8.8坪の家 – スキップフロアの狭小住宅 –: atelier mが手掛けた家です。

1600万円で実現!モダンなローコスト狭小住宅

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

建物の密集する住宅地にある敷地での住まい作りには、常に様々な規制や制限がつきものです。そんな敷地に、ローコストで理想の家を持つことは可能なのでしょうか?今回ご紹介するのは、数々の厳しい条件を乗り越えて実現したお洒落でモダンな狭小住宅です。価格を抑え、小さいけれどシンプルで快適なこの住まいを手掛けたのは、大阪を拠点に活動するATELIER Mです。一体どんな様子となっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

12.5坪の敷地に建つ狭小住宅

8.8坪の家 – スキップフロアの狭小住宅 –: atelier mが手掛けた家です。
atelier m

8.8坪の家 – スキップフロアの狭小住宅 –

atelier m

住まいのロケーションは大阪市内の密集した住宅地。敷地は、12.5坪(41.3㎡)という広さ。北と東の2方向が道路となっており、その上厳しい高さ制限もあるというかなり難しい条件となっています。住まいは1階が駐車場、トイレ、玄関そして洋室、2階はダイニングキッチンとリビング、3階は寝室と水廻りという構成で、住まいの広さはわずか8.8坪(29㎡)の狭小住宅。黒い外壁がシックでモダンなデザインのこの小さな家に、ご夫婦とネコが暮らしています。

価格を抑える秘密は無駄のない空間使い

8.8坪の家 – スキップフロアの狭小住宅 –: atelier mが手掛けた家です。
atelier m

8.8坪の家 – スキップフロアの狭小住宅 –

atelier m

こちらは駐車場を中心に見た住まいの外観です。高さ制限がある上に、住まいは3階建てとなっているので、駐車場の高さは1.95mと抑えた作りに。それを利用して、室内は3層のスキップフロアで構成されています。もともとは長屋だったというこの住まい。敷地のぎりぎりの境界に迫る様に隣家が建ち、さらに予算は1600万円という厳しい条件。その中で快適な住まいを実現するには相当な工夫が必要だったことを思わせます。そんな困難を乗り越えて、ローコストで小さいけれどモダンでお洒落な住宅が完成しました。

モダンでお洒落なエントランスホール

8.8坪の家 – スキップフロアの狭小住宅 –: atelier mが手掛けた廊下 & 玄関です。
atelier m

8.8坪の家 – スキップフロアの狭小住宅 –

atelier m

こちらは1階の玄関スペースです。住まいはこの1階がRC造、その他が木造の3階建てとなっています。清潔感を感じる白いタイルの床、コンクリート打ちっぱなしの壁、デザイン性の高い階段からなるこのエントランスホールは、モダンでお洒落な印象。階段部分は吹き抜けとなっており、そのせいか小さいながらも圧迫感は気になりません。このホワイトカラーの軽やかな階段は2階のキッチンへ続いています。

シンプルで明るいキッチン

8.8坪の家 – スキップフロアの狭小住宅 –: atelier mが手掛けたキッチンです。
atelier m

8.8坪の家 – スキップフロアの狭小住宅 –

atelier m

こちらは2階のキッチンの様子。アイランド型のシンプルなデザインのキッチンは、白を基調とした室内空間にスッキリと収まっている印象。高窓が設けられているため、採光は十分キッチンにも届きます。奥はリビングとなっており、スキップフロアで半階上がった位置にあります。階段部分が吹き抜けとなっているので、住まい全体に空気の流れを行き渡らせる他、家族が帰って来た時や3階に居る時も、気配を感じることが出来るので安心ですね。

外観とのコントラストが素敵な室内空間

8.8坪の家 – スキップフロアの狭小住宅 –: atelier mが手掛けた廊下 & 玄関です。
atelier m

8.8坪の家 – スキップフロアの狭小住宅 –

atelier m

キッチンから半階上がったところにあるのがこのリビング。十分な高さの天井と余計なものがスペースに一切ないため、狭小住宅とはいうもののそれほど窮屈な印象を与えません。シックな黒で統一された外観のクールな印象とは対照的に、白でまとめられた室内空間は爽やかで明るく、このリビングならいつまでも快適に過ごすことが出来そうです。

スタイリッシュなバスルーム

8.8坪の家 – スキップフロアの狭小住宅 –: atelier mが手掛けた浴室です。
atelier m

8.8坪の家 – スキップフロアの狭小住宅 –

atelier m

こちらは3階の水廻りスペースの様子です。白を基調としていたキッチンやリビングとは対照的に、モノトーンでまとめられたモダンな空間となっています。抽象的な花模様の床のタイルがさりげなくお洒落さを演出しています。奥に見えるバスルームも、スタイリッシュな印象。大きめの窓を設けているので、明るさも十分に感じることが出来て快適なバスタイムを過ごせそうですね。

【ローコスト住宅については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 1500万円でも家は建てられる!ローコストの家5軒!

※ 2000万以下で建てられた家5軒!

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

募集ページはこちら

価格を抑えても実現可能な、お洒落でモダンな狭小住宅について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!