見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

日本建築、構造の美

An F An F
Loading admin actions …

近年では古民家の改修工事や和風建築など、その機能性や佇まいから再度日本の伝統的な建築を見直す動きが高まっています。深く出た軒や、奥行きがありながら風通しの良い設計は日本建築の特徴です。今回はその構造美がよくわかる10の日本建築をご紹介いたします。

町家の雰囲気を残す

築約100年の京都の町家を現代の生活に合わせて改修した住宅です。素材と様式にこだわった外観は、見るものに純粋な伝統美を伝えます。建具を用いて外側に繋がれた回廊、障子で仕切られ階層化された部屋など、美しい日本建築の姿を残しています。密集した住宅地でも、風を気持ちよく取り入れられる構造であり、階層的な部屋のあり方は安心感のある暮らしを実現してくれます。

古民家風の家

大きな屋根を持つ平屋の住宅です。伝統的な佇まいを持つ外観からは想像ができないほどモダンな内装であり、現代の生活を送りやすくなっています。むき出しになった特徴的な梁の構造などは、日本住宅特有の趣と味わいを伝えてくれます。吹き抜けになった天井は現代的なエッセンスですが、ところどころ昔の古い素材やデザインを残した住宅は、落ち着きのあるモダンな和の空間を提案しています。

通り庭

町家の伝統的な通り庭を住宅に備えることは、住む人に贅沢な空間の楽しみ方を与えてくれます。小さなスペースですが、住宅外側にぐるりと張り巡らされた回廊を通る人を楽しませてくれます。現代にはなかなか見られないこのような”遊び”の空間。日本建築ならではの乙な暮らしの楽しみ方は、後世に伝えていきたい伝統的な生活様式の一つです。

枯山水を望む

 K seminar house: suz-sasが手掛けた廊下 & 玄関です。
suz-sas

K seminar house

suz-sas

枯山水の中庭を囲むように設計されたこちらの住宅。背の高く、吹き抜けや透明な空間使いの多い現代的な設計と、伝統的な和の要素をうまく組み合わせ、オリジナルな和モダンの空間を作り出しています。SUZ-SASによって提案されているこの住宅は、住む人に和の心を感じさせながら、伝統を踏襲した確信的なアイディアを与えてくれるかもしれません。

日本庭園の優美

もしあなたが自宅に日本庭園を作る決意をしたら、もし生活に和の心を取り入れることを決めたら?彼らは生活のふとした瞬間に、こんな美しい伝統美の姿を見せてくれるでしょう。こちらは茶室の玄関口から見た、日本庭園の姿です。茶室は、ミニマルなスペースに様々な機能性や優美を楽しむスペースを備えています。すのこ造りの扉や木組みの美しい構造は、そこで過ごす人の心を癒してくれるでしょう。

木造の美しさ

こちらは、陶磁器を展示するとあるアトリエのエントランスです。木造建築は日本の伝統様式の要ですが、現代では継承できる大工さんはどんどん減ってしまっているそうです。趣と味わいのある伝統的な木組みの建築は、その希少さからも、ノスタルジーを感じさせる佇まいからも価値を高く評価されています。さっぱりとした木の構造は、上品で落ち着いた住宅を作り出してくれます。

伝統的な回廊

バリアフリー和風住宅/地の家: 森村厚建築設計事務所が手掛けた廊下 & 玄関です。
森村厚建築設計事務所

バリアフリー和風住宅/地の家

森村厚建築設計事務所

日本建築の特徴といえば、深く張り出した軒の下にぐるりと部屋を繋げるように備えられた回廊です。縁側の人気が再び高まっている昨今ですが、このように外部の自然を楽しめる贅沢な移動のスペースもまた失われつつある日本の伝統美として価値が高いようです。風通しがよく湿度の高い日本の風土に合った設計であり、優しい採光はそこで過ごすものを癒します。日本建築特有の、階層的な構造の美があります。

大きな入母屋造

見るものを懐かしく感傷的な気分にさせるのは、入母屋造りの大きな屋根が特徴的なこちらの住宅です。切妻の屋根が前後に勾配を持つだけなのに対し、入母屋造りでは屋根上部に小さな開口部があり、古来より最も格式が高い屋根の形とされてきました。こちらの住宅は住みやすい平屋であるとともに、親しみを感じさせるシンプルな外観であり、程よくモダン化された、現代の生活にあった日本建築となっています。

100年前の外観を残す

ファサード夜景: 松井建築研究所が手掛けた家です。
松井建築研究所

ファサード夜景

松井建築研究所

築約100年の古民家をリノベーションしたこちらの住宅。平屋で入母屋造りの屋根は、内部に広い吹き抜けを持ち、味のある梁がむき出しとなった構造になっており、100年前に建てられた当時の趣と姿を所々に残した渋みのある住宅となっています。内部は現代生活に合わせて新しい機能と設備を備え、しかし外観は出来るだけ当初の姿を再現しています。周りの風景に溶け込むような、伝統を感じさせる建築となっています。

縁側のある建築

ともに芸術家であるという夫婦が住むこちらの住宅。周りの自然と溶け込むような木の素材の内装は、住む人に外と中の境を曖昧に感じさせるような爽やかで開放感のある暮らしを提案しています。リビング・ダイニング外には庭に面した広い縁側があり、より自然を感じさせるような設計です。深く張り出した軒と縁側の豊かな空間は、住む人に贅沢でゆったりとした時間を与えてくれるでしょう。

構造の美を感じさせる日本建築について、あなたのコメントもお書きください。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!