テラスのある終の棲家

JUTO JUTO
Loading admin actions …

終の棲家にも色々あります。自然の中でゆったりとした暮らしを望む人、都会の利便の良い立地で快適に暮らしたい人、バリアフリーの平屋住宅、オール電化の快適住宅等様々なライフスタイルに合った十人十色の住宅が考えられますね。本日紹介するのはテラスを生活空間の一部として取り囲む3階建ての都市型住宅です。アーキプレイスが手がけた多様な空間を構成する住宅、さっそく見てみましょう。

街区に馴染むシンプルな箱型

シンプルな箱型の形態を持つこの住宅の外壁には窯業系サイディングと耐久性のあるガルバリウム鋼板の2種類の素材を採用しています。面で揃えた開口部がすっきりとした外壁を作り出しています。3階建て住宅だと一般的な住宅地では圧迫感を与えがちですが、フラットでありながらもテクスチャーのある外観はその控えめな表情によって周辺環境にだんだんと馴染んでいくのではないでしょうか。

表情豊かなファサード

道路から直接アプローチする配置ではないのですが、街路空間に向って程良い対話を生み出す 開口を設け植栽を施すことでいい感じの抜け感を出していますね。ガルバリウム鋼板に映る刻々と変化する陰影が外壁に異なる表情を作り出します。どちらかと言うと閉鎖的な外観ですが、プライバシーを確保した明るい内部とは対照的な印象を与えるクールな外観はちょっとしたランドマーク的な存在なのでは?

借景を取り入れる

駐車スペースから周りこんでアプローチする玄関口です。同色系のタイルで玄関ポーチと三和土に連続性を持たせたミニマルなエントランスです。ダークな色と白色の壁のコントラストがモダンな雰囲気を醸し出しています。なるほどドアを開けた時前述の道路に向って設けられた開口が借景となる粋なアイデアが盛り込まれています。出かける際にドアを開けるとこんな素敵な景色が飛び込んでくるんです。

ミニマルな玄関周り

削ぎ落とされたデザインの吊り階段です。軽やかな金属製の踏板とリズミカルな吊り材がモノトーンが生み出すミニマルな空間にアクセントを与えると同時に下駄箱と色調を合わせることで統一感を出しています。上がり框を最小限にし、バリアフリーにも対応したデザインは終の棲家にとって重要なポイントの一つですね。

立体感のある空間構成

主な生活空間を2階に配置しています。南東に設けたテラスと一体化するようなデザインとなっています。黒枠の開口が白とブラウンを基調とした空間にシャープさを加えています。3階との間にはガラス壁を設けゆるやかに異なる階をつなげており、微妙な段差によって生まれる空間の奥行きと立体的な広がりを持った住宅なんです。

ブラウン系でまとめたリビング

天井を木張りとしやリビング空間は落ち着いた雰囲気を持っていますね。また暖かみのあるソファや壁付けのテレビ台などもダークな色調に統一し、長い人生を歩んできたクライアントであるご夫婦にふさわしいインテリアではないでしょうか。

段差で生じる視線の差異

実は1階はクライアントの仕事場となる音楽室があり、その関係で生じた床の段差がオープンなプランの生活空間を柔らかく仕切っています。こちらのスペースはダイニングキッチンですね。 見た目もすっきり、機能性抜群のセミオープンなキッチンが配置されているんです。ちょっとした段差によってテラスとの関係性や視線も変わる多様な空間体験が可能、そしてテラスからの光や風も気持ち良く注ぎ込む空間全体がつながるような計画となっています。

室内化したテラス

この住宅の中心とも言えるテラスは壁や庇で囲い込むことで室内化を試みています。つまりリビングの延長としてプライバシーを確保しながら自然の移ろいを感じることのできる外部空間を設けました。これからクライアントはこのテラスで多くの時間を過ごしていくのでしょうね。

終の棲家といってもアクティブなライフスタイルをもつクライアントの家、皆さんどう感じましたか?
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!