二間続きの和室がモダンにシンプルになったリビングダイニングキッチン: 遠藤浩建築設計事務所 H,ENDOH  ARCHTECT  &  ASSOCIATESが手掛けたリビングです。

新しい和モダンの住宅をつくるアイディア

林 直樹 林 直樹
Loading admin actions …

様々な住宅スタイルがある中で、確固として人気が高い和モダンスタイル。そんな和モダン住宅も現代ではさらに解釈の幅が広がり、様々なデザインバリエーションが出てきています。モダンを起点に和の雰囲気を取り入れることも可能ですし、より日本家屋的な雰囲気を演出することも可能です。この記事では新しい和モダンの住宅のアイディアとして、様々なデザインバリエーションとその和モダンを感じさせるポイントについてご紹介します。

シンプルな和モダン建築

和モダンスタイルの住宅と聞いて、どのようなイメージを思い浮かべるでしょうか?「和」というイメージですと、落ち着いた雰囲気の旅館、粋な茶の間、古民家などの雰囲気を思い浮かべるのではないでしょうか。しかしそれらのコンセプトの統一してあるものは、無駄なものを排除してシンプルに仕上げる精神です。それは現代のシンプルモダンに通じる部分があるといえるのではないでしょうか。現代の住宅はより和モダンにマッチしやすいといえるでしょう。ミニマルかつ和の雰囲気を感じさせる和モダンの世界は日々進化しています。取り入れ方もアイディア次第といえるでしょう。写真はKICHI ARCHITECTURAL DESIGNのTrapezium House。

和洋折衷のリビングルーム

家族をつなげるスキップフロア: TERAJIMA ARCHITECTSが手掛けたリビングです。
TERAJIMA ARCHITECTS

家族をつなげるスキップフロア

TERAJIMA ARCHITECTS

和モダンに欠かせないのは上手な和洋折衷。現代的な暮らしと和風建築が持つスタイルを上手に組み合わせる必要があります。和モダンのインテリアでは、明るくイメージではナチュラルカラーを、落ち着いたイメージではダークブラウンなどの暗めの色がオススメです。ただどちらにも強いデザインはあまりマッチしないでしょう。どちらかといえば線の細い、繊細なデザインの方が和モダンらしい雰囲気が出せそうです。インテリアアイテムや家具もあまりゴツゴツしたものではなくシンプルで飽きのこないデザインのものがマッチします。和なリビングルームのアイディアはこちらから。

和風スタイルをモダンに見せる方法

二間続きの和室がモダンにシンプルになったリビングダイニングキッチン: 遠藤浩建築設計事務所 H,ENDOH  ARCHTECT  &  ASSOCIATESが手掛けたリビングです。
遠藤浩建築設計事務所 H,ENDOH  ARCHTECT  &  ASSOCIATES

二間続きの和室がモダンにシンプルになったリビングダイニングキッチン

遠藤浩建築設計事務所 H,ENDOH ARCHTECT & ASSOCIATES

より和風テイストが強い空間をモダンに見せることも、和モダンスタイルの特徴です。その場合は和スタイルをベースにモダンデザインのエッセンスを取り込みましょう。例えば写真のように細い線で構成される空間をベースに、格子や桟などのデザインを取り込みましょう。あまりディティールが強いものは、古めかしくなるので、最小限に。軽やかでシャープな印象を出すなら明るめの色で、積極的に自然素材を取り込むことをオススメします。モダンな生活タイルでは椅子が重要なアイテムですが、その場合はシンプルなデザインのものを選ぶようにしてください。

町屋風和モダン建築

町屋風の和モダン住宅も今ではかなり人気があるスタイルです。開口部を開けると街と一続きになる空間構成は、古きより日本のコミュニティを彷彿とさせます。インテリアや外観の仕上げはフラットなものの方が良いでしょう。ラフな印象、素材感を強く出すデザインだと、素朴な古民家風スタイルになります。落ち着いた雰囲気に仕上げたいなら、マットな素材感のものを、より華やかにしたいなら艶や光沢のある素材を選ぶ方が雰囲気がぐっと良くなるでしょう。

外観の色から演出する和モダンスタイル

外観の色も、和モダンスタイルには欠かせない要素です。やはり黒やダークブラウンは古民家の流れを組んだ色味ですので、和の印象を強く演出してくれるでしょう。ただ外観を全て黒くしてしまっては重たい印象担ってしまいますので、適度に明るい色を組み合わせた配色計画を立てることで、和とモダンのミックススタイルに近づけることができます。さらに素材感はやはりマットの方がオススメです。あまりシャイニーな素材感ですと、シンプルな和モダンスタイルから遠ざかってしまいます。どちらかといえば落ち着いた仕上がりの方がより和スタイルを印象付けられるでしょう。古民家風の外観についてのアイディアはこちらを参考にしてみてください。

モダンスタイルを出発点とした現代風和モダン

和モダンの外観: TERAJIMA ARCHITECTSが手掛けた家です。
TERAJIMA ARCHITECTS

和モダンの外観

TERAJIMA ARCHITECTS

モダンスタイルの住宅に和スタイルを取り込む手法も現代風な和モダンといえるのではないでしょうか。一般的なモダンスタイルの外観を持ちながらも、和の素材を取り込んだり、直線を強調したデザインが和の印象を感じさせてくれるはず。木目を上手に活用することで、ゴツゴツした印象にならず、比較的軽やかな印象を演出できるでしょう。こういったミックススタイルは配分によって印象ががらりと変わります。素材を選ぶ際は、十分に検討しましょう。丁度いいポイントが見つかるはずです。

和の空間については、こちらの記事もで紹介しています。

土間コンクリートでおしゃれな床に!そのメリット・デメリット

土間のライフスタイルに合わせた6つの使い方

ふすまのデザインまとめ集

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼ 

募集ページはこちら

いかがでしたでしょうか。皆さんの感想お聞かせください。コメントお待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!