見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

ライフスタイルに合わせる寝室インテリア

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

自分らしいユニークな寝室は、私たちが考えている以上に簡単に実現できます。それぞれのライフスタイルや必要な機能に合わせてベッドへの投資をしたり、家具やファブリックなど表現したいスタイルに合わせて選びます。個人のライフスタイルを積極的に反映した寝室インテリアについて紹介します。

寝室の空間分割

퍼스트애비뉴が手掛けた寝室
퍼스트애비뉴

도시적인 감성의 모던 그레이 인테리어

퍼스트애비뉴

寝室を二つ以上の目的で使用する場合は、写真のようにスペースを分けてみましょう。こちらは右手を寝室、仕切り壁を挟んで左手がドレスルームとなっています。空間を分割することで余計な物が目に入らず、よりリラックスして安眠することができますよ。透明感のある材質の壁なので光を遮ったり圧迫感がありません。コンパクトなデスクを置けば書斎としても使えそうです。

こだわりのへッドボード

部屋全体を大きく改造するのは時間もコストもかかりますが、へッドボードを変更するだけでも雰囲気を大きく変えることができます。こちらのように高さがあり、ヴィンテージソファのような高級感のあるデザインを選ぶと、部屋が一気に個性的なスタイルに。寝室のすべての要素を変えることが難しい場合は一つや二つにポイントを定め、それに合わせて全体的な雰囲気を演出するのが良いでしょう。インダストリアルな照明と植物を合わせて、おしゃれでスタイルを感じさせる寝室が完成。

手掛けたのはサンフランシスコのAntonio Martins Interior Designです。

布団を敷いて寝る

퍼스트애비뉴が手掛けた寝室
퍼스트애비뉴

따뜻한 햇살이 있는 다둥이네 인테리어

퍼스트애비뉴

こちらはスキップフロアの空間の一室に直接布団を敷く寝室です。昨今は日本でもベッドが主流となりつつありますが、夜間以外は布団を仕舞う昔ながらのスタイルは、空間を最もフレキシブルに使うことができる高い実用性があります。

スキップフロアによって二段分レベルが上がっているので、今までベッドを使用してきた方も”床に寝ている”という違和感は無さそうです。

個室になるベッド

こちらはベッドにスライドドアが併設されたユニークなデザイン。ワンルームでも独立した寝室のように使うことが可能です!静かな閉じられた環境で深い睡眠を望む方にぴったり。透け感のあるスライドドアなので圧迫感もありません。

新素材に挑戦してみる

ファブリックの変更は最も手軽にできる模様替えですよね。こちらは何とスタイリングにレザーを採用。寝室には一般的な素材ではないので、とても目を引く個性的でマスキュリンな寝室となっています。もちろんレザーだけでなく、気に入った柄で統一したり、新しい素材やパターンに挑戦してみて下さい!

壁紙で雰囲気を大きく変える

空間の大きな面積を占める壁紙をユニークで美しいものに変えれば、目的のスタイルを手早く演出できます。最近は、明るい壁紙一辺倒だったトレンドから外れ、暗めの色を選ぶ人が増えてきており、特に寝室で使用すれば居心地の良い、落ち着きある雰囲気となります。さらに壁紙に合わせて家具のスタイルを統一すると、より効果的に寝室の印象をコントロールすることができます!

自分らしいスタイルとは

一番重要なことは自分が便利で快適と感じられる寝室インテリアであること。個人的な空間なので、自分の好みが感じられる空間が一番良い寝室と言えます。寝室を計画する前にどのようなスタイルで飾りたいか決めましょう。モダンでシンプルなインテリアでもファブリックや小さな家具、小物などを介して自分の個性を表現できます。大きなリノベーションは不可能でも、工夫次第でユニークで自分らしい寝室インテリアは可能ですよ!

個人のスタイルに合わせた寝室インテリアの作り方、いかがでしたか?コメントお待ちしております!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!