すべり台の家: 一級建築士事務所あとりえが手掛けたダイニングです。

特別な暮らしを可能にする家6選!

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+
Loading admin actions …

家は日々の暮らしを行う場所。そこでは食事をしたり、お風呂に入ったり、眠ったりする空間となります。ですが、家がただ日々の生活を行う場所となってしまうとしたら、それは少しもったいないかもしれません。他のどこよりも多くの時間を過ごすことになる家だからこそ、ただ暮らしを送るのではなく、生活に刺激や落ち着きをもたらすことができるはず。普通の暮らしを特別な暮らしに変えてみましょう!

くつろぎの中庭

家は屋根に守られて、その下には心地良く過ごせる空間が生まれます。ですが、それが屋根や壁を使って家の中と外とを切り分けることになります。そのため外の自然と距離が生まれ、簡単に緑を感じることはできません。そこで紹介したいのは南川祐輝建築事務所が手がけた日常的に自然を感じられる家。こちらの家の中心にあるのは中庭。それは建物の囲まれた場所となるため、外から見られることはありません。中庭に面する窓を全開にすることもできます。そしてカーテンを閉める必要もないでしょう。そんな中庭があれば、日々の生活に自然を取り込むことができ、ナチュラルな暮らしが送ることができます。

リラックスできるバスルーム

真鶴夏の家: TAMAI ATELIERが手掛けた浴室です。
TAMAI ATELIER

真鶴夏の家

TAMAI ATELIER

家の中で最もリラックスする場所は、多くの人にとってはバスルームでしょう。そこでは一日の疲れを水で洗い流し、気分をすっきりさせてくれます。そんなバスルームが思いっきりくつろげるとしたら、仕事や学校のストレスを忘れることができます。TAMAI ATELIERが手がけたのは露天風呂のような解放感溢れるお風呂。それは建物の2階にあるベランダに隣り合っており、窓を開ければ、ベランダ越しの外に広がる大海原を眺めることができます。こんなバスルームがあれば疲れを忘れられるに違いありません。

家の中でもスポーツできるリビング

「クライミングウォールの家」: 有限会社松橋常世建築設計室が手掛けた家です。
有限会社松橋常世建築設計室

「クライミングウォールの家」

有限会社松橋常世建築設計室

家は多くの時間を過ごす場所ですが、常に家の中にいることになれば、ストレスが溜ってしまうでしょう。北海道のような冬に雪に覆われてしまう場所では、家の中に居続けることになってしまいます。ですが家の中でスポーツができるのなら、気軽に体を動かすことができ、ストレスを溜めることはないでしょう。そこで紹介したいのは、松橋常世建築設計室が手がけた家です。こちらの家のリビングルームの壁には手や足をかけるためのホールドが取り付けられています。そのため気軽に壁を上ることができ、スポーツを楽しむことができるのです。

家の中でも遊べるリビング

スポーツでなくても、外ですることが家の中でできるとしたら、楽しい時間を過ごせるでしょう。そんな遊べる家を生み出したのは、一級建築士事務所あとりえです。こちらの家のリビングは吹き抜けとなっており、天井が高くなっています。そんな吹き抜けの中心にあるのは2階から伸びる滑り台。それを使えば、移動できるだけでなく、遊ぶことができます。そのため子供だけでなく、大人も童心に帰って、思いっきり遊ぶことができるでしょう。こんな素敵な家なら、きっと楽しい時間を過ごせるに違いありません。

プレイべートな図書館となる吹き抜け

House in  Nanakuma: MOVEDESIGNが手掛けた廊下 & 玄関です。
MOVEDESIGN

House in Nanakuma

MOVEDESIGN

体を動かすばかりだけでなく頭を使うことも、特別な時間を演出することになるでしょう。特に本が好きな人にとっては読書は大切な時間になります。そんな大切な読書の時間を演出してくれるのは、MOVEDESIGNが手がけた家。こちらでは吹き抜けで繋がる二つのフロアーの壁に本棚を取り付けました。そのため吹き抜けに立てば、本に覆われるような印象を感じるかもしれません。このような本が身近に感じられる場所なら、いつでも本を読むことができ、日常生活のストレスを忘れて、本の世界を楽しむことができるでしょう。

家の中の秘密基地

ブリッジを渡ると、おとな部屋: モノスタ’70が手掛けた和室です。
モノスタ’70

ブリッジを渡ると、おとな部屋

モノスタ’70

家はプライベートな空間です。ですが、そんなプライベートな場所であっても、家族が集まる場所があり、それは家族にとってはパブリックな場所と言えるでしょう。そこで必要なのは自分一人だけで過ごせる特別な場所です。建築事務所モノスタ’70が手がけたのは、秘密基地のような趣味に集中できる部屋を設けた家。こちらの家では家の中心に吹き抜けがあり、そこに橋のような通路が架けられて、特別な部屋へと移動することができます。その先にあるのは、こぢんまりとした部屋。ここでは吹き抜けにある通路がプライベートとパブリックを切り分けて、趣味に集中できるに違いありません。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!