ざらざらとした質感とナチュラルな色を生かして。ライトグレーのフラットな壁という対照的な要素を合わせることでお互いを引き立てています。明るい木材の扉も魅力を追加しています。

パノラマウィンドウ

室内は白い壁と天井、明るい色味のフローリングという外観同様ミニマルなデザイン。そんなミニマルな空間で目を奪われるのは横に長いパノラマウィンドウです。豊かな森や街を遠くに臨む、壮大な風景が切り取られること無く目に飛び込んできます。この景色があれば室内の装飾は必要ありませんね。

バスルーム

バスルームは奥行きが深い空間。一番奥のシャワールームは仕切り壁をガラスにすることで、入り口から窓の向こうの風景まで真っ直ぐに視線が伸びる、とても開放的で広々とした印象のバスルームとなりました。白を基調に水色のタイルと木材のキャビネットを加えた爽やかで清潔感のあるデザインです。

光と影

広々とした室内ですが、それぞれの空間はうまく接続され空気と光が循環しています。ミニマルなデザインでありながら、木材を床や壁に使用することで温かみや穏やかさを、そして開放的過ぎず効果的に配された開口部から射し込む光が、静けさを感じさせる美しい陰影を室内に描いています。

ミニマルかつ風景に馴染んだ家、いかがでしたか?ぜひ感想を教えて下さいね。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!