若草の家: KOBAYASHI ARCHITECTS STUDIOが手掛けたリビングです。

心地良い距離感が世帯間円満の秘訣!中庭がつなぐ二世帯住宅

Michi Koba Michi Koba

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

世帯間の距離感をどうとるかというのは二世帯住宅を建てる際の一つのポイントとなってきます。お互いに気を遣いすぎることなく、でも自然な交流が行える、そんな心地良い距離感を目指してこちらの住まいは計画されました。KOBAYASHI ARCHITECTS STUDIOが手掛けたこちらの住まいは、中庭を使った空間構成により、プライベートは尊重しつつ、離れすぎない「程よい距離感」が保たれた二世帯住宅となっています。では早速見て行くことにしましょう。

​中庭がつなぐモダンなボリューム

敷地は山梨県南アルプス市内の閑静な住宅地の一角に位置します。敷地中央に中庭があり、それを挟むように東側に子世帯、西側に親世帯が配されました。そして中庭を取り囲むようにそれぞれのLDKが配置されています。また手前には3台分の駐車場も確保されています。一見小さな二つの家が隣接しているようにも見える、ヴォリュームを重ねたようなモダンな外観が特徴的な佇まいです。

家族全員の屋外リビングルーム

こちらが世帯間にある中庭の様子です。この中庭によって、外部からのプライバシーを保ちつつ、十分な採光、通風を確保できるとともに、両世帯の集う場所として、家族全員のリビングルームのような役割を果たす空間でもあります。

​広々とした玄関

子世帯の玄関部分です。ガラス越しに中庭があり、とても明るく、広がりを感じることができる空間です。床を黒とすることで空間にメリハリが生まれ、よりシャープな印象になりますね。

スタイリッシュなリビングルーム

子世帯のリビングルームは白と黒でまとめられたモダンでスタイリッシュな空間となっています。中庭に面して大きな開口があり、また吹き抜けとなっているので明るく開放的な雰囲気です。階段はスケルトンタイプが採用され、シャープで軽快な印象を与えるとともに、光や視線を通して空間に圧迫感を与えません。

​暖色でまとめられた和室

親世帯には、子世帯とは雰囲気をガラッと変えた暖色を基調とした温かみのある空間が広がります。こちらの和室も縁なし畳を使用したシンプルでモダンなデザインながら、ぬくもり溢れる落ち着いた空間となっています。

​シンプルで清潔感溢れる洗面室

2つの洗面台と大きな鏡がある、ゆったりとした使い心地の洗面室。こちらも白と黒でまとめられ、清潔感の感じられるモダンなデザインです。間接照明や、一部に使用されたタイル張りの壁が空間にアクセントを添えています。

【二世帯住宅については、こちらの記事でも紹介しています】

二世帯住宅も住まいのかたちは様々。完全同居・部分共用・完全分離型のメリット・デメリットまとめ      

完全分離型の二世帯住宅を成功させるためのポイントまとめ      

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

募集ページはこちら

心地良い距離感が世帯間円満の秘訣!中庭がつなぐ二世帯住宅について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!