LIGHT  COURT  HOUSE: MITSUTOSHI   OKAMOTO   ARCHITECT   OFFICE 岡本光利一級建築士事務所が手掛けたダイニングです。

ライトコートとルーフバルコニーが豊かな住空間をつくる

JUTO JUTO
Loading admin actions …

本日はGOOD DESIGN AWARDを受賞した住宅を紹介します。約54坪ほどの比較的ゆとりある敷地に建つ木造住宅で、閉鎖的な外観とは相反してライトコート(中庭)によって居室に光が行き渡る気持ちの良いこの住宅はMITSUTOSHI OKAMOTO ARCHITECT OFFICEが手がけたものです。ではさっそく詳しく見ていきましょう。

プライバシーと防犯に配慮した外観

前面道路に面したファサードです。プライバシーの確保と防犯上の理由からやや閉鎖的な外観を採用しています。なるほど開口も少なく外から間取りがわかりづらいようになっていますが、上階のテラスの一部を磨りガラスにするなど気の利いたアイデアが取り入れらています。

閉鎖的でも親しみのあるファサードにするには?

塀のない開放的な前庭を設け、閉鎖的な建物でありながらも街並に対して親しみやすい雰囲気を出しています。シンプルな外構がクールでモダンな佇まいにぴったりですね。赤い愛車はビルトインガレージにぴったり収まっています。

内外空間を結ぶ長い玄関アプローチ

ビルトインガレージの脇が玄関アプローチとなります。道路に面した壁にスリットを設けているので、周囲の環境と程よく対話を生み出し、また採光も確保できます。長い玄関アプローチは高級感を演出するだけでなく、そこを移動する間に家の内外を区切る心理的な変化を助長する空間でもあるのです。

照明効果

玄関アプローチの横にはこの家の中心とも言えるライトコートが配置されています。植栽された木が上階まで伸び、室内に自然を取り込むことができます。玄関アプローチにはさりげなくフットライトが十分な光を供給し、ゆったりとした空間を贅沢に演出しています。

テラスで過ごす至福の時間

この家の二つ目の特徴と言えるルーフバルコニーです。視線を気にすることなくプライベートな外部空間において刻々と変化する空の表情を楽しむことができますね。昼間の日がサンサンと降り注ぐ時間もいいですが、夜の帳が降りるころも素敵な時間を過ごせそうですね。

中庭を中心としたLDKのプラン

この家では主要生活空間を2階に配置しています。より明るく開放的な空間で過ごすにはこの配置は理にかなっていますね。ダークブラウンと白の配色がシックなLDK一体型のプランです。横並びのキッチンとダイニングは動線が楽で機能抜群です。家族との会話も弾みそうですね。

建築家によるトータルコーディネートで統一感のある空間を

落ち着いたグリーンのソファやテーブルなどがトータルにコーディネートされています。天井に設けやダウンライトや間接照明がムードのある空間を演出してくれます。ライトコートに面して開口を最大限に設け、空や緑の自然を取り込んだ広がりのある空間が出来上がりました。

閉鎖的なファサードでありながら優しく控えめな印象をもつ住宅。プライベートな外部空間としてのライトコートとルーフバルコニーが演出する豊かな生活空間が広がる内部は家族だけが楽しめる贅沢な家なのです。

ライトコートやルーフバルコニーから空や緑の自然を取り込んだ開放的な家いかがでしたか?感想を聞かせてくださいね。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!