早稲田の家 House in waseda: 平野崇建築設計事務所 TAKASHI HIRANO ARCHITECTSが手掛けたリビングです。

小さな敷地でも広がりのある空間を実現!変形地に建つ住まい

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

住宅密集地では散見される変形地。住宅を建てるのにはベストとはいえない敷地条件でも、さまざまな工夫を凝らすことで居心地の良い自分たちだけの住まいを実現させることができます。今回ご紹介する平野崇建築設計事務所 TAKASHI HIRANO ARCHITECTSが手掛けたこちらも旗竿型敷地に建つ住まい。室内には一体どんな空間が広がっているのでしょうか。

変形地と空間構成

変形地のひとつである旗竿型敷地とは、その名の通り、旗竿型の形状をした土地のことで、前面道路の間口に接する部分は狭いのが特徴です。こちらの住まいも四方をすべて隣地に囲まれた旗竿型の敷地に立地し、プライバシーと採光の同時確保が課題となりました。そこで建築家は、道路からつづく「竿」の部分には玄関、階段などの人の動きのある場所を、そして奥に広がる「旗」部分にリビングや寝室などの居室を配置。屋外のゆったりとしたアプローチと玄関ポーチは跳ね出した2階部分が庇となり、雨の日でも出入りが楽ですし、子供たちが遊ぶスペースとしてもぴったりですね。

​「竿」部分には動線を配置

「竿」部分には、階段や玄関などの動線がコンパクトに配されています。玄関を入ると周囲の風景を取り込む開口が随所に配置され、光がたっぷり差し込む階段があり、2階へと導かれます。

「旗」部分にあるリビングルーム

こちらは奥まった場所にあるリビングルームの様子。プライバシーの守られたゆったりとした空間で家族だけのプライベートな時間を過ごすことができるくつろぎの場所です。また、天井がかなり高く設定されているため、屋外に居るような開放感を感じることのできる空間でもあります。

天井まで届かない壁がコミュニケーションを促す

リビングからは壁越しに階段を垣間見ることができます。家族が出入りする様子をお互いに感じ取ることができますし、家族間でのコミュニケーションも容易になります。

​開放感あるリビングルーム

階段からリビングを見下ろした様子です。大きな窓からその天井の高さが伝わってきますね。開口がいくつもあり自然光をたっぷり取り入れることのできる明るい空間です。また白と木の素材でまとめられたシンプルでナチュラルな雰囲気は家族のだんらん空間であるリビングルームにぴったりですね。

​青空の下に広がるような子供部屋

子供部屋の傾斜する壁は淡い水色で塗られ、青空の下にいるようなさわやかで明るい空間が広がっています。こちらの住まいにはさまざまな雰囲気の違う空間が用意されており、コンパクトな家の中でも多様な場所を体験することができます。

​一つの家の中に様々な雰囲気の場所を用意

こちらの部屋は打って変わってどこか素朴で無骨、屋根裏の秘密基地のような雰囲気です。梁はあらわしとし、床は墨色で染色されています。住宅が密集する場所に建っていることを忘れさせるような多様性のある楽しい住まいです。

小さな敷地でも広がりのある空間を実現!変形地に建つ住まいについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!