人も環境も癒すパッシブハウス

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

スペイン・バルセロナ近郊の住宅。素朴な佇まいのこの家は、誰もが気軽に訪れて休日を過ごしたくなるフレンドリーで家庭的な雰囲気が漂っています。しかし見た目とは裏腹に、エネルギー効率に焦点を当て、加熱や冷却に従来のエネルギーを使用することなく、年間を通して快適な室内環境を保つことが可能である現代的なパッシブハウスなのです。手掛けたのはhousehabitat。さっそく見ていきましょう!

素朴な外観

HOUSE HABITATが手掛けた
HOUSE HABITAT

CASA ECOLÓGICA

HOUSE HABITAT

外観は白くペイントされた木材を全体に使用した素朴なビーチハウスのような印象。家庭的な温かみとリラックス感があり、友達を招きたくなる穏やかな休日の雰囲気を醸し出しています。大きく突き出た庇がスペインの強い太陽を遮ってテラスに快適な日陰を作り、冷まされた風を室内へ届けます。テラスも木材が使用されていますが、日光が反射して眩しくないよう白くペイントせず、ナチュラルな色味を維持しています。

白を基調に

室内は白を基調にした明るく清潔感のあるスペース。段階的に設置された窓、木材の天井、階段は蹴り込みを無くすことで光と視線を通すより軽やかなデザインとし、視線を垂直方向に導いて空間を伸びやかに広げています。ラスティックな藤の椅子を階段下に置いて、小さな寛ぎスペースに。

リビングルーム

リビングルームも同様に白を基調に、テキスタイルで色とパターンを追加した清潔感のあるシンプルなカントリースタイルです。その中で一際存在感を放つ黒い金属の暖炉は空間のフォーカルポイント。縦に伸びる煙突が垂直方向を強調しています。オープンスペースなので閉塞感や圧迫感はありませんが、小さな空間なので家具は置き過ぎないように。

​キッチン

キッチンはコンパクトかつ機能的なデザイン。家電が組み込まれた壁面収納は実用的かつすっきりとした見た目、小型のアイランドはシンクと収納、そしてキッチンとダイニングルームを分離するカウンターとして機能があります。焦げ茶色のダイニングテーブルは白いお皿がよく映えます!

ベッドルーム

住宅面積は170平米でリビングルーム、キッチン&ダイニング、ホームオフィス、2つのバスルーム、3つのベッドルームがあります。窓は夏場の強い太陽熱で室内の温度が上がり過ぎないようにやや小さめに設定されていますが、すべての部屋が白を基調にしているためとても明るいです。カントリースタイルの定番アイテム、パッチワークのベッドカバーを使用していますが、その他のアイテムがシンプルなので田舎臭くありません。

​バスルーム

バスルームの壁は例外で、濃いグレーの石材が使用されています。しかしこの壁が白い家具をより引き立てて、洗練された印象を作っています。円形の大きな鏡には、クラシックな球状の照明を合わせてアンティークでエレガントな雰囲気を演出。

地元産の建材のみを使用

建材は輸送エネルギーや環境負荷の削減、気候への適応などを考慮し、地元産の木材が使用されています。木材を使用することはまた、周囲の自然環境に馴染むことにもなり、自然の恵みを受け寄り添いながら暮らすという生活スタイルを叶えます。飾らないナチュラルな生き方ができそうです。

人にも環境にも優しい住宅、いかがでしたか?ぜひ感想を教えて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!